魔女デネブのスカイリム旅日記part8 ウィンターホールド魔法大学編開始!仲間は私が守るッ!

ぼんごれ

スカイリムをオウガバトルの魔女デネブが行く旅日記です。主にアイテム収集とお金稼ぎ。
メイン武器は召喚魔法、サブは破壊魔法の罠と火炎です。でも今のところまだ逆だけどね。
魔法使いたる者、錬金術はたしなみだ!出来て当然。その他色々やりたい!
投稿は週1~2回、時間は20:30。日本語だけのバニラ。やっぱ今でもおもしれー!

前回part7へ ↑魔女デネブの旅日記一覧へ
スカイリムPC版購入へ ↑スカイリムWIKIへ

暑いですねー。皆さんこの夏は「ガンガンいこうぜ」じゃなく、「いのちだいじに」です。
太陽が人間を倒しに来ている。熱と言う武器で襲ってきている!だがこちらの防具は
エアコンだけ。どうしようもないっす。ま、そんなときはスカイリムでもやって涼みましょ!
では始まります^^ アマゾンでの商品のご購入は、こちらを是非見てから判断してね!

前回まではグレイビアードの爺ちゃんの命令で、ユルゲンウィンドコーラーの角笛を取りに
ウステングラブに行ったけど、何者かが先に持ち去った。そこには置き土産があり、
リバーウッドの宿で屋根裏部屋を借りろ、とあった。その部屋を借りようとすると、
屋根裏部屋は無く、別の部屋を用意された。部屋に入ると、宿の女将、デルフィンが
入ってきて、別室に通され、女将は表の顔、裏の顔はドラゴンスレイヤーの
生き残りのブレイズと言う組織の一員だったことを聞かされ、次にドラゴンが生き返る
場所まで一緒に来てほしいこと、実際にドラゴンを倒して本物のドラゴンボーンだと
証明してほしいと言われ、実際にドラゴンのサーロクニルを倒し、実力を示した。

魔女デネブのスカイリムpart8マップ

ウィンターホールド魔法大学編開始


今回からウィンターホールド魔法大学編をやろう。入学だけしといて授業に出ないと、
単位がもらえない。退学は絶対嫌だ!現実では行けなかった大学に入ったので、
キャンパスライフを楽しもう。ブレイズ編は何だかきな臭くなってきたし、
他のクエストをやって楽しもう。

魔女デネブのスカイリム デネブのクラスメイト

トルフディル先生の授業に出てクラスメイトと知り合う。次の授業は学校外のサールザルで
するらしい。コイツラは死なせないぞ!ダルさん、頑張ろう!

クエスト:創始者の角笛


サールザルに行く前に角笛をグレイビアードまで持って行こう。爺ちゃんが待ってるはず。

魔女デネブのスカイリム 揺るぎ無き力完成!

爺ちゃん達から最後の揺るぎ無き力のシャウトを授かった。フス・ロ・ダーが完成だ!
それじゃサールザルに行こう。大学から歩いて行ってみよう。つって町まで来たところで
ドラゴン飛来!特別な名前は無く、ただのドラゴンだった。こんな奴さっさと倒して、
サールザルに行こう。画像無し!

街の宿屋で竜討伐のクエストを受けた。場所はサールザルのさらに先。
行くだけ行ってみようか。竜言語を覚えられる壁、通称言葉の壁があるはず。
新しいシャウトを覚えたい!サールザルを見つけてちょっと行ってみよう。

結局こいつも名無しのドラゴンだった。氷晶のシャウトをゲット。張り合いが無いなぁ。
近くに廃墟と化した洞窟を発見。ちょっと入ってみようか。通行止め。
出口側から入ったみたいだ。サールザルに行こう。

クエスト:アンダー・サールザル


中に入り、ようやくアーニエルという禿げのおっさんを発見。まだ全員生きている。
全員生きてここを出て大学に戻る。クラスの仲間はやらせない!

サールザルの最深部らしい場所に出た。ここのラスボス、ジリク・ゴールドールソンとの
バトル!今回はトルフディル先生がいる、先生をやらせる訳にはいかない!
もちろんダルさんもだ。誤射厳禁で慎重に戦う。

魔女デネブのスカイリム サールザル最深部で球体を発見!

皆の協力があってか、ゴールドールソンはあっけなく倒せた。でも2人は無事か!?
まずダルさんの無事は確認できた。先生は無事か?ようし!先生も無事に生きてた。
ヨッシャヨッシャ。後は先生に言われたように大学に戻り、アークメイジのアレンに状況を
報告すればいい。.出口から出ると言葉の壁があり、氷晶の2段階目を覚えた。

よーし、ベレソアで売っぱらったし、竜討伐の依頼もウィンターホールドで賞金をもらった。
大学へ戻ろう。アークメイジのアレンに話すと、褒めてくれた!そして大学の図書館、
アルケイナエウムの管理者、ウラッグに話し、幾つかの本を集めてくるクエストも受けた。

クエスト:猛勉強


ウラッグによると、魔法使いの優劣を決めるのは知識。私もまったく同感だ。
知識無くして魔法は使えない。その知識の源は本にある。だから優れた魔法使いは
本を大事に扱うべきだという。さらに、古代に書かれた本を解読するのも重要らしい。
魔法使いとして本があっても読めなくては意味が無い。

魔女デネブのスカイリム 図書館の館長ウラッグさん

ウラッグはオーク(オーシマー)の種族で強面の種族だが、これでもエルフの仲間だ。
話すことは真面目で知性を感じる。頑固な反面、その低音の声も魅力的だ。
中々いい話が聞けた。それでは一応クラス全員の生存を確認して、出発しようか。

何!?図書館出入り口に大学顧問のアンカノが突っ立っている!?
アンカノは見るからに高慢で嫌らしい雰囲気をふりまいている、ハイエルフの男だ。
ウラッグ、何とかしてくれー!こいつからは絶対に良いことは起こらないと断言できる!
面倒事しか起こらないと断言できるッ!ええい!こうなったら突進あるのみだ!

ダメだった。アンカノに捕まったけど、大丈夫だった。それよりもジェイザルゴ達は
まだ帰ってきていないようだ。ちょっと一眠りするか。起きたら尻尾が見えた!?
ジェイザルゴ―帰ったのか―!?よかった。彼の巻物のクエストも受けた。
アンデッドをカリカリに焼ける巻物だそうだ。他の仲間が返ってこない。
おし!オンマンドとブレリナを確認。全員の無事を確認できた!おーし。おk!

ジェイザルゴかわいいよジェイザルゴ 

次回は旅をします。


それではこの辺で。
この記事が気に入ったら拍手ボタン、投票ボタン、SNSボタンなど宜しくお願いしまーす!
では、またねーノシ 
次回へ続く・・・
関連記事
Posted byぼんごれ
魔女デネブのスカイリム旅日記魔法大学

Comments 1

There are no comments yet.
ぼんごれ  

拍手Thank you!

2018/07/31 (Tue) 23:14 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply