ローグ系2D無人島脱出サバイバルWaywardプレイ日記part4 島探索2日目 迷子~帰還

ぼんごれ

ローグ系2D無人島脱出サバイバル系ブラウザゲーム、Waywardのプレイ日記です。PC版。
英語のゲームなので、WIKIから日本語MODをダウンロードしてお楽しみください。
まったりと無人島でのサバイバル生活を楽しみましょう!

なお、既にある程度プレイしています。初見ではありません。一通りクリア済みです。
臨場感やスリルを楽しみたいので、出来るだけWIKIは見ないようにします。
ゲームのバージョンはβ1.9.2。日本語MODのみ導入してます。
毎週金曜日18時投稿予定。アクシデント発生の為、前倒しで早く投稿します。

wayward_title

初回part1へ ←前回part3へ 

ローグ系2D無人島脱出サバイバルWayward 前回までのあらすじ

無人島2日目の朝。まだ薄暗い早朝に目覚めた。
朝食をとりその後、島の北端を目指して探索を開始する。
その途中、沖にサメの背びれを発見。またクモやオオネズミと交戦して素材を入手。
正午を回った後、スライムと交戦。海岸から離れる。
そのあと討伐に成功するが、迷子になってしまった・・・

2日目昼


地形を把握しよう。part3の始まりの浜より北の地形。
wayward_map2
part2の始まりの浜より南の地形。
wayward_map
まだ不完全だが、上の画像2つをつなげた感じがこの島の規模だ。
始まりの浜をポイントにして画像をつなげたとすると、この島は南北に長いことがすぐ解る。
それに大きい。

そして現在地。
wayward_3-8

ただ今絶賛迷子中なのだ。これらの情報から今の場所はどこなのかを考える。
ちょっと考えられないが、恐らく、九十九里浜の北と南の岬のどっちかだろう。
今までの移動距離からすると考えられないが、個人的な感想では、
毒グモの入り江付近にいると思う。
現在地画像の左下。海岸線の感じから多分毒グモの入り江だと思う。
そこまで進んでいたとは考えられないけど、見た感じではあの入り江に近い。

それでは始まりの浜に戻るべく、まずは北上を開始する。では浜に出よう。

なだらかな海岸線が続く。
俺の思惑があっているのだろうか。まだ解らない。
なお北上を続ける。

海岸線が西側に岬のようになっている。出っ張りだ。
多分ここは九十九里浜の北の岬だろう。

まだまだ進む。

よし!おっしゃー!
wayward_4-1
太陽の砂浜だ。俺の予想は当たっていた。もう少しで始まりの浜に帰れる。
頑張ろう。

沖にサメの背びれが見える。

wayward_4-2
戻って来たぞ!これで一安心。

今は真昼。喉の渇きは5/19(26%)だ。これを何とかしよう。
ビンの浄化水を飲んだ。水分は15/19(79%)まで回復。おし。
夕べのキャンプファイヤーに火を付けて、食事にしよう。

南海か失敗したのちに成功。焼いたクモを2つ食す。
満腹度はほぼ全回復。焼いた傷んだ肉は食わない。毒ってられっか#!

沼で生水を汲んでこよう。浄化完了。飲み水は2つできた。
次に欲しいものと言えば、石の蒸留器。まずこれだな。
石の蒸留器は石状の物3、尖った物、ひも1、棒状の物1、容器1で作れる。

このゲームはアイテム作りに関して、他のゲームのような決まったアイテムでなければならない、
ということはない。
要するに、欲しい機能を果たしてくれさえすれば、材質がどうであろうと構わない。

つまり、石の蒸留器はごつい石や岩のようなもの、尖った鋭利な物、結べるひも状の物、
保存できる容器のようなもの、丈夫な棒状の物。
これらが揃えば石の蒸留器は作れる。材質はどうでもいい。機能さえ果たしてくれればね。
こういう考え方は超現実的だし、これこそサバイバルなんだよね。これが良いんだ。

そしたら蒸留器を作りたいところだが、まだだ。まだ作らない。
蒸留器を作ったら水筒が1つ減ってしまう。水筒1つで探索はしたくない。
安心して喉の渇きの準備ができないからね。

そこで、狩りに行こう。オオネズミを狩る。
ありったけの木の葉を火にかけて、火力を上げる。そしたら出発。



獲物がいない。太陽の砂浜まで行って戻る。
キャンプの火が消えかけていた。裸の木を伐採して丸太を火にくべる。
そこでまたやってしまったorz 火の上に立ってしまった。火傷だ。

深い海に行ってドブンする。今回はなかなか治らない。
結局今回のやけどで体力を6ポイント失った。

その後獲物を探したがいない。
獲物を求めて周辺を歩いたが、この岩山はそれなりに大きく埋蔵資源が豊富。
小さい沼が点在してて、海に近い。かなりナイスな立地のようだ。
拠点はこの岩山周辺に作りたい。自然が豊富で資源にあふれている。最高の立地だ。
ただ砂岩の山があればもう言うことなしだが。獲物も少ないしな。

そしたら今日の夕食の準備にまた狩りに行こう。今回はこの岩山の北側を探す。
サメ海岸まで来た。獲物には合ってない。まだ探す。

一応赤い実を入手。日持ちがよく重さが0.1gと軽いのですごく便利。
それと木のキノコも入手。これも赤い実同様に持っておくと便利な食糧だ。

北の岬まで来た。獲物が一匹もいない。
島の東海岸に今行くと迷子になるから、今来た道を引き返す。
そのうちにこの島の全体像も把握しなければならないな。


4時の方向、木の陰にジャイアントラット発見!捜索開始!
wayward_4-3

海岸から森に入り、ぐるっと回ってヤツの正面に出た。
石斧の二刀流で一撃必殺!切り出して解体する。
その後はいつものように重量軽減と日持ち工作のために素材を加工する。

骨格は骨の棒に、内臓は腱に、皮革はタンニンとでなめし皮にする。
満腹度がゼロ。キノコ3つ全部と水を飲んで狩猟続行。

近くでアザミをゲット。
少し暗くなった。日没が近い。海岸に戻る。

近場で赤い実を入手。木のキノコは無かった。クモを討伐。重量オーバー。
荷物整理。キャンプに戻ろう。

火は消えていた。着火する。2回で火が付いた。
そしたら加工をしよう。

なめし皮が2枚ある。今は水袋が欲しいけど、ここはバックパックを作ろう。
バックパックは針状の物、なめし皮2、ひも2で出来る。持てる重量がぐんと増えるわけだ。
1回で成功!そして装備。

狩りの途中で拾った琥珀を火で溶かして道具の耐久を強化する。
溶けた琥珀4つを最初に作った石斧に使う。


赤い実と焼いたクモを全部食べる。満腹度はほぼ全回復。次は喉の渇きを回復。
骨の棒から加工を進めて骨の針を作る。これとひもで縫合針を2個作る。
出血時の体力低下に備える。

それと、最初からいたあの蛇に名前を付けよう。
名前は

A K I O。アキオだ。スネェェ~ク!
メタルギアシリーズのスネーク役、声優の大塚明夫さんにちなんでつけた。
あの忌々しさがなんだか可愛げに見えてきた。不思議だ。アキオ。


かなり薄暗くなってきた。
夜に備えて丸太のストックは準備しておいた。心配ない。
俺は焚火の番をしながら道具の修繕やアイテム整理などをする。
水も食料も準備してある。あとは二日目のこの夜を乗り切ろう。

明日は島東側の探索に出よう。この島の全体像を早く知りたい。
その後に島南部の南海干潟の調査をしよう。まずは島北部の調査だ。

今は第二四半期の晩。この島に来て二日目の夜が来る。
お疲れ様でした。→次回に続く・・・
wayward_4-4
関連記事
Posted byぼんごれ
ローグライク無人島サバイバル脱出ゲームプレイ日記

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply