ラスボスをドラゴンにする場合、見た目や司る属性、使ってくる魔法はどうなる

ぼんごれ

隠密術の鍵開けと開錠スキルを、和風冒険RPGの独自の方法で表現するにはの続き

ラスボスをどうしよう。
一番怖いのは人間だけど、ドラゴンや龍だったらどんな感じになるか、それを考えよう。

RPGのラスボスにはドラゴンや龍、または悪の帝王が必要。
人か架空の生物かはおいといて、メインクエストの最後に登場する、
強大な力を持ち、すべてを圧倒する存在感のあるラスボスがいなくては、
ゲームとして成り立たない。

日本のRPGだからヤマタノオオロチも考えられる。でもオロチは空を飛べるのか?
ゲームの影響か、空を飛びまわる竜は、力や生命力、知恵、魔力、宇宙など、
人間では考えられない能力を持ち、超常現象を引き起こす力の持ち主のはずだ。

それがラスボスだということを裏付ける証拠で、なぜか知らないが人間を苦しめる。
その苦しみを救うために、ゲームの主人公は旅をしてラスボスを探し出し、
最後の決着をつけるためにドラゴンと決死の戦いをする。

その戦いに人間が勝つから物語として面白いし、ゲームが完成する。
これがドラゴンと主人公の話の結末だ。

この場でドラゴンを決めるには難しすぎる。
そう簡単にアイデアは出ない。

では、ドラゴンの能力や属性から考えてみよう。

星座には火、水、風、土の4つの属性がある。
火属性の星座はおひつじ座、しし座、いて座の3つ。
土属性の星座はおうし座、おとめ座、やぎ座の3つ。
水属性の星座はかに座、さそり座、うお座の3つ
風属性の星座はふたご座、てんびん座、みずがめ座の3つ。

これに竜を割り当てると、イメージとして、
火竜はリオレウス型。
水竜はドラゴンボールの神龍型。
風竜はアマツマガツチ型。
土竜はグラビモス型。
こんな感じでどうかな。全然はっきりしないな。こういうんじゃないんだ。

翼+後ろ足がワイバーン。
翼+前腕+後ろ足がドラゴン。
この違いは、中世ヨーロッパの紋章学からなんだ。
元から貴族や高貴な家系がドラゴンの紋章を使い始めて、
後から偉くなった家系は、高貴なドラゴンが使えなかったために、
ドラゴンに似た下位のドラゴンであるワイバーンを紋章に使ったんだ。
これがドラゴンとワイバーンの違い。

結論が出そうにないから、魔法属性からドラゴンを考えてみた。
6zokusei_no_kankei
別窓はこちらをクリック

・ピンク色が4つの元素(火、水、土、風)。このバランスが崩れると何かが起こる。
・4元素の竜が世界のバランスを保ち、高位の光と闇の竜がいる。
・6つの竜が世界を支配している。
・六角形の頂点と、左右の属性で鈍角三角形ができて、△内のスキルになる。

光属性と闇属性をどうすっか。星座じゃなければ、光は太陽だな。
じゃ闇は光の反対じゃなくて、影とは別に闇がある。
でも闇つってもブラックホールしか思いつかん。太陽は光を出してるわけじゃないな。
核反応とか知らんけど、うーん、、光と熱は切れないのか。

そうじゃなくって、闇は悪ではない。
光も善ではない。度が過ぎた光は日照りをおこして大地を焼く。うん。

てことは光も闇も善であり悪でもある。

これだな!生き物が生きる上で、光と闇の両方がバランスよくないとすべてがダメになる。
適度な光と適度な闇。これ大事。うん。試験に出るよw

つーことはだ、4つの基本属性も善悪を持つ。このバランスが崩れると災害が起こる。
属性て考えるから難しいんだ。人格にすれば解りやすいかも。人格。
その人格の代わりが竜。ドラゴンなんだ。うん。

じゃあ、俺は風の人格になるわwとか、俺はダークな闇なwとか。雨男だから水やるわw。
俺はピカってるから光やるw熱血だから火やるわーとか。これでいいのか?
そうだなー。光と闇の竜(人格)はスキルとかパークはないのか、つー問題がある。

それとも上位の人格だから、スキルが無いのかも。
じゃなければ、光の人格は火と風がないと光は生まれない。
光があれば火と風に影響を与える。

闇も土と水がないと生まれない。闇があれば水と土に影響を与える。
これなら風が欠けると光は消える。火も同様。闇も同じ。

光(闇)を作る要素がないと、光(闇)は消える。

4元素は実在するけど、光と闇は空気みたいなものでしょ。
だからこれでいいんだよ。
光と闇のスキルやパークの話は置いといて、今は光りと闇は空気。
これでいこう。

日照りを止めて、闇を復活させて雨を降らせるクエストがあってもいいはず。
ドラゴンで考えるから難しくなる。
人の化身がドラゴンだとして、人から考えればなんとかアイデアが浮かびそう。
斬新なRPG 霊力と妖力、魔力を考えた。不思議な力の住み分けはこれで行こうか!に続く

お疲れ様でしたー。
関連記事
Posted byぼんごれ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply