キャラ設定と先祖の家系 スキルマップから主人公に隠されたスキルを解き明かす

ぼんごれ

村のクエスト達成状況でゲームオーバー画面に変化が出る。義賊スキルと加入クエストの続き。

これは凄いことを思いついた。アイデアが閃いた。

まず、主人公の全部のキャラが皆同じ重量や同じ数のアイテムを持てるのはおかしい。
大柄で筋肉隆々のマッチョメンと、痩せて背が小さい少年とでは、
明らかにマッチョの方がスピードは出ないが、数多くの重いものを持てる。
その代り、痩せて背が小さい少年はすばしっこいが、重いものは無理。全然持てない。

この差ってなんだろうね。俺は体格もあると思うんだけど、骨密度とか筋肉量、
骨と筋肉をつなげる腱(けん)の差だと思うんだ。遺伝とかもあるけどさ。靭帯とかもね。

キャラ設定でジョブを選ぶときに、ひ弱じゃ戦士になれない。体格良けりゃ盗賊になれない。
そのジョブを極めるには、それ相当の体が必要になるわけ。
えと、人間の場合で考えてます。他種族はまだ。

その体も色々選べるから、戦士に使い盗賊とかも出来るんだけど、
最終的な奥義スキルは盗賊用の体じゃないと不可能なんだ。戦士もそう。

そこで救済企画として、骨密度や筋肉量が高いと重くなる。逆は軽くなる。
だからガタイが良いけど軽い盗賊とか、小さいけど重い戦士とかが可能jになるんだ。

骨密度や筋肉量、腱の太さとかでキャラのバリエーションが増えるんだ。
勿論背の高さもあって、デカすぎると盗賊の場合は隠密行動が難しくなる。
背が低い戦士は移動が遅いし、アイテムが多く持てない。

腱の太さは頑丈さになるのかな。えと、防御力の源になる感じ。
防御力の裏付け的なことにしよう。いや、腱の太さは体全体に言えることだから
素のステータス。骨密度、筋肉量、腱の太さは素のステータス。

その人が持つ基礎的な生命力?バイタリティーだな。
これに色んな要素を肉付けしていくんだ。背の高さも加えよう。うん。
身長、骨密度、筋肉量、腱の太さの4つが体を作る基本なんだ。主人公の素体。

このパラメータをいじることで色んな体のバリエーションが作れるんだ。
まだ素体だけど完成じゃない。あとは何が要る?遺伝と家系か。

まず家系はご先祖様が戦士なら戦士のスキルが取りやすくなる。
盗賊や魔法使いもそう。先祖の家系と同じジョブなら、スキルが取りやすい。
違うジョブなら、スキルポイントの獲得量がちょっとだけ少ない。
だから成長速度が遅い。

一番大きな違いは、ジョブに向いた体格を選べば、スキルを全部入手できる。
ジョブに向かない体格なら、全部取れない。あるところでストップする。
それがジョブに向いてないキャラの限界。

魔術師に進みたいけど、盗賊も戦士にもなりたい。これは不可能だ。
魔術師には魔術師向けの精神力や知恵が、盗賊には盗賊向けの素早さや器用さが、
戦士には戦士向けの強さやタフさが、それぞれ必要になる。

それぞれのジョブに向いた体があって、スキルに限界があるから
プレイヤーは試行錯誤する。それがおもしろさにつながってる。そう思う。

スキルマップが天の川で隠されてて、既に入手したスキルと今取れるスキルしか
表示されない。スキルを取って行けば、天の川が少しずつ晴れていく感じ。
だから最初のキャラメイクで作った体には、どんなスキルが隠されてるのか。
どんな潜在能力が残されてるのか。それをプレイしながら解き明かす。
当然スキルの道が閉ざされるかもしれない。

少しの不便があるから色々試す。それも面白さにつながってるんじゃないかな。
オリジナルRPGの狩猟は、風を読み、においを嗅いで獲物を狩る、その方法とアイデアに続く

FC2 Blog Ranking人気ブログランキングへ
お疲れ様でした。
関連記事
Posted byぼんごれ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply