風に乗って漂うにおいの表現方法。におい雲は尾を引いて方向と距離を表す

ぼんごれ

オリジナルRPGの狩猟は、風を読み、においを嗅いで獲物を狩る、その方法とアイデアの続き。

風とにおいについてまた更にちょっと考えた。

生物全般に言えることだけど、目が退化した生物や耳が退化した生物はいても、
鼻が退化した生物っていないんだよね。

鼻の感覚、嗅覚は、捕食することや危険を察知することに直結してるんだ。
生きることは食うこと。そして命を守ること。嗅覚はその生命線らしい。

ドラクエで「ここは○○の街だよ」って言う前に、お前臭いぞ!とかお前、良い匂いがするな、
って言うはずなんだ。だいたいは「お前ら!臭いぞ#!」って言うはず。
だって主人公らは風呂入ってねーしw。滅茶苦茶臭いはず。戦闘で汗かくしさ。

まーね、風呂に入らない西洋の連中は香水で誤魔化してたんだけどさ。
でも俺が考えてる斬新なRPGは日本が舞台。
ならば「お前ら!臭いぞ#!」って言ってくれないと困る。嗅覚も視覚で代用できる、
嗅覚もちゃんと再現した面白いRPGでなければならない。うん。これ大事。

ニオイを視覚的にで表現するのって、雲が良いかなー。プカプカフワフワ浮かんでる。
匂うものがここにありますよーて知らせてくれるような表現。
で、距離が遠ければ雲は小さくて透けてる感じ。近づけば大きくなって色が濃くなる。うん。

種類はそうだなー、
そう!風ってにおいも運ぶよね。てことはケモノのニオイで猪や狼を追跡できる!。
風に乗ってるニオイか。どうやって視覚に訴えるか。
フワフワプカプカとはいかないはず。流れる雲!いいじゃん!!

流れる雲が良い。尾を引いてる感じ。その尾の引き方で方向がわかるな。
その色の濃さと大きさで距離がわかる。いいねーww!

俺はどっちかっつーと鼻が良い方なんだよね。鼻が利くんだ。
畑に雨粒が落ちた時に畑の土の中にじっとしてた、畑の土自体のニオイが、
雨が落ちた衝撃で土の上にでてくる。で、その土自体のニオイと雨の臭いが混ざって、
何とも言えないような田舎くささつーか独特のにおいが辺りに立ち込めるんだ。

草の場合は簡単。草に雨粒が落ちると、野菜の青臭さじゃなくて、もっと荒々しいつーか、
昔草笛を吹いた時のニオイと雨の臭いが混ざった感じなんだ。
微妙な感じの臭いを文章にするのって難しいww。

でもどうなんだろ。これ実際に実現したら、目に入ってくる情報が何倍にもなると思う。
一定の距離まで使づかないと、においの情報は目に見えない。これでいいはず。
それが3mか5mか10mかは、においの強烈さによってちがうんだ。

臭い人は、その人のどこが臭いのか、人全体が臭いのか。オーラ的に臭いのか。
逆に良い匂いの人はどうなのか。良い匂いの人が座ってた場所も良い匂いだったりする。
残り香ってやつだな。

だからプカプカ浮かぶニオイ雲に、いいねーwニオイ雲!
そのニオイ雲にその人の顔なり姿なりを一緒に表現した方が良いんだろうな。
そうすれば残り香も表現できるだろ。誰の残り香なのかがわかる。

ニオイ雲の種類的には良い匂いの中でも、、、待てよ、
ニオイ雲に食べ物とかの画像も出した方が面白そう。人の顔や姿も出せるなら、
ケモノ肉とか、血なまぐさいニオイとか出せるでしょ。
ニオイ雲の中にケモノ肉。ニオイ雲の中に人影。いいねーw
だいぶ煮詰まって来たんじゃねww。良いアイデア出ました。におい雲。収穫収穫w。

主人公が旅立ち冒険する理由は、寝たきりの親友に美しい景色を絵に描いて元気づけるために続く

お疲れ様でした。FC2 Blog Ranking人気ブログランキングへ
Posted byぼんごれ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply