白物家電とRPGの話

ぼんごれ

家電つか家電産業に白物家電と黒物家電てあるよね。なんで白黒分かれてんのつー話。
家電業界において、黒物家電はテレビやカメラ、DVD・ブルーレイのプレイヤーのことで、
基本的に無くても良い家電て言われてるんだ。あるに越したことは無いけどさ。
基本は娯楽用品なんだよね。あれば生活が豊かになるけど、無くても別に困らない。うん。

そんな黒物家電に対して、白物家電てのは冷蔵庫や洗濯機、炊飯器、電子レンジとかのことなんだ。
黒物家電と大きく違う点は、生活に欠かせない生活必需品なんだ。当然、無いと困る。
白物家電を開発製造するつーことは日本の基幹事業なんだ、ってどっかで聞いたことがあるんだ。
要するに、日本で生活に不可欠な白物家電てのは、外国においても生活に欠かせないんだよね。
どこにいたって洗濯機が無いと服が洗えない。冷蔵庫がないと物が腐る。生活がそこでストップするんだ。
そんな大事な白物家電を製造して、日々改善改良をしてる日本の企業てのは、俺は凄いと思うんだ。

RPGを含めて、ゲームってのは娯楽だと思うんだ。暇つぶしだったり寝る前にちょっとプレイしたりね。
だけど、世の中にはゲームをプレイするのが仕事だったりする人もいる。
そんなゲームの中で、RPGはゲーム産業のバロメータなんだと思う。
日本にはDQやFFのようなビッグタイトルがあるし、海外でも一定の評価がある作品でしょ。
RPGと似た長時間プレイしたり、ストーリーを追ってプレイしていくゲームにSLG(シュミレーションゲーム)
があるよね。でも、RPGとSLGとの大きな違いは、RPGが年齢関係なく誰でも楽しくプレイできるのに対し、
SLGはゲームの背景や人物、役割、遊び方など、ある程度の知識や経験が必要になると思うんだ。

つまり、SLGよりRPGの方がハードルが低いと思う。すんなりと物語の中に入って行けるんだ。
俺的に例えれば、SLGはRPGに比べて多少クセがあると思う。だからSLGも面白いんだけどね。

他のゲームのジャンル(アクションやローグライク系とか)もいろいろあるんだけど、RPGほど壮大で、
ドキドキワクワクがあって、ドラマチックな展開があって、長い間プレイしてても飽きないゲームで、
世界中のプレイヤーから一目置かれている日本のRPGは、俺はゲームの白物家電だと思うんだ。

今はゲームの多様化が進んで、バリエーションも豊富になって、タイトルにDQやFFの冠が付けば
必ず売れるつー時代じゃない。それだけ競争が激しくなったし、スマホ専用のゲームが圧倒的に人気だ。
けど、俺はスマホは持ってないし、今の所必要じゃない。皆が持ってるから俺も持つつーのは俺は嫌いだ。
そういう安易な考えで俺は行動したくない。納得した上で行動したいんだ。面倒臭い性格なんだよ。俺。

gdってきた。
今のDQやFFってさ、特にFFはさ、全然とんがってないんだよね。牙が抜けた肉食獣つかさ、草食獣かも。
俺にはFF2のようなプレイヤーを脅かしてやろうとか、喰ってやろうみたいな、そういう感じはしないんだ。
ビジュアル先行つかさ、見てくれなんてどうでもいいでしょ。ワクワク感。ドキドキ感が感じないんだよ。
そろそろ終わりにすっか。今回はグチだけかwでもまあホントの事なんだからしょうがない。
もっととんがろうぜwプレイヤーに牙を見せてくれよ。プレイヤーをもっと驚かせてくれよ。
外見にこだわらない、崖っぷちでチャレンジ精神の塊だったSQUAREの頃みたいにさ。
そういうRPGがしたいなー。FC2 Blog Ranking人気ブログランキングへ
キングスナイトキングスナイト

スクウェア 1986-09-18
売り上げランキング : 12416

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
これこそスクウェアが低迷していた頃の作品なんだ。他にはテグザーとかね。
スクウェアが崖っぷちだった頃の象徴ともいえる作品なんだ。
ゲームとしては公式にはRPGなんだけど、どう見ても縦スクロールシューティングなんだよね。
つまり、どっちつかずで面白くない。ハッキリ言ってつまらないんだw。俺はすぐに飽きたw。
RPG要素とか育てる要素が無いにもかかわらず「正統派RPGです!」と言っちゃうところがアレだった。
試しにプレイしてみると良いよ。話のネタにもなるしw。俺はツボじゃなかったんだ。面白さが解らなかった。
スクウェアはこの崖っぷちから脱出するために、次の作品が当らなかったらもう終わりにしよう、つって
その『終わり』の意味をタイトルに込めた作品が、その後大当たりするファイナルファンタジーなんだ。
関連記事
Posted byぼんごれ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply