PixelJunk モンスターズ デラックス北米輸入盤(PSP)は、シンプルなルールゆえに戦術が奥深く敵キャラがキモ可愛い、タワーディフェンス系の良作RTSゲーム

ぼんごれ

PixelJunk モンスターズ デラックスはタワーディフェンス(防衛)ゲームで、
フィールドのあちこちから迫りくる敵から家(拠点)にいるチビ(子供)を守るため、
木が生えてる場所にキャノンやアロー(ボウガン)などの各種タワーを建てて
敵を撃破していく、パズル的な要素の高いリアルタイムストラテジー(RTS)ゲーム。

soft_samu_monsters_deluxe

PixelJunk モンスターズ デラックスの特徴


プレイヤーは家にいるチビを敵から守るために、各種のタワーを建てて防衛する。
チビたちが全員敵に襲われてしまうとゲームオーバー。
そうならないように、タワーの射程距離や攻撃方法、特性などを素早く判断して建てよう。

敵はウェーブという単位で、フィールドにある街道のあちこちから次々に出現する。
1ウェーブに登場する敵は基本的に一種類で、地上を歩いてくる敵や空を飛んでくる敵など。
その敵に対処するように、最適なタワーを建てて防戦しよう。
最後のウェーブにはボスが登場して、撃破できればステージクリアとなる。

敵を撃破した時にコインとたまにジェムが拾える。
ジェムは新しいタワーを開発するために集めて、必要数に達したらジェムを消費して、
建てられるようになる。
コインは開発済みのタワーを建てるときに必要で、タワーを建てるために必要なコインが
あれば、何基でも建てられる。

タワーを建てたら、ジェムを払うかその場待機するかで、タワーのレベルを上げることができる。
レベルが上がると攻撃力や攻撃範囲が広くなる。
レベルは1から5までで、レベルが変わるごとに旗の色も変わって見やすくなっている。

このゲームは敵が陸上型か空中型かを考えて、どこに何を配置すべきか考えるところが、
このゲームのミソ。
風船をつけて飛んでくる陸上型もいるから、最弱のアロータワーがないと風船を割れない。
体についてる風船を全部割ると、地上型タワーの出番。
こうしてタワーの数と場所などのバランスが良くないと、チビたちが襲われる。
しかもRTS(リアルタイムストラテジー)ゲームだから、悠長に考えている暇はない。
即断即決即行動がステージクリアの鍵。

まー、結構難しいゲームだけど、面白いね!このゲーム。
敵のルートを考えて、どこにどんなタワーを置くか。シンプルだねー。
で、レベルを上げて強くするか、お金に換金もできる。すると木に戻ります。

それに色んな敵が出てくるから、急いで対処しないと間に合わなくなる。
上手い人は先手を出して、後続の敵のためにあらかじめ手を打っておくんだろうけどね。
結果的に俺はいっぱいいっぱいになっちゃうね。テンパっちゃう。
奥が深くて面白い、良いゲームだわw。

PixelJunk モンスターズ デラックスのタワーの種類


  • アロータワー
    地上・空中のどちらにも対応できる万能なタワー。
    最初から使えて値段も安い。その代り攻撃は単発ずつで、威力も低い。
    が、攻撃範囲の広さと値段の安さで序盤から中盤まで頼りになる。

  • キャノンタワー
    最初から使えるタワーで、地上専用の終盤まで使えるダメージソース的なタワー。
    攻撃範囲は狭いし、攻撃再開までの時間が長いけど、高い攻撃力と爆風で周囲の敵を
    一網打尽にできるパワーを持っている。

  • アンチエアタワー
    最初から使えるタワーの3つめのタワーで、空中の敵専用。地上の敵は攻撃できない。
    マシンガンを空にぶっ放すため、攻撃速度は速い。アロータワーと共に空中の敵に
    対応しよう。中盤戦まで使える。これが無くては、空中の敵には無防備といってもいい。

  • アイスタワー
    冷たそうな外観から冷気を噴射するタワー。これが当たれば敵の移動速度が落ちて、
    周りのタワーから続々攻撃が当たるようになる。サポート専用のタワーだ。
    最初はクモの移動速度の速さに対処できないから、アイスタワーのお世話になりました。
    あんまり早いからびっくりするんだw。

  • テスラタワー
    電撃を地上に放つタワー。空中の敵には対処できないが、キャノンとアイスを併用することで
    敵を削って一網打尽にできる高い能力を持つ。
    レベルを上げて強化すると、凄いダメージをたたき出すようになる。

他にもそれぞれ特性が異なる各種のタワーがあるので、ジェムが集まれば建ててみよう。
中には一筋縄にはいかない敵が出てくる。その時までにジェムを集めてアンロックして
おかないと、チビたちがやられてしまう。
シンプルなルールゆえに残酷で、忙しく、奥深い。うん。

PixelJunk モンスターズ デラックスの敵の種類


  • クリ
    丸くて小さな弱々しい敵。体力や移動速度が低く、余裕で倒せるが、ナメテかかると集団で
    襲ってくるため、侮れない敵だ。

  • クモ
    すばしっこさに圧倒されて、しかもキャノンでは遅くて対応しにくい。アローの射程距離と
    キャノンの爆風を組み合わせて撃退しよう。どちらか一つだけでは対処が難しくなる。

  • クルクル
    クリの飛行バージョン。アンチエアタワーを建てて、アローと併用して撃退しよう。
    クリ同様に一つ一つの体力は低いが、数で押してくる。こっちもタワーの数で対応しよう。

  • チョキチョキ
    蟹のようなハサミを持ち、ヤドカリのような殻を持った素早くて硬い敵。
    まずはアイスタワーで足止めしてからキャノンの爆風で倒そう。

  • ジャイアント
    岩でできたゴーレムのような巨人で、移動速度が遅い代わりに防御力と体力が高い。
    遅さのデメリットを克服した、風船をつけて飛来するジャイアントも出現する。
    やっぱりタワーの数と種類と配置場所のバランスを考えて、対処しよう。

  • ボス
    ウェーブの最後に出てくるステージのボス。基本的には移動速度が遅い代わりに、
    防御力と体力が高く、さらにはある特定の攻撃を無効にするボスまでいる。

この他にも耐物理に特化した敵や、耐火・耐電・耐冷気、風船モンスターなど、
弱点を克服した色んな敵が出てくる。それに対応できるように、こっちもタワーを建てて
チビたちを守ろう!

PixelJunk モンスターズ デラックス


シンプルさと奥深さを併せ持った、忙しくてそれでいてやり込めるという、珍しいゲームです。
言葉なんていらないので、ルールさえわかれば誰でも遊べる。
お手軽さと戦略性が同居している感じ。シンプルなんだけど、タワーを建てる場所と種類を
考えないと、たちまちやられてしまう。なかなか一筋縄にはいかないゲームですね。

フリーゲームのMOFUYA DEFENCE[ttp://mofuya.com/flash/md/]という防衛ゲームを
プレイしたことがあるんですけど、やっぱりどこに何を建てるか。それが一番面白い所。
無計画に建てていると、必要な時に場所が足りなくて建てられない。
シンプルなゲームだけに、計画性と戦略性と決断が重要なゲームです。
ここが奥深くて面白い。

これはね、ハマるよ!難易度も選べるけど、イージーでも難しい時はある。
ノーマルは後手に回る時がしょっちゅう。将棋みたいに先手を打たないと、必ず後手に回る。
ハードは難しすぎ。でもこれは良いゲームですよ。将棋みたいなゲームで面白いんだ。

それに音も何ていうか言い方に困るんだけど、オトグラフ(Otograph)というアーティストで、
京都の古民家をオサレな雰囲気の喫茶店に改装したお店で流れてそうな音楽?
空間系電子音楽ていうらしいんだけど、日本の人たちかな?
あまりにも聴きなれない音なので、おっさんは戸惑っています。

CDのレビューもついてないし、まだ全国的ではないのかな?
全国的になろうとさえ思ってなさそう。一部の人たちに支持されていればいいって感じかな。
というより、海外からの評価が高そう。

涼音堂茶舗というレーベルで曲を作っているそうで、名前の通り清涼感のある音が特徴。
聴いてて耳に心地よいですね。寝る前に聴きたくなる。安眠できそうです。
シンプルで奥深い、良いゲームに良い音楽。

PS3でもダウンロード販売されてますが、今作のPSP版は北米の輸入版です。
日本のPSPでも動作可能です。輸入版といってもやることはシンプルなので、
慣れてしまえば違和感はないと思います。
俺みたいにダウンロードで正式版のゲームするのが嫌いな方、パッケージも保管したい方
向けのゲームです。

問題点は北米輸入版であること。でもやるべきことは至ってシンプル。分かりやすい。
何をすべきか把握したら、気付いたらどっぷりハマってることうけあいw。
ま、一般的なゲームじゃないけど、たまにはこういうゲームも好きですよ。
ゲームの視野を広げる意味でも、プレイして損は無いゲームですね。良作です。


ゲームソフトのご注文はこちらからarrow_greenPixeljunk Monsters Deluxe-Nla
モバイルからのゲームソフトのご注文はこちらからarrow_greenPixeljunk Monsters Deluxe-Nla(モバイル)
オトグラフのCDのご注文はこちらからarrow_greenオトグラフCD一覧
モバイルからのオトグラフのCDのご注文はこちらからarrow_greenオトグラフCD一覧(モバイル)


ここまで見ていただき、ありがとうございます。
京都のオサレなカフェ行きたくなったわー
関連記事
Posted byぼんごれ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply