無料ブラウザMMORPGエデンシェイド アドベンチャーノートpart46.5 Lv408 チーム全員魔法属性マスター

ぼんごれ

このシリーズは、ぼんごれが無料ブラウザMMORPGエデンシェイドで歩んできた道のりや
出来事を思い出しながら、これからプレイする人の参考の為の記事です。
ま、その時はこんなことがあったんだよと、こういうプレイもできるよと、
プレイ日記とは違ったセナルスを旅した記憶を書き記すシリーズです。

複数存在したカテゴリを一本化して、記事に今までなかった順番リンクを付け、
記事を整理しました。そのせいで書き方や色々おかしい点がありますが、
修正してあるので、順番に見て頂けるとぼんごれの過去の道のりが解ります。
samu_road

セナルスの地図
eden_search_map

アドベンチャーノートpart1へ ←前回part49へ

Lv408 チーム全員魔法属性マスター

チーム番茶と魔法属性の関係


魔法属性マスターに関する詳しいことは、Lv310 地属性マスターをご覧ください。
ここではチーム番茶結成とその活動や、チーム全員がマスターになった時のことについて
書こうと思います。

チーム番茶のちゃっぴーさんがセナルスを去って以来、チーム番茶に関することを
記事にするのは、何となく避けてきました。
それでも書こうと決めたのは、何ですかねぇ、ねとさんとアーさんも大事だし、
ひょっとして別の名前でセナルスにいるかもしれないと思えるようになったこと。
それと、ちゃっぴーさんが去ったあの時から時間が経ったことかもしれません。

チーム全員がマスターになったこの時は、そりゃもう嬉しかった。
まだヒヨっこ冒険者だった時にチームを組んで、みんなが一緒に成長していた時です。
進め方は個人差があるけど、好きな武器や攻略場所、レイドのことや進み具合のことを
話したりしていました。

1代目と2代目の冒険者の時にチームに憧れて、3代目の今度こそチームを作ると決めて、
やっと念願のチームを作り、レイドやオーブまとめをチームの活動として楽しくプレイしていた。
最初はみんながマスターになればオーブまとめが楽になるから、という理由だった
かもしれないけど、本当はオーブまとめは副産物で、何かしらみんなで話し合ったり、
一緒にレイドして楽しくプレイできればそれでよかったんです。

それは1代目と2代目の時のセナルスの印象が余りにも強かったからですね。
今と違って冒険者がわんさかいて各地でキャンプしてたり、チームが沢山あって
楽しそうに、賑やかに活動してたこと。あの時のエデンシェイドの雰囲気は今でも忘れない。

エデンシェイドが出来てすぐか、少し経った頃だと思います。
昔話になってしまいますが、1代目の登録の時は蹴られましたからw。
何回か蹴られて、ようやく登録できました。
エデンに入ったあの時の雰囲気は、ハンターでごった返すドンドルマのハンターズギルド
そのもののようでした。(モンハン2やってないけどw)
色んな人がいて、色んなことやってる。賑やかそのもの。楽しい雰囲気。イイ!

そういう空間に初めて入って、楽しさと緊張が入り混じった感じでしたね。複雑な感じでしたw。
そうは言っても他人とチャットするなんて何を話せばいいのか解らず、結局一人で探索。
なけなしの勇気を振り絞ってレイドにも参加したけど、あんまり面白くは無かったんだよなぁ。
何を話せばいいのやら、書き込むのが遅いやらでさw。楽しめなかったw。

いろんなチームが存在してて、チームごとにレイドとか難所攻略をしてたんですよね。
そういうのを掲示板で見てて、いいなぁ、って思いました。みんなで集まってレイドや
雑談とか、何でもいいから俺も混ざってみたいなぁって。
そういうことがあったからですかね、ようやく3代目のぼんごれになって、
存続してるチームが無いにもかかわらずチームを組んだのは。嬉しかったですよ。本当にね。

こういう事情が俺にあったってことですね。
そうしてちゃっぴーさんとアーさんとねとさんとでチーム番茶を組んで、レベル408の時に
チーム全員が魔法属性のマスターになりました。

この辺で今回は終わりです。ご覧いただきありがとうございます。
お疲れ様でした!ノシ →次回に続く・・・
関連記事
Posted byぼんごれ
無料ゲームMMORPGエデンシェイド冒険の書

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply