ニオイ雲で困ってる生命を助け、悪霊から救い出した動物のその後の主人公の行動

ぼんごれ

主人公を弓矢から守るために、戦闘・鍛冶・付呪を楽しむために盾と大砲が必要の続き

ちょっと閃いた!
狩猟で獲物を倒したら、捌いて食材を入手する。そんで食べる。
その時に捌いた動物によって、ステータスが上がるんだ。

熊のような体力のある動物を食べると、主人公の体力が上がる。
妖力のある狐をさばいて食べると、主人公の魔力が上がる。
スタミナのある狼をさばいて食べると、主人公のスタミナが上がる。

別に自分でさばかなくてもいい。店売りの食材を食べればいい。
野草も食べられるんだよね。
野草の中にも体力が上がる食べ物、魔力、スタミナ上がる食べ物も当然ある。

強さをレベルで管理するのもいいけど、熟練度を優先したい。
主人公自体がマッチョみたくなるんじゃなくて、
モンハンのようにプレイヤーが戦闘や狩りの腕を上げるんだ。
そういうゲームにしたい。

普通、動物に対しては、プレイヤーの自由だけど、無闇に倒すことはしたくない。
何か訳ありの理由があって、それで仕方なく討伐する。これがいい。

その理由は、悪霊に憑りつかれてそいつを救い歌
悪霊と宿主を同時に救う、呪術系の愛のスキルは救い歌
で倒したとしても、元宿主が自力では生きていけないほど憔悴しきってた場合。
その時に限り絶命させて、お肉を取って食べて、疲れ切った魂を天に返す。
安楽死をさせてあげる。

そんなこと知らずに倒してしまうプレイヤーは絶対にいるけどね。俺でもさ。
それでも他者治癒で癒してあげたり、何とかして山に返すってことは、
選択肢として残しておいてあげたい。

ゲームだけど、殺意の連鎖を出来るだけ無くしたいんだ。
今まで見たいなゲームの中なんだから、何やったって構わないだろ、ってのは嫌だ。
だから必要最低限の動物しか倒さない。説教くさいけどもね。
命を頂くってことは、仏教的で説教くさいものなんだよ。

じゃ、普通の動物と憑りつかれた動物をどうやって見分けるか。
救い歌を歌う前に、憑りつかれて困ってる動物のサインを、どこで感じるか。

風に乗って漂うニオイ雲の中に、困ってる動物の顔。
それか、憑りついてる悪霊の顔なり、悪さしてる画像が、風に乗って流れてくる。
それを主人公が発見して、退治して困ってる人や動物を助ける。

殺伐としたゲームが多い中、そういう昔話的な大神的な平和を取り戻す感じがいい。
困ってる人を助ける旅。主人公の目的にも合うし、ヒロイックだし。
RPGの中にも優しい世界があったっていいじゃないか。

呪術は愛情の裏返し 敵の体を守りながら殺意を攻撃して山に返す方法に続く

お疲れ様でした。
関連記事
Posted byぼんごれ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply