検索されにくい記事の存在価値はどこにあるのか。人気ページランキングがすべての答えだ

ぼんごれ

ブログを作り始めてから今まで、種類は少ないですが、かなりの数の記事を書きました。
そこで、今までは妄想日記がメインだったけど、今後はゲーム紹介記事をメインにします。
その考えに至った理由を説明します。

samu_pc

なぜ今までのやり方を変えて、記事にかけるウェイトを、妄想日記からゲーム紹介記事に
変更するのか。今までのやり方ではだめなのか。その理由です。

この下の人気ページランキングがすべての答えです。
ランキングの上位を占めているのが、ゲーム紹介記事だから。
ジオニックフロント、連邦vs.ジオンDX、GジェネNEO、ワイプアウト、ガンダム戦記。

こういう記事が実際に検索ユーザーに検索されている。訪れる人も多い。
他のゲーム紹介記事も色々見てくれる。

妄想記事もポツリポツリと見てくれることもあります。でも圧倒的に低い。
妄想記事では起きなかったことが、ゲーム紹介記事では起こっている。
400記事も書いておきながら1日のUUが30程度。話にならなさ過ぎる。

もちろん妄想記事も書きたい。でもそれじゃ書いててむなしい。自分でもよく耐えたと思う。
なので今後は、ゲーム紹介記事をメインに書きつつ、妄想記事もたまに更新する。
そういうスタンスに変えます。なので、カテゴリの順位も変えました。

まずはゲーム記事を書きためて多くの人に見てもらうこと。
それで来てくれた人に「こんなのも書いてるよ」と、妄想記事もたまに更新する。
そうすれば妄想記事も見てくれるかもしれない。

UUが増えたらそういうことも可能になるはず。妄想だけではさすがに難しすぎる。
誰も見ない可能性のある記事を書いてては、ちょっと方向性が違うことに気づきました。

それでも妄想記事は好きだけどね。

その妄想の中には商品名や誰もがよく使う言葉、検索ユーザーが検索しやすい
キーワードなど。そういったことが全然含まれていない。だから検索されないんだ。
今のままをこの先続けてても、爆発的なアクセスは無理でしょう。先細りが見えてます。

もうジリ貧は嫌だ#!何とか脱出したい。

そう考えたら、こういう結論にたどり着きました。
ゲーム紹介記事でUUを集めながら、妄想記事の迷路に放り込む。
そういう作戦で行くことに決めました。ブログタイトルはあとで考えます。

記事の更新も毎日は難しくなります。過去記事の修正がまだまだあるので、
毎日書きたいけど、新しく書くより、修正に時間を使いたい。

そうだ。一つコツを書いとこう。

たまに記事を見直して、修正するべきですね。本当に劇的な変化があります。
今まで誰にも見られなかった記事が、大幅に変更したことで、少しずつだけど
アクセスを集めてくれるようになってきました。イイネもすぐ増えたし。
手ごたえを感じましたね。この路線で行こう。

報告は以上です。
こんな感じで頑張るぞ!こんなんじゃまだまだ満足できない。
もっともっと上を目指す。

お疲れ様でした。
関連記事
Posted byぼんごれ

Comments 5

There are no comments yet.
玉の緒  
No title

今日の記事、身につまされます。

私のブログも妄想のお話と乙女ゲームの感想だったりするんだけど、いろんな乙女ゲームの感想を入れることで、そちらから検索して訪れてくれる人がいる。
ちょうど配信されたばかりのとかをいち早く記事にすることで手応えはあります。
あと、乙女ゲームでは物語の途中で三択を選ぶことでお話が少し変わったり、好感度(エンドを選ぶ時に重要になる)の数値が違ったりします。それを自分が選んだ結果を公表することで、毎日見に来てくれる人ができました。

メインの二次創作のゲームは今配信停止状態ですが、その名前で検索してくれる人もあり、幅広くゲームを扱うことで結果は違ってくる気がします。

2015/07/31 (Fri) 08:29 | EDIT | REPLY |   
ぼんごれ  
あぁ、悩む。悩み過ぎてやめたくなるぅ~

玉の緒さんこんばんは。

ちょっと今ブログをどうしようか悩んでます。
やめたくなる兆候ですね。いかん。
それで方針転換を考えました。

最新のゲームを紹介するわけじゃないので、欠ける記事は過去のゲームになる。
元々数多くやって来たわけじゃないし、忘れてて記事が書けないこともある。
どうしよう。難しいですね。

決して自己満足で書いてないから、見てくれないとどうしようもない。
見てくれるには検索されやすい記事でなければならない。
となると妄想記事を頑張って書いたとしても、いつまでたっても検索されない。

難しいです。

コメントありがとうございます。

2015/08/01 (Sat) 00:13 | EDIT | REPLY |   
玉の緒  
No title

過去のゲームだとしても興味を持って検索してくる人はいるので、ゲームの紹介は有効だと思います。
私も何かを検索した時、ヒットして役立つのは数年前に誰かが書いた記事だったりするので、そういうのは長く検索されますしね。
書き溜めておくと資料としての価値(ブログ全体の)もあると思います。

それと、ゲーム紹介記事のぼんごれさんの文章はとてもノッてるというか、読んでいて楽しいです。
ぼんごれさん本人が楽しんでるなというのがよくわかって。

楽しそうな物に人は寄ってくると思うのでいいと思いますよ。

2015/08/01 (Sat) 08:08 | EDIT | REPLY |   
ぼんごれ  
Re: No title

玉の緒さんこんばんは。

ありがとうございます。ゲームは楽しくなきゃ。
辛い気分でも、読んで楽しさを感じれるように頑張ります。

コメントありがとうございます。

2015/08/02 (Sun) 22:45 | EDIT | REPLY |   
ぼんごれ  

拍手Thank you!

2018/04/06 (Fri) 22:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply