霊は魂がビジュアル化したもの。霊魂の霊力、妖怪の妖力、人間の魔力の住み分け

ぼんごれ

ラスボスをドラゴンにする場合、見た目や司る属性、使ってくる魔法はどうなるの続き

なんだかよくわからない未確定の事をはっきりさせとこう。
魂と霊の違いや、魔法は魔力なのか妖力なのか。
まったくわからない。

魂が具現化したり、ビジュアル化したのが霊だと思う。それが幽霊のはず。
そう。魂だけでは人間に何かを伝えることができない。
だからビジュアル化して、人間でも見えるように幽霊になって、
言いたいことや何かを伝えようとする。

生きてる時の魂の入れ物は体。
死んだ時の魂の入れ物はない。別名は霊魂。

魂がビジュアル化した時に何をするかによって、呼び方が変わるんだ。

1、何か(誰か)を見守ったり保護したい為に憑りつくと、守護霊や背後霊になる。
・座敷童、船霊などが守護霊
2、生に執着がありすぎて、なじみの場所に居続けたいから地縛霊や浮遊霊になる。
・死んだ事実を受け入れられず、近くを通る人間に憎しみを持ち、
道連れにしようとする。悪霊。

どちらも目的がはっきりしてる。○○したいから○○霊になる。
その目的が人間にとって有益なら守護霊や背後霊になる。
何かの害をもたらすなら地縛霊や浮遊霊になる。

これは人間以外の動物も霊になるらしい。
動物も何かを伝えたいから動物霊になる。

じゃ、RPGゲーム的に霊の能力はどうなのか、考えてみよう。

霊力は霊や霊魂が持つ精神的な能力。
体を持ってないから弱い。その為、生命に憑りついたりして体を得る。

できることと言えば、呪う、祟る、憑りつく、宿主をコントロールする。など。
霊単体では誰にも見ることはできない。不可視の存在。
何か行動に移ろうとするときに見えるようになる。神出鬼没。
しかし、強力な宿主に憑りつければ、強い存在になれる。

こんな感じかな。
次に似たような能力の、妖力を考えよう。

妖力は妖怪が使う不思議な能力。
霊力や魔力とはまた別で、一部の長生きした動物や妖怪が使う不思議な力。
体という実体があるから、パワーや威力は霊力よりも強い。

動物の場合は人間ではないから効果時間が短い。
妖怪の場合は効果時間も効き目も様々。

魔力は正の仏の力とは逆の、負の力の能力。
人間は正も負も両方持ち合わせているから、魔法が使える。
人間や魔物が使う不思議な力のこと。

人も魔も実体があるし、魔法の威力は桁違いに大きい。
さらに、魔法の種類も多い。
魔力を持つ者は生命力が高いから、わざわざ憑りつくことはしない。

こんな感じかな。

個人的に魅力的だなと思うのは、霊力です。
スカイリムならどうなるのか、考えてみよう。

宿主が樹木ならスプリガン。
宿主が溶岩なら炎の精霊。氷なら氷の精霊。雲なら雷の精霊。など。
そして、宿主自らの体に多数の霊魂を呼び込んだ場合は、ウィスプマザー。
他にも巨岩に憑りつけばゴーレムや大きな河や沼なら水の精霊。

霊魂は基本的に元素・属性との相性がいい。
属性と言うのは、火、風、水、土(プラス天)の4(5)属性だけ。
元素に霊魂が憑りついてエレメンタル(精霊になる)
氷は無しとして、問題は風だ。何の理由で風の精霊とするか。

草木や巨木をイメージすれば緑色した妖精。
空気や風圧、旋風をイメージすれば白っぽい妖精。
スカイリムのスプリガンは前者。世間一般的にも前者。エデンシェイドでも前者。

なぜ風が緑色なのか。納得いく答えが無い。

戦闘機が音速を超えるとき、機体後方に、突如として真っ白の空気の壁が現れる。
これをソニックブームと言い、機体が空気を切り裂く瞬間、音速を突破するときに
現れる現象。やっぱり白いんだ。雲も白いし。

イメージしにくいから緑なのか?まーいいや、緑にするか。

妖力はバリエーションが少なそう。妖怪専用パワーでいいかもしれない。
魔力は皆おなじみの破壊や回復などの能力です。

霊力や魔力はこれで良いとして、妖力ってなんだ。そもそも妖怪が解らない。
妖怪って言葉自体があいまいで、仮にハグレイブンを妖怪とすると、
攻撃してくる時に妖術を使うのか。

妖怪なのに魔術を使ったらおかしいはず。
じゃ、妖術ってなあに?妖怪が使う能力。それしかわからない。
斬新なRPG 亜人・獣人を考えた。大変だったけど面白くなってきたwに続く

お疲れ様でした。

月風魔伝や源平討魔伝、妖怪道中記などは良いゲームですね。
俺はもっぱらアーケード専門でしたけど、
月風魔伝はおもしろかったし、かっこよかったです

こういう昔の日本が舞台のゲームはおもしろいですよね。
今大人気の妖怪ウォッチの元祖と言うか、俺が子どもの頃は
こういうゲームで遊んでましたから、妖怪ゲームの元祖で間違いないはずです。

でも今の妖怪ゲームって、恐ろしさや怖さが全然ない。
手に汗握る充実感やクリアの達成感が、あれであるんでしょうか。
マリオで喜べるってのは幸せなのかもしれませんけどね。


関連記事
Posted byぼんごれ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply