【Minecraft】エデンシェイド立体化編part8 バザーを作ろう【クリエイティブ建築】

ぼんごれ

ずっと前、RPG考察資料集の記事を書いてた頃、紋章学について記事を書こうとした。
wiki見ながら知ってることを足して記事にしてた。書いときゃよかったと痛感した。
なぜなら、エデンの各町の紋章をマイクラの旗で作りたくなったからだー!

おはこんばんちは!ぼんごれです。マイクラでエデンシェイド立体化のお時間です。
前回はデゼルの街の楕円形闘技場が完成しました。
ここから見始めた人は、まずパート1を見て私がマイクラで何をしてるのかを知ったうえで
見てくれると嬉しいなぁ~!

エデン立体化 デゼル闘技場 王者の部屋
前回のラストショット。

マイクラPC版(Java版)の購入へ(アマゾン) ↑マイクラ日本語WIKIへ
アマゾン購入時の注意喚起(ぼんごれの体験談)記事へ
前回のエデン立体化編part7へ ↑エデン立体化編一覧へ
エデンのプレイ日記と同様に、このカテの記事も書き方を変えようと思います。
理由は記事冒頭がいっつもコピペで変わらず、面白くないと思ったからです。
落語の枕みたいな3行の文章を付ければ、topページの一覧に反映される。
読み進めてみようという気にさせる、ぼんごれの涙ぐましい工夫です。

それともう1つ。スマホで見た時に、文章が途中で改行されて見にくくなるのを
避けるため、40字書いたら改行することに決めました。
スマホだとほぼ20字で1行、自動的に改行されて表示される。
PCだと40字以上になると変なところで改行されてしまう。

結果的にFC2ブログの場合、記事編集のユーチューブ動画ツールアイコンと
インスタグラムの画像挿入アイコンの中間で改行するのが一番ベストだと思いました。
このテンプレの場合それが丁度40字の目安です。つべのアイコンまで来たら改行だぜ。
(他のテンプレや高性能テキストエディタの場合は知らん)

レスポンシブテンプレートだからね、各端末に対応してるので、こんなことを気にしました。
他の人がどれくらいの文字数書いてるか知らないけど、いつもこの記事くらい書いてるので、
俺なりの楽に読める工夫です。

今回の目標


前回はデゼルの闘技場が完成した。
今回は村人でごった返す、賑やかなバザーを作る。
早速やりますか!

ワクフのスフォキアの街を参考にする


バザーと言ってもワクフにバザーっぽいのはケルバとかにしかないので、街の雰囲気として
スフォキアの町の施設を見てみよう。そしたらヒントが出てくるかも。

鍛冶屋
ワクフ スフォキア 鍛冶屋の風景
ワクフの鍛冶屋は大きな溶鉱炉的なものがあって、周りに鎧や盾を作る金床。
武器全般を作る白っぽい作業台。それと、なんだっけ?忘れた!鉱石をどうにかする奴、
そんな施設があって、その他はただのオブジェクトになってます。
このにぎやかなでごちゃっとした雰囲気を出したい。

宿屋
ワクフ スフォキア 宿屋の風景
夕方になりかけてますね。1階が宿屋で2階がテラス席になってます。
タルがあって南国の木とテーブルと座席。バーカウンターみたいなのもあります。
魚介類の料理が絶品そうな気がしません?ムール貝の酒蒸しを肴にワインを飲む。
波の音が聞こえてて、もうそれだけでいい!そんなビーチリゾートなんてどすか!?

誰もが1回は憧れるシチュエーション。素敵な南国ビーチリゾート。最高すぎます。
ロケーションがいい、メシがいい。酒もいい、景色もいい。もう最高の旅。
そんな旅行1回でいいから行ってみたくなる、それがスフォキアなんです。

作業場
ワクフ スフォキア 作業場の風景
ここは薬草から加工品を作ったり、宝石などの装飾品を作ったり、
獲物からエッセンスを抽出したり、皮をなめして皮革にして防具を作ったりする作業場です。
色んな加工ができる作業台が集まった作業場ですね。

もうワクフを忘れかけてきてます。この辺の作業台は中級なら全部自作しましたね。
膨大な種類の素材を集めて全部作りました。ヘイブンバッグの中に設置してあります。
粉が足りねー!とか魚数百匹釣るぞー!とか必死こいて素材を集めてました。
街の施設の作業台は全部高級なものです。作れないものはない!

キッチン
ワクフ スフォキア キッチンの風景
ここは小麦を製粉する製粉所や小麦粉からパンを作る窯、魚を切り身にする調理台、
シェフが調理するストーブがあります。ストーブってのは料理用語だとコンロ的な感じ。
寿司屋だと花板がいる板場が店の看板ですが、洋食屋だとストーブが店の看板ですね。

アニメでは主人公ユーゴがめちゃくちゃ旨そうなスープを煮込んでましたね。
親父のアリベートがパンを焦がしてた。あの調理場のシーンはとても印象的だった。
調理中だったユーゴが偶然、自分の能力に初めて気付く大事なシーンでした。
あの時のユーゴのメニューを食べてみたいと思ったのは俺だけではないはずだ!

製材所
ワクフ スフォキア 製材所の風景
ここは原木を板に製材する作業台と、ブラケットなどの加工品や家具、
インベントリを増やす各種ボックス、ヘイブンバッグの容量を増やすIkiakit、
各種作業台など、日常品から特殊なものまで何でも作れる大き目の作業台があります。
マイクラ同様、ワクフでも基本となる素材はやっぱり木。木から様々なものが作れます。
2つとも自作しておいた方がいいと思います。時に後者のなんだっけ?ウッドレースだ。
ハンディーマンのウッドレースは真っ先に作った方がいい。

バザーを作ろう!


エデン立体化 デゼル バザーの風景1

エデン立体化 デゼル バザーの風景2

エデン立体化 デゼル バザーの風景3

エデン立体化 デゼル バザーの風景4

エデン立体化 デゼル バザーの風景5
スカイリムのホワイトランの街ができたのは、溶鉱炉のスカイフォージがあったから。
そんなエピソードがあったと思います。これを踏まえて・・・
ワクフの街の施設の中で一番大きいと思ったのは、やっぱり溶鉱炉。これさえ決まれば
後はどうにでもなる。そう思い、マイクラのデゼルの街に溶鉱炉を作り始めました。

何度か大きさや位置を変えてみたものの、画像の場所がベスト。
こうなる前の溶鉱炉はもっと大きくて、燻製機やかまど、マイクラの溶鉱炉もついてた。
火がつくブロックは全部溶鉱炉についてました。その方が合理的だと思ったから。
それを途中でやめた理由は、作業ブロックの位置が村人の行動に直接関係するから。
そして、1か所に集まりすぎてバザーらしくなかった。そして売り場の区画分けが難しかった。

それで、溶鉱炉と売り場を分けて考えてみた。村人に居てほしい場所はやっぱり売り場。
だから売り場が第一。店番しないでどうする。
そしたら村人が自分からすすんで店番するような売り場を考えた。鍛冶屋なら師匠は作業場。
親方は溶鉱炉付近で作業をし、弟子は売り場で店番がいい。2人の家も必要になった。
他の店も弟子がいて倉庫もあった方がいい。そんなふうに考えた。

最後にバザーのどこにどんな店を置くかを考えた。というより、デゼルの街を想像した。
やっぱり何といっても漂ってくるのは香ばしい肉の匂い。最初は肉屋の赤だ。で、屋根は赤色。
次は主食の小麦や野菜だ。屋根は農家の麦藁帽の黄色。
次は魚屋の青色。第1売り場の生き物系ラストは羊飼いのピンク。

第2売場は加工品その他jがメイン。石材加工屋の灰色。司書(仮)の橙色。革細工師の茶色。
製図家の緑色。

第3売り場は武器防具の鍛冶屋系。煙突のある防具鍛冶屋は防具店砂の盾。
武器鍛冶屋と矢師は武器店燃える拳。道具鍛冶屋は名前未定。
この12の売り場に聖職者を足した13の職種でコンプリート!
左手の家は鍛冶屋系以外の村人の住居兼倉庫。鍛冶屋は手前の家が住居。
どっちも長屋形式の集合住宅。一軒家が欲しけりゃ稼いで土地を買え!てこと。

酒場を作ったつもりが飯屋になった


確かに最初は酒場を作った。そのはずだった。でも気付いたら席数は増えて
店が大きくなってた。でもやっぱ酒場と言いたい。そんな店はこちら。
エデン立体化 デゼル 飯屋1

デゼルの飯屋、砂かまどです。燻製屋の方は未定。バザーにも燻製機あるし。
この店は酒場です。飲み物しか出てきません。でも店の施設は飯屋そのもの。
そんな不思議な店が砂かまど。

エデン立体化 デゼル 飯屋2

この店の上にも店があるんですが、今は製図屋になってます。そこを酒場にする手も
あるんだけど、1階に比べて凄く狭いんだよね。酒場って広いイメージあるし、だったら
この他の場所に飯屋か酒場のどっちかを作った方がいい。2階を燻製屋にするのもありか。

エデン立体化 デゼル バザーの風景6

細い路地がいい。思った通りいい感じです。

エデン立体化 デゼル バザーの風景7

少しずつできてきました。この記事書くのにすごく時間かかった。何でかわからん。
寒くなってきましたね。ぼんごれは風邪の引き始めで喉が痛いです。鼻水が止まらない。
夜になるとどうしても症状が悪くなります。皆さんも風邪に気を付けて。


今回はここまでです。こんなもんでしょ。
次回はまだ未定です。風邪を治さんとね。

拍手ありがとうございます。がんばります!コメント待ってまーす!質問もどうぞー!
それじゃ次回をお楽しみに!お疲れ様でしたー
→次回へ続く・・・

関連記事

Posted byぼんごれ
minecraftクリエイティブ建築エデン立体化プロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply