モンスターハンター×ガンプラ パッケージアートのジオラマ製品化プロジェクト その3

ぼんごれ

このシリーズはモンスターハンターとガンプラが融合した、
全身フル可動のリオレウスと多関節支持棒と主人公が付いた
展示ベースジオラマの製作プロジェクトのためのアイデアを書いていくシリーズです。
モンハン(無印)のパッケージアートが完成予想図です。(完成するとは言ってない)

rioreusu_3d_model_2

初回はこちら ←前回part2へ 
初回から見ていただくと、ぼんごれがやりたいことがよくわかっていただけると思います。
投稿は不定期。20:30投稿予定。


なんで今更リオレウスのガンプラが欲しいのか。似たような可動モデル売ってんじゃん。
そっちの方が完成されてるし、カッコいいし、今更レウスかよw。馬鹿じゃねーのw。

俺もそう思う。商品として出来上がってる可動モデルあるし、それ買えよww。そう思う。
でもね、全然違うんだよ。可動モデルあるけど、全然納得いかないレベルなんだよね。
売り物としての完成度を維持しつつ、値段と作業工程とかそういうの考えたら、
アレでいいのかもしれない。既製品でね。でも、俺は全然納得できないから、
納得できるレベルの物ではないから、あれこれ考えてるんだよね。

その俺の理想と現実の既製品との違いを全部書き出しても意味はないし、
それするなら文字じゃなくて画像だし。細かい所なんて解らないよ。
完全に俺のこだわり。リオレウスの可動とフォルムの両立に対する、
俺のレウスへのこだわり。

そのこだわりを上手く伝えられればいいんだけど、出来なくてもどかしいし、
これ以上記事を書いてもしょうがないから、このシリーズは今回で最後にします。

こういう複雑な立体物はね、初心者がCAD使おうとしても難しすぎます。
ペイントでもどう伝えたらいいかわかりません。手詰まりです。
何か出来たら、何かできるまでは、このシリーズはお休みします。

ま今回何書こうと色々調べてたんですが、こういう結末になりました。
他にはね、
Marmoset Viewer - Fan art Liolaeus/Rathalos(MonsterHunter)
これは凄いよ。一見の価値あります。どうやったらこんなの作れんの?
3Dモデルだけど色んなところグリグリしてじ~~~っくり見ました。かっこええ!。
rioreusu_3d_model_1
rioreusu_3d_model_2
力強く美しい、惚れ惚れするフォルム。このフォルムが自由に動いて
アクションをつけられたなら。ああ、鷹匠ならぬリオレウス匠になってみたい。
それで観察日記をつけたい。胴体にハーネス付けて一緒に散歩したい。
ハーネスはかわいそうか。じゃ、乗りたいw。背中に乗って、空から見てみたい。

俺よりも大きいと間違いなく食われるから、じゃあカラスサイズはどうか。
猛禽類のワシ・タカじゃ大きすぎる。エサだって大変だ。じゃあハヤブササイズ。
それかトンビサイズはどうだろう。トンビだって立派な猛禽だぞ。
トンビを間近で見ると恐ろしいくらい怖い目をしている。猛禽の目だ。カッコいいぜ。

なんとかこのカッコいいフォルムと可動を両立したフル可動のリオレウスが欲しいの!
ダメ?今は21世紀だよ?何とかならんのか?orz 誰か俺の願いを聞いてください。
お願いしますー。これガンプラで再現できたら凄いと思わん?バンダイさんおなしゃす。


成体のリオレウスがこれだけカッコいいとなると、子供の幼体を見たいと思いませんか?
いるはずないって?ゲームのモンスターだから?ところがちょっと違うんだな。

リオス種(リオレウス・リオレイア)の幼体は現実に存在する。

嘘だと思うだろう。俺もそう思った。どこのアホがリオレウスのUMAだと。
UMAですらねぇと。ゲームの中のモンスターが現実にいるわきゃないと。
アホじゃないのかと。トチ狂ったおっさんの戯言だと思うがいい!
俺はそれでもかまわない。でもさ、

そうだとしてもいるんだなぁ、これが。















出典:http://p.twipple.jp/QWXR4
arumajiro_tokage
アルマジロトカゲの子供です。
これどう見ても俺にはリオレイアの幼体にしか見えない。翼が無いのが悔やまれるorz。
尻尾を口にはさんでるのがチャームポイント。しかも群れを作って生きているらしい。
かわいい。かわいすぎる。かわいすぎて切ない。はああ~ん。20万円ほどするらしい。

俺が心の底からプレイしたいモンスターハンターは、今の延長線上じゃなくて、
原始的な武器(大剣、片手剣、ランス、ハンマー、弓)で、
ザ・ロング・ダークみたいなフィールドで、制限時間が2~5日(ゲーム内時間)くらいに長くて、
剥ぎ取れる素材が沢山(解体に近い)あって、1頭1頭が命を懸けた真剣勝負みたいな
真の意味でハンティングライフが味わえる、そんなモンスターハンターをプレイしたい。

解ってた!無理だってwwでもぉ~

猟師が何日も山を駆け巡って、やっと見つけた熊代わりのリオレウスを撃つ。
そんなマタギゲーム(モンハンではなくなるが)がいい。でも究極はそれなんだよ。
猟銃じゃゲームが面白くないから、近接武器と弓だけ。そんなモンハンが欲しい。
モンスターは無印のを3倍増しで硬くして、そんでデカくする。疲れはしない。
そんな感じの超現実主義のモンスターハンターがいい。

もっと言えば、いくら高級な素材を使った防具だろうが、
モンスターの一撃で瀕死するレベルの難しさがあってほしい。
モンスター討伐と武具作成がメインではなく、フィールド探索と強すぎる1頭のモンスター
をメインにしたゲーム。これこそハンティングライフのゲームじゃないか。

5分やそこらで討伐されるモンスターじゃダメ。そっか!討伐じゃなくて、捕獲すりゃいいんだ。
モンスをもっと小さく(2~3m)して、見つけづらくして、居場所を突き止めて、捕獲する。
そんなモンハンもいいな。


それじゃこの辺で。また何か思いついたら書こうと思います。
それまでこのシリーズの投稿は中止します。
ここまで見ていただき、ありがとうございます。お疲れ様でしたノシ
関連記事
Posted byぼんごれ
モンスターハンターガンプラ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply