釣り場で釣った魚の塩焼きは極旨!家に持ち帰るとそうでもないねw

ぼんごれ

少しずつ書くことが無くなってきたが、大丈夫かwこのブログww
別に同じことを何回書いても良いんだけど、俺にはそんな書き方を変えたり、別の切り口なんて技無いからw
まー結局ね、同じようなことを書くことになると思うな。でも来てくれた人が全部の記事を見るなんてことは無い。
ぜーったいにありえない事だろな。そんなね、このブログ見て時間をつぶすなんて、有り難いことだけど、
凄く嬉しいけど、嬉しいんだよ!例えちょっとの間でも、記事を見てくれたことが俺は嬉しいなぁー。ww

あーそうそう、記事を書くモチベーション上げに相互リンクを考えてるんだけど、記事数が50を超えるまでは
俺からのアプローチつーか、相互リンクの申請はしないことに決めました。
だってさ、何つーか、申請する側としてある程度の記事数つか書いたことに対する実績?みたいなさ、
ある程度の訪問者数があって、そこからのリンクを辿って申請先のブログに読者が行ってくれるのがさ、
何つーか相互リンクを申請する側としての理想だと思うんだよね。

このブログの相互リンクはまだ無いしな。ねとさんのホムペだってこっちからの一方通行リンクだし。
だから、誰かのブログやホムペと相互リンクしてたとして、相手のサイトの読者なり、訪問者を
このブログを介して、ねとさんのホムペに行ってもらうような、そういう導線つか相互リンクにしたいんだ。
ただリンクを貼り合っただけじゃさ、何も人の行き帰がなさそうだから、とにかく記事を書いて、
書き溜めて、ある程度のボリュームに達したら相互リンクの申請を始めようかなーと。
そのボリュームの目安が50記事くらいかなーと。思います。

それに、このブログに来ていただいてる読者様をもっと増やして、相互リンク先のサイト様に
こんなブログと始めて相互リンクしてくれたお礼に、読者間の移動つーのもいいんじゃないかなー。
つまり、このブログに誰かのブログから相互リンクの依頼があった場合、定期的な訪問者数とか、
一定の訪問者数や読者数って凄く重要で、相互リンクをすると、その読者が俺のブログと相手のブログ
とを行き来したりするでしょ。リンクを辿ってさ。
その時に、読者数の無い、訪問者数が少ないブログさんと相互リンクするのは嫌でしょ。

難しいねw やっぱり、相互リンクって色々重要だし、手間もかかるし、管理も必要でしょ。
俺の考え方です。あくまでも俺ならどうするかー、と言う話です。
相互リンクを申請する時は、申請される立場で考えると、ある程度の訪問者数や読者数はあって当然だし、
それを裏付けるそれなりの記事数もあって当然。
訪問者数とか読者数が少ない、もしくは全くないブログとの相互リンクは、俺が申請される側だとしたら、
断るだろうな。恐らくね。ちゃんと管理されてる、読者がいるブログと相互リンクしたいじゃん。

それ位相互リンクって大事だと思うんだ。だからリンクの申請先様に迷惑を掛けたくないんだよね。
それが理由で相互リンクはしたくなかったんだよなー。誰ともさ。
外部リンクに頼らないでも内部リンクだけでどうにかなるんじゃないかなー、って思ってた。
これを実現する為には、やっぱり50記事以上は最低必要だしなー。でもこの案はやめて外部リンクします。
外部リンク、相互リンクはするけど、色んなけじめとして記事数50を超えたら相互リンクの申請を始めます。

それまではとにかく記事を書くことだね。釣りスキルの記事がなかなか書けないんだよなー。
気分が乗らないし、天気も悪い。あー!釣りしてーwww
あの、川を石で区切ってさ、そこに魚を放流するタイプの釣り場ってあるでしょ。あれ良いよねw
時間が経つと魚が全部下流に行っちゃうんだけど、放流してくれるし。
渓流とまで行かなくても、ほとんど渓流と同じような環境だから、空気がおいしいんだ。山だから。w

俺は虫が触れないからwイクラで釣るんだ。そう!虫つーたらさ、フライフィッシングは1度やってみたいなー。
あれ面白そうだよね!。うん。
釣りはね、面白いよ。ま、リアルな話になるんだけどさ、リアルな釣りは面白いよ。
釣れた時のあの感覚はさ、『魚に勝った!』これなんだよね。
たまにはストレスの発散に山とか、海とか、行きたいなー。近くの川の河川敷でリアルなキャンプとか、
あー!キャンプファイヤーとか、飯盒炊飯とか、キャンプ地で作ったカレーww食いてーなー。
懐かしむのは悪い事じゃないけど、現実はなんて厳しんだーwww

ogrebattle_the_empress例のタロットカード『The Empress』女帝
戦闘効果:味方全員のHP全回復。入手時効果:味方全員のCHA+1
CHAが上がるのはいいけど、これならマジシャンとかチャリオット、エンペラーがいいわwFC2 Blog Ranking人気ブログランキングへ
これからはじめる SEO内部対策の教科書これからはじめる SEO内部対策の教科書
瀧内 賢

技術評論社 2012-10-11
売り上げランキング : 6428

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
やっぱりこれからは外部との関連付けじゃなくて、ブログやホムペの中の関連付けが重要なのか。
てことは必然的にページ数や文字の量、そして内部リンクてことになるな。サイト内部のSEO
(検索エンジン最適化)のメリットつーのは、自分のサイトの中だけで完結することなんだよね。
間違ってると解れば、いつでも修正が効くんだ。でも、外部サイトと相互リンクしてると、
ちょっとの修正でも相手のサイトに修正のお願いをしなきゃならない。
それにいつ修正してくれるのか分からない。修正してくれないかもしれない。それが面倒なんだ。
俺は一つの記事に出来るだけのことを書き込みたいんだ。だから一日一記事が限度。
それに言いたいことを幾つかの記事に分けるなんてことは出来ない。面倒臭いんだ。
とにかく俺の考えとしては、画像は最低限にとどめて、文字が主役じゃないとダメつーことまでは
何となく理解してるつもり。記事数を増やすには、俺のペースだとこのままが限度だから、
一日一記事を増やすことは考えていないんだ。あとは関連性のある記事同士でリンクを貼ること。
でもほとんどブログがリンクを貼ってくれるんだけど、手作業で貼ったリンクとブログが自動で貼った
リンクとでは、自分が貼った静的なリンクの方が有効なんだよね。動的なリンクは効果が薄い。
要するに、俺の場合は毎日記事を上げて、記事と記事とでリンクを貼る。これしかないと思うな。
相互リンクの依頼とかって最近はしないのかなー。相互リンク自体が有効じゃないのかな。
俺は解らないんだけど、一日に何十記事も書くけど内容が浅いブログと、一日一記事で内容を
詰め込んだ記事とでは、どっちが良いんだろうね。これはちょっと知りたいな。
どっちみち、俺は一日に何十記事も書けない。それに画像を貼るのが面倒臭いから最低限。
てことは、文字だらけの記事にするしかないんだ。こういう初心者向けのSEO関連の本は良いね。
関連記事
Posted byぼんごれ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply