魔女デネブのスカイリム旅日記part1 The Elder Scrolls V: Skyrim はじめまして、デネブです(はあと)

ぼんごれ

スカイリム 魔女デネブ 正面

スカイリム 魔女デネブ サイド

デネブ50歳!?私にはこれ以上若作りは無理ですww だが悔いはない!
でも良い線行ってるでしょ?前髪何とかならんかったんか!ベセスダさんよー!
前髪が長いとダメなら、エヴァのミサトさんくらいの前髪欲しかったわー。

種族はハイエルフ。体格はグラマーに。口元さえ何とかなればなー、でも大満足です。
今回のデネブさんはメインが召喚、サブで破壊を育てます。

オイ!デネブなら幻惑だろコンニャロ!とか言わないでね。仲間が増える召喚魔法と、
破壊魔法の罠の相性は抜群で変えられません。錬金もやります。魔法大学もね。
ちなみに魔女のデネブといえば、伝説のオウガバトルやタクティクスオウガなどに
出てくる、魔女のデネブ・ローブさんです。

自慢の魔法で若さを保つ美貌と、人を人と思わない自己中&小悪魔的な性格が
デネブさんの特徴です。近所の村の男たちを自慢の美貌でたぶらかして連れ出し、
夜な夜なパンプキンヘッドを作っている、あのデネブさんです。

最初の目標は、出来るだけ早期にゼニタールのアミュレットをゲットすること。
速ければ速いほどいい。お金稼ぎが楽になる首飾りです。

それじゃ始まり始まりー。

魔女デネブのスカイリムpart1マップ

ファエンダル(ダルさん)を仲間にする


まずはリバーウッドでファエンダル、通称ダルさんを仲間にしよう。所持重量オーバーでも
ダルさんに持たせて探索を続行できるからね。
ダルさんを仲間にするクエストは、ダルさんから預かった手紙をカミラさんに渡せばいい。

ダルさんを仲間にするには、カミラさんとの会話の選択肢で嘘を選ぶ。これでいい。
リバーウッドで仲間にするなら、やっぱ使えるダルさんしかないよねー。頼りになりますよ。
ダルさんの恋敵も会話を別のにすれば、今度はソイツを仲間に出来るけど、使えない奴。
今後はマジでダルさんにお世話になりますよ。死なせないように戦おう。

おし!これで旅の準備は整った。ブリークフォール墓地で稼ぐよ。じゃ出発!

ブリークフォール墓地で2289G稼いだ。こんなもんだよね。あーそうだ。
ゼニタールのアミュレットも欲しいけど、家も欲しい。物凄く欲しい。
てことは、ホワイトランのクエストを続けて、家が買えるまでお金を貯めよう。うし。

ホワイトランのバルグルーフ首長への手土産


そうだな、手ぶらで首長に合うよりも、手頃な土産を持参して会うほうが良いはず。
静かなる月の野営地の山賊どもを退治して、お土産にしようか。
ホワイトランの馬屋を見つけたら、山賊狩りへ出発!

山賊狩りはサクッと割らせて、いよいよホワイトラン入りです。手土産は十分。
文句なしでしょ!そうそう、今回のデネブさんの顔や姿は皆さんどうですか?
バニラでこれ以上ない美人でしょ。高慢そうでゴツいエルフっぽさは消せなかったけど、
個人的には大満足。ただ年齢が隠せなかったw 口元・目元に年齢が出ちゃうんだよねー。

でもまあいいっす。納得してます。ハイそこ!年増とか言わない!
猫のカジートよりも顔を作ってて楽しかった。それは言える。
世界観的に皆が痩せている。太った人は権力者や一部の貴族だけ。
MODで現代っぽいお肌つるつるな女の子は、私は違うと思う。個人的な感想ですよ。

でもね、「お前らやり過ぎだろ#!コンンチクショー」ってRPGはあるよね。赤い砂漠だっけ?
あーいうのは大嫌いです。気持ち悪い。マジキモイw 嫌悪感パナイ。個人的な感想です。
どの登場人物もやつれている。やせ細っている。希望が無いから宗教に走る。
そこでヒーローの登場を待ちわびるわけですよ!世界を良い方向に変えてくれる救世主を!
だから面白くなるんじゃないですか?個人的な感想だけど、私は常々そう思ってますよ。

ホワイトランで家を買おう


ホワイトラン西の塔のドラゴンを討伐。街に家を買う権利をもらった。5000G貯めるぞ!
すべては家を買ってからだな。魔法大学に入学して、自分の部屋を倉庫にする方法
もあるけど、ホワイトランの便利さにはかなわない。

で、どうしようか。どうせ今ある3000G弱のお金を大事にしてもかっこよくないし、
魔法の本を買って、イヴァルステッドに行ってハイフロスガーに登ろうかな。
登山の途中に出てくるアイツに勝つには、戦力の底上げが必要。
ある程度強くなれば、どこに行ってもいいよね。

次回はゼニタールのアミュレットを探しに行きます。物の売買が有利になる装飾品です。


それではこの辺で。
この記事が気に入ったら拍手ボタン、投票ボタン、SNSボタンなど宜しくお願いしまーす!
では、またねーノシ 
次回へ続く・・・

関連記事
Posted byぼんごれ
魔女デネブのスカイリム旅日記

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply