無料ブラウザMMORPGエデンシェイド アドベンチャーノートpart2 過去

ぼんごれ

このシリーズは、ぼんごれが無料ブラウザMMORPGエデンシェイドで歩んできた道のりや
出来事を思い出しながら、これからプレイする人の参考の為の記事です。
ま、その時はこんなことがあったんだよと、こういうプレイもできるよと、
プレイ日記とは違ったセナルスを旅した記憶を書き記すシリーズです。

複数存在したカテゴリを一本化して、記事に今までなかった順番リンクを付け、
記事を整理しました。そのせいで書き方や色々おかしい点がありますが、
修正してあるので、順番に見て頂けるとぼんごれの過去の道のりが解ります。
samu_road

セナルスの地図
eden_search_map

前回アドベンチャーノートpart1へ


俺がエデンで初めてレイドに参加したのは、多分1代目の時で渇きの荒野レイドなんだ。
レイドの目的はデゼルまで辿り着くことだったと思うんだけど、そこまで行けなかったから、
渇きの荒野だけで終わってしまったんだ。
本当に相当前になるんだよね。数年前。まだ冒険者がわんさかいた頃なんだ。考えられないww
こういうこと昔話になるんかなー、2006年か7年あたりだよ。うん。

誰かは何となく覚えてるけど、実際に何を言われたとか、レイドの前と後はどうしてたとか、
どんな会話をしたとかって覚えてないんだよね。断片的な記憶しか残ってないんだ。
コボルドシャーマンがすごく怖かった。何度も死んだし、何かでその人を待たせていたような記憶がある。
俺の事だから、恐らくコメントの返しだろうと予想は付くww遅いんだよなーwキーボード打つのがさw
何を話せばいいのやら、どんなこと言えばいいのかって、考えてると手が止まるんだwww
焦って焦って何もできずに終わったような気がするぞww

レイドは確か途中参加か、、、待てよ、、あの頃は支給品を受け取ってた記憶もあるんだよなー。
だから始まる時にはいたような、、、いやいや、途中参加だわ。そうそう、レイド中にもらったんだと思う。
この俺が準備万端で待ってるなんてことは無いだろwありえんぞw
そんなさ、そんな、、今とは違うんだ。今とはね。
試しに恐る恐る行ってみて、雰囲気を壊さない程度に楽しんでたはずだww
肝試しかよwwwでもそうだったんだから仕方ないww

そうそう、渇きの荒野で拾える兎皮紙(トヒシかな・羊皮紙みたいなもの)の使い方がわからなくて、
その人に聞くに聞けなくてまごまごしてたのは覚えてます。wスキルが無かったんだと思う。
他の人たちは先に行っちゃうし、荒野にいるのは俺とその人とあと1人か2人位だと思う。
いやー恥ずかしいw思い出すだけで恥ずかしいww
とにかくコメの返しを考えてたらレイドが終わったんだ。何を言おうかとか、なんか言わなきゃみたいなね。
俺の初めてのレイドは、そんな焦りまくってまごついて終わったレイドだったんだ。
こんなさ、こんなだからあの時、2013/01/04 新年あけおめ芳香レイド ≪前哨戦≫と≪本戦≫の
2回も企画したんだ。でなきゃおかしいよ!
レイドの主催に慣れる為って書いたことあるけど、実は、コメント返信に慣れる為でもあったんだ。
訓練だよwwレイドを楽しむための、主催になる為の訓練w
俺も番茶のみんなも予定が無かったからさ。それじゃあってことで2回やったんだ。

ここまで見てくれた人は解るだろうけど、俺は相当な引っ込み思案で内向的な性格してますwww
人見知りするし、人の目を見て話せません。無理ですwww
こんなだから出来事欄がいつまで経っても微動だにしなかったんだよなーw
かなりgdってきたな。
最初に参加したレイドは、ハッキリ言って面白いレイドじゃなかった。かなりしんどかったw
その原因は俺にあるんだけどさ。
けど、今ならきっと面白いレイドになってたと思うぜ!レベルが上がったことを抜きにしてもさ、
今なら弱くても楽しんで参加してたと思う。うん。
だから、俺が企画するレイドは誰もが思いっきり楽しんでほしいんだ。何してもいいよ。
俺はこんな過去を忘れたくないし、変わっていきたいからレイドを企画するんだ。
ちょっとカッコつけすぎかwあははw
次回に続く・・・
ダメなときほど運はたまる ~だれでも「運のいい人」になれる50のヒント~ (廣済堂新書)ダメなときほど運はたまる ~だれでも「運のいい人」になれる50のヒント~ (廣済堂新書)
萩本 欽一

廣済堂出版 2011-01-18
売り上げランキング : 12240

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
基本、運は信じていません。運は自分が種を撒いて育った収穫物でしょ 俺はそう思うぜ
俺が言いたいのは、何もしなくてもいい結果が出る、つーことじゃないんだ。
運には結果が付き物だよね。棚を開けたらぼた餅があって、食べたらうまかった。
その結果を出すには原因があって、棚開けたことが原因で、旨かったつーのが結果。
その運てのは、棚にぼた餅がある場所に居ることが条件であり運でもある。
で、何気なしに棚を開けてみようかなーて思ったことも運だと思うんだ。
だからこの場合は、まずはその場所にいないと、運が舞い降りる条件が成り立たないんだ。
この前提条件をクリアしてないと、ぼた餅にありつけない。これがまず一つ目。
次に棚を開けてみようと思って実際に開けたことが第二の運だと思う。何気なしに開けたこと。
でもこれって何か食いもんをって家探ししてた場合だと違うんだよなー。
これだと棚ぼたのありがたみが薄い。運じゃなくなると思う。棚ぼたではないな。あったつーだけ。
何気なしにたまたまってところが、思いもかけない所からつーのが運だし、
その時に運が降りてきたんだと思う。
だから、運を収穫するにはそれなりの条件を満たしてて、さらに何か不意の要素が必要だと思う。
ま、これは棚ぼたの場合だけどね。別の運が巡ってきた場合は違ってくると思うんだけど、
単に「運が良い」つーのは何もない所から運は生まれない。宝くじだって買わなきゃ当たらない。
宝くじを買う人の中で、さらに一等の宝くじがまだ売店のどこかに眠ってる状態で、
さらにその一等当選くじをバラでも連番でも買う人が指名して、店員が手にしたくじの中から
一等当選宝くじを引き当てることが出来る。これほど条件が幾つも絡み合って、
沢山のくじの中から一等当選くじを引き当てるのは、運だけじゃない。
条件を全部クリアしなきゃね。しかも、その条件はくじを買う人は解らない。
売店の店員さんも分からない。一等が出た売店は条件としては良いだろうけど、
一等くじがいつ売店に運び込まれるか、売店のどの位置にあるのか、全く分からない。
宝くじで一等を当てようなんて、運なんかよりも奇跡に近いと思う。それくらい天文学的。
だから俺は運に頼ったり、楽観的に物事を考えるのはしたくないんだ。
結局ね、場合によるけど、運つーのは条件がある。その条件をクリアした者だけが
運を手に入れることが出来る。その条件のフラグを立てる為に、運の種を撒くんだ。
その運の種は日常生活の所々に落ちてるんじゃないかな。
一等を当てたタクシーのおっさんだって真面目に仕事してた訳でしょ。それが条件。
で、宝くじ買いにいかない?て言ったお客さんも条件であり運である。
で、たまたま買った売店も運だし、一等を引き当てたのもまさに運。
運を掴む条件が何なのかは俺には分からないけど、条件を満たさないと運は掴めない。
だから、何もしなくても運は舞い降りるなんてことは絶対にない。俺はそう思う。
関連記事
Posted byぼんごれ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply