魔女デネブのスカイリム旅日記part29 星霜の書をゲットせよ!キーワードはアルフタンドとブラックリーチ!

ぼんごれ

スカイリムをオウガバトルの魔女デネブが行く旅日記です。主にアイテム収集とお金稼ぎ。
メイン武器は召喚魔法、サブは破壊魔法の罠と火炎です。でも今のところまだ逆だけどね。
魔法使いたる者、錬金術はたしなみだ!出来て当然。その他色々やりたい!
投稿は週1~2回、時間は20:30。日本語だけのバニラ。やっぱ今でもおもしれー!

前回part28へ ↑魔女デネブの旅日記一覧へ
スカイリムPC版購入へ ↑スカイリムWIKIへ

台風凄かった。大丈夫ですか?ぼんごれです、こんちは。
アマゾンでの商品のご購入は、こちらを是非見てから判断してね!

魔女デネブのスカイリム パート29マップ

前回はハイフロスガーの頂上で世界のノドと言われる場所で、グレイビアードの長、
パーサーナックスと話し合った。彼の話は筋が通ってる。今まで聞いてきたブレイズや
サルモール、ノルドやその他の話。その誰よりも素晴らしいものだった。

魔女デネブのスカイリム 世界のノドのパーサーナックス

知らないことは知らないと言い、知ってることは包み隠さず教えてくれて、
声の道の指導者に相応しく、誰よりも誠実で頼れる人物だと感じた。あんな人になりたい。
人じゃなくドラゴンだけど、彼と話し合った時間は楽しく、濃密で長い時間を過ごせた。

今回はアルドゥインを倒すカギになるシャウト、ドラゴンレンドの情報を集めに、
ウィンターホールド魔法大学に帰還して、アルケイナエウム図書館のウラッグに話を聞こう。
では始まります・・・

クエスト:エルダーの知識


星霜の書がどうしても必要な訳をウラッグに話すと、彼は2冊の本を取り出した。

星霜の書の考察(ウィンターホールド大学、セプティマス・シグナス著)と
星霜の書の効果について(第2記126年ラストシード4日、アンスティウス・メッチム執筆)

考察の方は雲をつかむような、意味不明で理解できない抽象的なことだった。
効果の方は星霜の書を読んだらどうなるかの、何種類かのパターンが書かれていた。
星霜の書を見ると、よくて目がやられる。悪けりゃ頭がおかしくなる。
相当訓練された僧兵でないと、無事では済まないということらしい。

考察の内容が意味不明な原因は、著者のセプティマス・シグナスが星霜の書を読んで
既におかしくなっていたから、らしい。この人物は北の方でまだ生きている可能性がある。
詳しく話を聞いてみる必要があるな。効果の方の著者はとっくに生きてない。
セプティマス・シグナスを探しに行こう。

クエスト:霊魂の確認


彼の居場所は大学の真北だ。それじゃ出発しよう。丁度召喚のフィニス先生がいたので
魔法書をいくつか買った。

魔女デネブのスカイリム セプティマス・シグナスの隠れ家を発見

セプティマス・シグナスの隠れ家に到着。思ってたよりも遠かった気がする。
それじゃ入ってみよう。

魔女デネブのスカイリム 隠れ家のセプティマス・シグナス

ちょっと言ってることが解らないんだけど、キーワードがいくつか出てきた。
ブラックリーチ、アルフタンド、ドゥーマー(ドワーフ)・・・
そして2つの物をもらった。丸い物と尖った物。

魔女デネブのスカイリム アルフタンドからブラックリーチに入る重要アイテム

魔女デネブのスカイリム 空白の辞典


つまり星霜の書のありかはアルフタンドのドゥーマーの遺跡の地下深くにある。
そこに行って丸い物と尖った物を使って中に入り、知識を四角いものの中に詰め込んで、
ここに持ち帰る。そうすればセプティマス・シグナスが何とかして星霜の書をゲットできる。
その書の中にドラゴンレンドのシャウトがあって、習得すれば、空を舞うアルドゥインを
墜落させて勝てるかもしれない。という訳か。

次はアルフタンドか。また長そうだなぁーorz それじゃ行きますか。

やっぱり長かった。ドゥーマー(ドワーフ)の遺跡のダンジョンはどこも長いです。ええ。
ただ今回は更に深いブラックリーチまで探索しなきゃいけない。
セプティマス・シグナスから預かった四角いアイテムに、恐らくブラックリーチの
最深部にある知識を詰め込んで、やっとクリアになるはず。

魔女デネブのスカイリム アルフタンド内部の見上げ

魔女デネブのスカイリム アルフタンド内部の見下げ

近接と魔法使いのファルメルに何度か倒され、ドワーフのオートマトンの大型ロボット、
ドワーフ・センチュリオンに1回倒され、やっとブラックリーチに到着したー!

魔女デネブのスカイリム ブラックリーチに到着!

魔女デネブのスカイリム ブラックリーチの風景1

魔女デネブのスカイリム ブラックリーチの風景2

魔女デネブのスカイリム ブラックリーチの風景3

この景色は素晴らしい!キノコのようなクラゲのような、幻想的な光景です。凄いね。
これを作ったドゥーマーって何者だよ!スゲーしか出てこんぞ。

丁度近くに地上に出るエレベーターがあったので、とりあえずアルフタンドで拾った荷物を
運び出して売りさばいて来よう。4往復だったかな。全部終わりました。
最後にもう1回だけ回って、そしたらブラックリーチの探索をしよう。


ブラックリーチも広い。広いなぁ、ふぅ。テクテク・・・

結局ね、ダンジョンでも迷宮でもないんだ。このブラックリーチは。とにかくとんでもない広さ。
広いとか広大って表現じゃ表しきれない。画像で「こんな感じ!」つって紹介するのも、
エリアマップをつなぎ合わせて広さを表すのも、全部無駄に思えてくる。

地上の世界とは違った、もう一つの天井がある地上だ。マイクラのネザーだ。
終わりが見えないネザーに、ドゥーマー(ドワーフ)が作り上げた巨大な遺跡が連なってて、
そこに機械の敵や人型MOBのファルメルやシャウラス達が生きている。

どれくらい歩いた?アルフタンドとあわせて8時間くらいか?敵はそんなに強くないけど、
暗いし、荷物がオーバーしてるし、赤いニルンルートを30個集めるクエストもこなしてるし、
錬金用にもっと欲しいし、自分なりに隅から隅まで目一杯歩いた。
でもまだ残ってる場所がかなりある。

魔女デネブのスカイリム ブラックリーチの風景4 ムザークの塔を発見

それでもやっとね、どうにかこうにか目的地に着いた。そこには以前パート12で
ムズルフトのドワーフの遺跡最深部で見た、ドワーフ・オキュロリーによく似た施設があった。
目的地に直行すればすぐに着くけど、それじゃあ面白くないからね。

魔女デネブのスカイリム ブラックリーチ、ムザークの塔のリディアの

魔女デネブのスカイリム ブラックリーチ、ムザークの塔の風景

操作盤のスイッチを押して虫メガネマシーンを動かして、中央の部分に光を集めるらしい。

魔女デネブのスカイリム ムザークの塔で星霜の書をゲット

テキトーにいじってたら開いた。そんで星霜の書をゲットした!
はぁ~、なんだか星霜の書をゲットしたぞおおーっ!!
ていう気になれない。それくらい歩き疲れた。長かった。長かったんだよ!長すぎだよ!
ブラックリーチをナメテはいけない。でもこれで終わった。地上に出よう。もう暗いのは嫌だ。

自宅に戻ってリセットしたら、次はセプティマス・シグナスに辞典を返しにいこう。
これは次回です。もう疲れたww でもやりきった!やれる事は全部やった。
続きは次回。セプティマス・シグナスの隠れ家で再開です。お疲れ様ですー!


それではこの辺で。
この記事が気に入ったら拍手ボタン、投票ボタン、SNSボタンなど宜しくお願いしまーす!
よければコメント置いてって―! では、またねーノシ 
→次回へ続く・・・

関連記事
Posted byぼんごれ
魔女デネブのスカイリム旅日記

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply