ローグライク系無人島脱出サバイバルWaywardプレイ日記第二部part3 4日目 停滞

ぼんごれ

ローグ系無人島脱出サバイバルゲームWaywardプレイ日記第二部
前回までのあらすじ

岩の裂け目に仮拠点を決め、そこでサバイバルライフの準備を着々と進める。
不安な防御力アップのために素材を入手・加工し、鍛造炉を作り、
なんとか今できる可能な限り頼りになるアイアンシリーズの防具を作ることに成功する。
水問題などまだまだ不安は拭い去れないが、それでも必死に生き延びてきた・・・

無人島脱出サバイバルWaywardプレイ日記第二部part2の続きです。
前回第二部part2へ← ↑第一部part1へ
第二部part1へ

毎週月・水・金曜の週3回、18時投稿の予定です。

前回のラストショット
wayward2_2_4

3日目は本当にキツキツだった。余裕がなかった。
その理由は、アイアン防具作成のために色んなことをすっ飛ばして完成したからだが、
他の部分が何一つ足りていない。素材集めも飲み水の用意もまだまだ。
果たして今後、3日目の行動がどう響いてくるやら。

3日目夜


真っ暗になる前に少しでも素材を拾ってこよう。
北の出入り口から出るとホブゴブリンが出待ちしていた。
ここは戦ってみる。アイアンシリーズだし、ヤツとは1歩分余裕がある。
ダブルアックスに持ち替えて勝負だ。
無傷で勝利。流石アイアンシリーズだぜ。苦労して作った甲斐があるってもんだ。

ただ、この装備のせいで重量物の丸太などをほとんど持てない。
すぐに最大重量を超えてしまい、歩くこともままならなくなってしまう。
防具を一部外すか、それともピストン輸送するか。このどちらかしか方法は無いな。
とにかくこの重さが原因で島の探索がはかどらないのは、今最大の課題だ。
上限12kgの間でなんとかやりくりして、ピストン輸送するしかなさそうだ。

蒸留水を作ろうと浜に出ると、リビングロックが佇んでいた。
討伐して石灰石1、鉄鉱石1、タルカム1をゲット。ナルガクルガのようにおいしい敵だ。

フラスコを作って良かった。これとキャンプファイヤーさえあれば、
どこでも海水を汲んで飲み水が作れる。

朝が来たら昨日のハーピー戦で探索を断念した資源が眠っている場所に行こう。
今日の夕食は作っておいた調理済みのペミカン。それと水だけ。
修繕になれてきたとはいえ、ガラス製品や鉄製品の補修にはまだ失敗続きだ。
寝る前に羽で投擲の練習をしておこう。
この練習がいつかきっと自分を助けることにつながると信じてるからだ。

よし、寝よう。明日も早いぞ。

深夜か?早朝か?まだ薄暗い。火は消えているが、もう一眠りしよう。

4日目昼


おはよう。もう明るい。それじゃ支度しよう。
蒸留器の水を汲んで、代わりの生水を汲んで来ようと外に出たところ、
ハーピーに匹敵する強敵が7時の方向にいた。
wayward2_3_1
ファイヤーエレメントだ。森を燃やされては堪らない。攻撃に移る。
後で後ろのジャイアントラットも頂こう。

おうし、ファイヤーエレメント氏、それとオオネズミ2、毒ぐも1の討伐。
古い説明書きもゲット。これで何か新しいレシピが作れるようになるだろう。

海水を汲んでキャンプに着火。蒸留完了。楽ちんだ!
そしたら出かけて来よう。

あれ!?アキオがいない?アキオォ!ま、いいかw。
いた!前回のハーピーとの戦った近くにいた。無事で何より。

やっぱりあのハーピーの先には資源があった。それも沢山!
どれもちょっと掘れば出てくる便利な場所にある。でも地形が複雑で行けない場所もあるな。
まずは持ち帰ってまた来よう。

まだまだ採掘しきれないが、鉄鉱石は13個、石灰石は4、タルカムパウダーは7、
カーボンパウダーは3つ入手した。
欲しいのはガラス精製に使う石灰石。これが圧倒的に足りない。

そろそろ地図作成もしないと説明できないな。
この島は大きい代わりに内陸の地形が凄く複雑だ。そこも把握しないと拠点が作れない。
にしてもまずは海岸線の地図を作って、それから内陸の地形を調査しよう。

4日目夜


そろそろこの仮拠点も狭くなったし、出入りが面倒くさい。
今日の日中、少しだが島南東部~島西部中央を見てきた。
驚いたことは、砂岩の山が少ししかなかったが、南東部にでっかい砂岩の山があったことだ。
もう十分すぎるほど。

道具の修繕に毎回ハンマーを使うけど、あの砂岩を使えば大量の砥石が手に入る。
その砥石を持ち歩けば、ハンマーの耐久の消費を防げるかもしれない。
石のハンマーならすぐに作れるが、それだけ素材採取が一々面倒になる。
そこを鉄のハンマーに変えれば、高耐久で予備のハンマーを持つ必要が無くなる。
鉄のハンマーと砥石さえあれば、重量も軽くなるし探索が楽になるに違いないはずだ。

おし。いいぞ!良い感じだ。

明日は資源採取はやめて、島の地図つくりと拠点候補地の選定に出よう。
あいにく島東部には埋蔵資源は少ないが、この辺まで掘りに来ればなんとかなるだろう。
経験値にあたるタレント値は4万8千。そろそろ亜種が出現し始めるころだろうか。
アイアン装備は正直ぬるすぎる。革製の防具にしたい。そう思っているが、
ファイヤーエレメント亜種の強さを考えると、脱ぎたくても脱げない。

集めてきた石灰粉と砂を加工した微細な砂で硝子板を作ろう。
とは言ったものの、ガラス板を作るには微細な砂が3つ。これが1つ3kgと重いんだ。
微細な砂に加工しても2kg。砂がもっとほしい。採ってくるか。

それじゃ炉に火を入れて作るとしよう。
レンズも作っておこう。望遠鏡のレシピが解らないが、レンズは必要なはず。
2個くらい作っておきたいな。おし、できた。
次はガラス板だ。
3つ作った所で石灰石が尽きた。結局ガラス板3つとレンズ2つしかできなかった。

タルカムパウダーの原料のタルクは数取れるものの、石灰石の埋蔵量が少ない。
明日もハーピーがいた谷で採掘しないとな。
それに硝子板が出来ても空き容器がなきゃ、太陽蒸留器が作れない。
今の水筒は4つ。皮が足りていない。

それじゃ今日はねるかーと思っていたところ、火にくべる薪を拾ったら
望遠鏡の作り方が分かった!
望遠鏡のレシピは、尖った物、レンズ2、丸太1、ひも1だ。
レンズ2つ使うのか。まあいい。望遠鏡を作ろう。
望遠鏡は1つ先のマップを見ることができる。地図作りや探索には欠かせない道具だ。
これでもっと正確な地図が作れるようになるだろう。良かった。

寝る前に太陽蒸留器を1つ作っておこう。
水筒が3つあれば何とか水分には困らないだろう。

そろそろ手狭になってきたこの仮拠点も引っ越したいな。
サバイバルしやすく、出入りも簡単で、作業しやすい本拠点が欲しい。
夜も遅いので今日はもう寝るとしよう。
今日はほとんど進展がなかった。明日こそは頑張ろう。

そうそう、アキオは元のこの仮拠点の南出入り口に戻ったようだ。
なんかヘビのくせに妙にかわいく見えてきたぞw。

それじゃ今日はあまり進んでないけど、この辺で。
ありがとうございました。お疲れ様です―。
次回に続く・・・
関連記事
Posted byぼんごれ
ローグライク無人島サバイバル脱出ゲームプレイ日記

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply