新年早々ぼんごれの心の暗黒面の話とか近況とかプレイしたゲームなど。

ぼんごれ

新年、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

実は昨晩、寝ながら色々考えていました。
近況とか、エデンのこととか、このブログとか、何を書こうとか。
で、何を考えてもどん詰まりの状況で、何を考えても思い浮かぶのは、
僕の心の中のどす黒い暗黒面のことにたどり着くわけですよ。

それを書こうかなと思ったんですけどもねー、あまりにも重すぎるww。
不用意に見た人にねー、申し訳ないなーと。
バカじゃないの!?とか、頭おかしいだろwwとかねー、
思われるのは目に見えてるんですよ。

それを書いたところで何も解決しないし、恥をネットに流すだけだし、
それで何一つ好転するわけじゃないし。
今まで誰にも言ったことは無いしねー、まあ、よくあるトラウマというか、
誰にも覗かれたくない弱点なんですよ。絶対にね。

で、そのことでまあ散々悩みぬいたり、恨んだり、色々あるんですけどー、
最近になってそれに押しつぶされそうなのを脇へどかせるというか、
ヘルメットを小脇に抱えるような、そんなレーサー的なイメージで
それを横に置いといて、いつでも被れるような、そんなイメージですけど、
ま、ま、まあと、お前はいつでも相手してやれるから、今はどいといてね、的な。
そういう扱い方を覚えましたねー。

これでもかなり濁して書いてますけどー、これ以上のことは書けませんねー。
本当のこと書いたら間違いなくこう言われるでしょう。

お前、病院池#!ってねーw。
あ、ちなみに治す気もないので完治することは無いでしょう。


それと最近ハマってるゲームがあって、ま、これはエデンの進展があまりにも無くて
他のゲームに浮気してた時にいくつかプレイしてたゲームのうちの一つなんだけど、
昨日の草原でのあけおめことよろ雑談でアーさんに話したことなんだけども、
WAYWARD(ウェイワード?)っていう外国の無料のゲームですねー。

これは無人島サバイバル系のローグライクゲームなんです。
無人島にたどり着いてそこで木や石を拾って道具を作りつつ、飲み水の確保や食料の確保、
安全地帯となる拠点の確保、資源の確保などをしながら、島のどこかにある財宝を手に入れて
帰還するっていう、ドハマりしているゲームです。

英語力が絶望的な私にとって外国産(カナダ?)のゲームは敷居が高すぎると思ったんだけど、
日本語MODがあって凄く助かりました。
ゲーム自体はありそうで無いんだよね。似たようなのはあっても俺がハマれるゲームは少ない。
レトロなグラフィックと寂しいけど聞いてて飽きないBGM。面白いです。

今は島と島を泳がずに渡れる橋でも建設しようかなと思ってます。
その後に拠点の要塞化かなー。でも若干飽きてきたww。

前にもサバイバル系のゲーム、ドンスタとかに興味があるって話したと思うけど、
じゃあ、実際のところ自分が無人島に流されたらどうなるのかって話です。
石でどうやって刃物を作るのか。石器時代からですよ。
マイクラのTerraFirmaCraftみたいな世界です。

ユーチューブを見たりするんだけど、石や骨でナイフや斧を作る。
どうやって作るのかすごく興味があるんだよねー。うん。
実際にサバイバルする気はさらさらないけど、ゲームでやってることを現実でするのは
どうしたら良いのかってとこに凄く興味がありますねー。

これってWAYWARDの他にモンハン的でもあり、ハンティングしないと生き残れない。
弓矢の作り方や罠の作り方、罠の設置場所、罠の種類とかね。
ゲーム内では一瞬の出来事だけど、本当はどんだけ苦労して道具を作ってるんだと。
そういう昔の人の苦労とか、生きる知恵とか、生活を便利にするための苦労。
そんなことはどうでもいいんだよね。俺はただそういう映像が見たい。知りたい。
ただ、そういうゲームも大好き。

ゆーちゅーぶでstone knife makingで検索したり、英語力が絶望的なので見るだけで分かる
John Neeman Toolsが良いですねー。作業音好きにはたまらないですね。

こういうの見てて分かったことがあります。ゲームで出てくるいろんな武器って、
元はと言えば木こりが使う手斧とか肉屋の斧とか漁師の槍、鍛冶屋のハンマーl、
そういう職人が使ってた道具が大昔の戦争でそのまま使われたり、
それが今はゲームの道具や武器に使われている。僕にはそう思えてくるんですよー。

そう考えるとなんだかねー、うーん、、、、何を言おうとしてたっけかw
武器にしろ道具にしろ、時代の移り変わりによって洗練されてきたんだなーとか、
機能美とかねー、そういうのを感じますねー。

こういう映像を見るのは大好きです。職人の作業をじーっと見てるのは好きだなー。
つい最近見たのはつべのTraditional Finnish Log House Building Processですね。
木を伐採して丸太にして、樹皮を剥いで手斧で角材にして、家の土台を石で組んで
シュロの樹皮みたいな繊維を敷いて角材のほぞをミノで彫って、角材を互い違いに組んでいく。
これがログハウスの作り方らしい。
これ電動工具じゃなくて手斧で刻んでいく。凄すぎる。良いもん見せてもらいましたわー。


えーと、あと何を書こうと思ったっけかw。

あ!そうだ、他のゲームに浮気してエデンしなかった罪滅ぼしに、
無料ゲーム紹介サイトにエデンを推薦しました。
だからといって掲載されるかは知りませんw。
うーん、、そんなとこですかねー。


こんなかんじで今年もゆる~くブログして行こう。うん。
記事を書かないときもあるので、相互リンクはいつでも外していただいて結構です。

では今年もよろしくお願いします。
関連記事
Posted byぼんごれ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply