魔女デネブのスカイリム旅日記part24 ソリチュードまでの歩き旅とサルモール大使館の敵陣視察

ぼんごれ

スカイリムをオウガバトルの魔女デネブが行く旅日記です。主にアイテム収集とお金稼ぎ。
メイン武器は召喚魔法、サブは破壊魔法の罠と火炎です。でも今のところまだ逆だけどね。
魔法使いたる者、錬金術はたしなみだ!出来て当然。その他色々やりたい!
投稿は週1~2回、時間は20:30。日本語だけのバニラ。やっぱ今でもおもしれー!

前回part23へ ↑魔女デネブの旅日記一覧へ
スカイリムPC版購入へ ↑スカイリムWIKIへ

魔女デネブのスカイリム パート24マップ

暑かったり寒かったり気温の変化が激しいです。ぼんごれです、こんちは。
アマゾンでの商品のご購入は、こちらを是非見てから判断してね!

前回はオタールを倒し、ドラゴン2頭を討伐し、緊急事態クエではサーディア側に着いて
ケマツ一味を討伐。内戦クエストは気に入らないからやらず、サルモールは潰す。
色々考えることがありました。考えを纏める事が出来たね。

今回からしばらくメインクエストを進めていきます。サルモール大使館に潜入するところ。
高慢ちきで攻撃的なサルモールを叩き潰そうじゃあーりませんか!
彼らと私は同じハイエルフ。スカイリムの平和のために、同族でも容赦はしない。
それじゃ始まります・・・

クエスト:外交特権


リバーウッドの宿の地下室へ行きます。宿屋の女将でブレイズの生き残りのデルフィンが
言ったことを纏めるとこうだ。

デルフィンはドラゴンとサルモールがどこかで繋がってると思ってる。詳しくは知らない。
でも彼女の直感で何か関係があると思ってる。その関係を大使館に潜入して、
資料を探しだして無事に脱出するのが今回のミッション。

大使館に潜入するには、内通者でサルモールを心底嫌ってる、ウッドエルフのマルボーン
(マルちゃん)とソリチュードの街の宿屋で会うことになった。偽装して潜入するための
招待状は、デルフィンが用意することになった。

サルモールが晩餐会を開く間は警備が手薄になる。その隙をついて晩餐会に
招待客として堂々と正面から入り、その後はマルちゃんと合流して会場を抜け出し、
大使のエレンウェンの部屋を探してドラゴンに関係する情報を盗み出し、
無事に脱出する。これだ。難しそう。でも出来るだけやってみる!頑張ろう。

ではソリチュードへ行こうか。レベル35でサイレントロールを取得。
盗賊スキル取るのやめようかな、、、ちょっと違う気がしてきた。
魔術師プレイなら魔術を伸ばすべきだ。盗賊ギルドに入っても私は魔術師でいたい。
中途半端に他のスキルを取っても面白くないと思う。レベルっていくつまであんだろ。

もし次のシリーズで盗賊プレイするなら、今スキル取っちゃうと面白くない。
てことで、今後は魔術師スキルを伸ばそう。極力他のスキルは取らない。これだ。

ホワイトランからソリチュードまで歩いてみるか!のんびり行こうぜ。
ホワイト川?に沿ってグラバーの小屋を目指そう。と思ってたら、ドーンスター側からで、
ダンスタッド砦を勢いで攻略中。山賊は倒したけどクリアにならない。
まだどこかに隠れてるらしい。探せる場所は探したのでここを後にしよう。

だめだぁ~!千里眼に頼ってたらホワイトランに戻って来ちまったww
今度はグラバーの小屋からソリチュードを目指そう。外交特権やりたくないのがバレバレw
ソリチュードに行きたくないんだよね。なんかね。

グラバーの小屋で一夜を明かすと、ブラッドドラゴンが舞い降りて討伐。ソウルも頂いた。
その後、スプリガンとクマの強襲に会ってやられた。やっぱ猛獣は手ごわい。
ドラゴンよりも手強い。あの機動力と一撃はなにより怖い!

魔女デネブのスカイリム ドラゴンブリッジ発見

ドラゴンブリッジに到着。カッコいい橋だなぁ。この町で情報収集だ。
手ぶらで帝国軍の首都ソリチュードに行くのは危険すぎる。何か情報をつかもう。
結局情報らしき頼まれごとは無かった。

家に掲げてる旗で解るけど、この町は帝国軍のお膝元って感じの街だ。衛兵も帝国兵。
いけすかねー感じはプンプンするぜー!近場のポイントを見つけて旅を急ごう。
川の下流にマイクラ的な凄い景色を見た。これだ!

魔女デネブのスカイリム ソリチュードの遠景

まー凄い場所に街を作ったもんだ。マイクラみたいだ。

魔女デネブのスカイリム ソリチュードの近景

馬屋を発見。街の中に入ろう。帝国もサルモールも大嫌いなデネブさんは、街に入って始まる
斬首を何度も何度も邪魔した。ノルドが56されるのを黙って見ていることはできなかった。
何度も何度も邪魔してはやられた。衛兵は倒せるけど、不死属性持ちの住民が手強い。

街全体と戦うことになってもいい。どうしても、何があっても死にゆくノルドを
指くわえたまま黙って見てることはできない。ジャリーラってやつが不死属性持ちで、
どこまでも追ってくる。無駄なことはわかってるけど、どうしようもないんだ。帝国が大嫌い。
サルモールも嫌い。ソリチュードも嫌い。そこにいる人も嫌い。でもストームクロークも嫌い。
吟遊詩人大学クエストも受けない予定。すべてはパート1冒頭のヘルゲンが原因。
クッソ―#!何度やってもダメかー!!
ソリチュードの街中にドラゴン呼びてーよお!
滅茶苦茶にしてやりたい。

うだうだやっててもしゃーねーしなぁ!
酒場の協力者マルちゃんに会うか!


マルボーン(通称マルちゃん)にアイテムを預けてた。そして後をつけてみた。
そしたらサルモール大使館に着いた。場所の確認はできた。ちょっと周囲を探ってみる。
素っ裸でも頑張る!

マルちゃんを尾行中。
魔女デネブのスカイリム マルちゃんの尾行

大使館の外観。
魔女デネブのスカイリム サルモール大使館中庭

大使館の見取り図。
魔女デネブのスカイリム サルモール大使館 見取り図

敵陣視察が終わった。この大使館の入口側は山の上、裏手は高い崖の上。
正門入って左に兵士の建物、中庭を進んだ先に大使館本館があり、その奥に
エレンウェンの日光浴室がある。つまり、宴会を抜け出して目指すは日光浴室!

次回はソリチュードの馬屋でデルフィンと会う。
つーか本当にサルモールとドラゴンが繋がってんだろうなぁ。大丈夫か?
このデルフィンもイマイチ信用できないしなぁ。
まったく情けないぜ!ドラゴンボーンがこんなスパイをするなんてよォ!
今回はここまでです。あーやりたくねーやりたくねーwでもやるさ!


それではこの辺で。
この記事が気に入ったら拍手ボタン、投票ボタン、SNSボタンなど宜しくお願いしまーす!
よければコメント置いてって―! では、またねーノシ 
次回へ続く・・・
関連記事
Posted byぼんごれ
魔女デネブのスカイリム旅日記

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply