隠密術の鍵開けと開錠スキルを、和風冒険RPGの独自の方法で表現するには

ぼんごれ

料理は薬剤師より重要なスキル。兵糧丸も一緒に作って防腐する。食えばリジェネ効果発動の続き

スカイリムのような鍵開けや開錠スキルを、どうやって和風で再現するか。

日本には和錠(わじょう)がある。
施錠時は錠前の中のバネがつっかえ棒してるから開かない。
開錠時は、そのつっかえ棒してるバネをつぼませて、
出来た隙間から錠を外してたらしい。

つっかえ棒してるバネの形は、朝顔の花びらの断面に近い。
これも刀鍛冶の技術の応用。

かといってリアルな錠前をゲームに取り入れても、何一つ面白くない。
ゲームなりの開錠の面白さを考えていかないと、お宝発見の面白さが萎えてしまう。

そう考えると、スカイリムの開錠方法は凄い。シンプル。
フォールアウトからのやり方だけど、面白い。

でも俺にはリアルすぎるんだ。
だって現在のピッキングとそっくりだからさ。それはしたくない。

リアルから離れて、もっとブッ叩いたり、
あ!思い出した!
ゲームなんだから、何か柔らかい布とかをカギ穴に差し込む。
奥まで差し込んだら固める。

それが錠を開ける鍵になって開く。これどうよw。
錠を開けるよりも鍵を作る感じ。いけそう。
布は解けて柔らかくなって、また使える。

それか、錠を分解すんのは無理だな、、、
錠をピッキングするか、鍵を作るかの二択だよなー。

とにかく、和錠とか南京錠とかこだわらずに、鍵開けが面白ければそれでいいと思う。
ミニゲームと言えども手を抜きたくないし、なんかいいアイデアはないものか。

開錠スキルの星座は、魚座にしよう。
魚座の神話の意味は、同じくらい長い物が二つくっついてること。複数を暗示。
片方が壊れたらもう片方の使い道は無くなる。
つまり、錠前と鍵は二つで一つ。一蓮托生だ。いいね。

それと、開錠スキル全体の名前を錠前士にしよう。
そうすれば他の鍛冶士や付呪士などと同列で解りやすいと思う。

南京錠の中身はどうなってるのか。
南京錠の鍵開けは、鍵穴を回すマイナスドライバーみたいな板と、
鍵の中に差し込んで錠前の中のロックを外すピンの2つの道具で開ける。
まんまスカイリムそっくりなんだ。

スカイリムと同じじゃ書く意味ないし、全然面白くない。
ここはオリジナルの鍵開けアイデアを出さないとダメだな。

だから布のアイデアは良いと思う。
でもどうやってゲームとして面白くするかは別の話。
アイデアはいいけど、どうやってゲームにするか。

スカイリムは達人レベルの錠の場合、ロックピックがポキポキ折れるが、
運が良ければ必ず開く。
しかし、苦労して開けた箱の中身は大抵しょぼい。
それにロックピックの大量入手は難しい。貴重品だ。

だから折らずに慎重に錠を開けることが、そのまま面白さにつながる。
ゲームの鍵開けなのに、息を殺しながら慎重になる。面白い。

やっぱりピッキングよりも、鍵を作っちゃう方が和風冒険RPGには合ってる気がする
スカイリム以外の、何か別の方法を考えないとダメだ。

錠前が生きてる?生きた鍵?
蛇とかを差し込んで開ける。小枝を差し込んで、魔法で枝をはやして鍵を開ける。
それと布の案。アイデアは色々出るけど、これを面白いミニゲームにする方法が解らない。

もうしばらく考えよう。そんな簡単に結論は出ないよ。鍵開けなんてやったことないんだから。
これらの案をどうやって鍵開けつー面白いゲームにするかは、時間が必要だな。
鍵開けの新アイデア
開錠スキルのオリジナルアイデアは紙コップで錠前のささやき声を聞く

斬新なRPG ドラゴンの話と自然の6元素のアイデア。闇は悪じゃないんだ!に続く

お疲れ様でした。
関連記事
Posted byぼんごれ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply