斬新なRPG 魔法回その1 変性魔法と幻惑魔法の違いを考えた。最後のアイデア!

ぼんごれ

6zokusei_no_mahou
魔法の名前は解りやすくカタカナで書いてみます。日本語に直す方がイメージしにくいかも。
これで全部じゃないです。思いつかなかったので、思いついたら別の記事にします。
○は●に色を付けて説明します。

まずは攻撃魔法からいこう。
ちょっとその前に、どの攻撃魔法も熟練度が低いと射程が短い。熟練度が高くなれば射程が長くなる。
これはライターみたいなことで、安全性の問題なんだ。初心者はパワーを抑える技術が無いから、
ライターみたいなパワーが小さい魔法しか扱えない。
パワーが小さいてことは、遠くに飛ばせないし、目に見える範囲でしか魔法が使えないんだ。
ゲーム的な魔法の熟練度てのは、魔法の種類をたくさん覚えてること、魔力の上限が高いこと。
プレイヤー的な魔法の熟練度てのは、魔法を当てる技術。敵の強さに合った最適な魔法を選択すること。
魔法使いなのに敵に接近しすぎて死ぬことや、ごり押しとかはプレイスタイルによって違うね。
このゲーム的な熟練度とプレイヤー的な熟練度は、スキルやパークを取得することで上達する。
ただ、魔法を当てることだけは弓にも通用するし、プレイの上手下手にも関わってくるから複雑だけど、
敵を倒さないと熟練度は上がらない。空に撃っても上達しないな。
魔法で敵を倒し、息の根を止めること。これが熟練度上達の基礎の基礎にしよう。
攻撃魔法に関しては、敵の命と引き換えに魔法が上達する。当たり前かなw。
当たり前で誰もが知ってることでも書いておくことが大事だと思う。

ちょっと魔法の名前を考えるよりも、種類とか欲しい魔法の事を書いて行こう。じゃないと書けないわ。
変性魔法、破壊魔法、召喚魔法、幻惑魔法、回復魔法、それと救い歌。とりあえずこれも入れとく。
破壊、回復、召喚は有名な魔法だしイメージできるので、幻惑と変性を考えてみっか。

照明魔法は欲しい。照明魔法は暗がりを明るくするから変性魔法か。性質を変える魔法。
てことは防御・硬化魔法で皮膚を硬くするのも変性か。プロテスとシェルは変性魔法だな。

足音を聞いて気配を察知するのは変性か?
幻惑じゃないけど変性の補助魔法か。足音を聞くんだと範囲が狭いし限定されるな。
足音を消すのは敵に自分の足音を聞こえなくすることか?敵の耳を惑わす的な?
足音を立てない出歩くってこと?変性、、、音は出るけど音が伝わる前に消す?
敵の耳を惑わすよりも、自分の足音をどうにかした方が楽なはず。
足に消音魔法をかけるってことなのか。そもそも足音を出さない。消音魔法が解けたら音が出る。
これで行こう。てことは消音魔法は変性魔法だな。

じゃ、敵の位置を知るのは?
山の中で鹿の気配を感じる。どうやって感じる?!ニオイ雲では遠すぎて良くわからない。
姿形じゃなくて熱。生きている魂の熱を感じる。血が通ってる心臓の鼓動の熱を感じる。
サーモグラフィーを通して熱を感じる。そこに敵がいることだけは解る。
てことは、変性で目の見え方を変えるのか、それとも自分に幻惑魔法をかけて蛇みたいに
熱を感じ取るかのどっちかだな。どっちも自分に魔法をかけるのか。それしかないな。
う~ん、、、幻惑か変性か。自分を惑わすわけじゃないな。変性だな。気配察知は変性魔法
自分を惑わしたら敵の正確な位置が解らなくなるからな。元も子も無いなw。

毒は?敵を毒化させる、麻痺させる、精神異常や病気にさせる魔法も欲しい。
これはエデンから取ろうw。
状態異常は欲しい。麻痺は絶対欲しい。麻痺を克服していくことに面白さを感じる。
状態異常の中で一番キツイ異常が麻痺なんだ。身動きが取れなくなる。
敵を麻痺させて、主人公だけ麻痺にならないのは差別だw。誰も等しく麻痺になる。
これを克服するのがいいんだよ。ドラマにつながる。麻痺は絶対欲しい。

幻惑ってのは石を金に見えるように魔法をかけること。変性ってのは石を金にすること。
性質を変える。錬金に近いかもね。
バイキルトは武器の切れ味を魔法で上げることだとすると、、、違うな。剣の形を変えずに、
鉄をより硬いチタンとかに変えること。変性魔法しかないな。

変わり種魔法は、水泳スキルが未熟なまま深い水に入った場合、風魔法のエアを使えば
微量だけど息が出来る。体は流されるけど、エアを使い続ければ呼吸出来て助かるかも。
魔力が続けばの話w。これは面白そうだなw。
水を空気に換えて息が出来るようにする変性魔法じゃ面白くないな。上の案の方が良いと思う。
空中浮遊も欲しいな。エアの魔法で風を下に向けて上昇。弱めれば下降できる。
風を出す方向を変えれば前進と後退、旋回もできる。これも面白くなりそうだw。

今回はここまでにしようか。魔法関係はまだまだ続きます。考えることが沢山あるな。
お疲れ様でした。
思い出した!えーっと、攻撃魔法や召喚魔法を出す時に、手を口に近づけて救い歌を歌う。
ゴニョゴニョ言った後に魔法を飛ばす。すると、その魔法には敵の戦意喪失や憑き物の除霊
などの救い歌の効果が発動した魔法を撃てる。これなら余計な殺生をすることはないんだ。
このアイデアどうよwwwどやーww
注文しようぜ! 俺たちの世界
注文しようぜ! 俺たちの世界
このゲームは体験版が面白かった。何回もやっちゃった。街から一歩も出ないRPGって斬新だよ。
主人公の名前は「イカロス・マルコニーニ」。略して『イカ丸』。これだけでゲームの雰囲気が解るんだ。
主人公の会話がとにかく軽い。ゲームも軽妙つか軽快。でもこれにハマる。爽快感があるんだ。
ギャグ要素もあり、ゲームは薄っぺらいようでしっかりしてる。なかなか無い名作だと思うよ。
FFやDQみたいな、腰を据えてじっくり構えてプレイするタイプのゲームではないんだ。
ゲームが軽妙だから何周でもやりたくなる。癖になるんだよな。
気軽にRPGがプレイしたいなら超お勧めです。ゲームのつなぎで買ったつもりがドはまりする。
そんなゲームです。シレンやトルネコとは違った爽快感が味わえる斬新なゲームだよ。面白い。
関連記事
Posted byぼんごれ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply