エデンで人狼ゲームやろうぜ 人狼の配役と各能力、各陣営の振る舞い方一覧 人狼編part6

ぼんごれ

人数が増えた時のために配役リストをまとめておこう。
書いたことが本当に合ってるかわからないので、チェックしていただけると助かります。
MMORPGエデンシェイド版人狼の配役と能力一覧
samu_jinrou2
前回人狼企画編part5へ

配役の能力とGMの作業


「食〇」は狼に食われること。×なら食われない。
「占〇」は占いで倒れること。何もなければ占いでは倒れない。

村人陣営

配役陣営判定食われ能力
村人村人陣営村人食〇なし
占い師村人陣営村人食〇夜の占いで占い先が村人か人狼かを知る。
占い先が妖狐なら倒すことができる。
背徳者もいれば妖狐討伐と同時に背徳者も倒せる。
GMは夜、占い師に占わせ、結果をメッセする。
霊能者村人陣営村人食〇昼に吊られた人が村人か人狼かを知る。
GMは翌朝、霊能者に昨晩吊られた人の陣営を知らせる。
狩人村人陣営村人食〇夜、村人のうち一人を警護できる。
狼は狩人が警護対象の村人は食えないが、狩人自体は食える。
仲間を守れる数少ない配役であり、決して昼に吊られないようタゲをかわすこと。
吊られそうなときはCOも可能。
その場合、高い確率で夜に狼に食われるが、警護されやすい占い師は生き延びる。
だが、COしない戦略もあり。でも吊られないことがベスト。
警護する場合は、昼のうちにGMに警護対象をメッセして知らせること。潜伏も可。
共有者村人陣営村人食〇二人ペアで、もう一人の相方を知ることができる。
会話ルールありの場合、夜間に会話ができる。(場所は?
GMは共有者に相方を知らせる。

人狼陣営

配役陣営判定食われ能力
人狼人狼陣営人狼食×人狼が複数いる場合、夜に限り、全体チャットで味方の確認と相談ができる。
夜間、村人判定者のうち一人を食うことができる。
ただし妖狐がいる村で、妖狐は食えない。
同様に、狩人がいる村で警護対象者は食えない。狩人自身は食える。
狼が複数の場合、GMは夜に全体チャットを覗いて、食われる村人を確認すること。
狼が一人の場合は、狼からの食いメッセを受け取ること。
狂人人狼陣営村人食〇狂人には何も情報が渡らず、仲間の狼が誰か知ることはできない。

妖狐陣営

配役陣営判定食われ能力
妖狐妖狐陣営村人食×
占〇
狼に食われない。その代り、占い師に占われると倒れる。

※チェック願います
狩人が要人を警護してる時に、狼が狩人を襲えば狩人は食われるのか。
狩人が誰も警護していない場合、狼に襲われれば食われるのか。
共有者の会話場所は?

以下の各配役の振る舞いは、これがベストではないです。
時と場合と風を読み、柔軟に考え、各個人がその時のベストな振る舞いをすることが、
自分の陣営を勝利に導くことに繋がります。
あくまでも参考にして、これをベースに考えないで下さい。これが正解ではないです。
振る舞いの考え方程度に抑えておいてください。よろしく。


村人陣営の振る舞い

    村人


  • 各プレイヤーの発言を参考にして、人狼らしき人物を昼間の終わりに投票して吊ること。
    役職なしのただの村人は能力を持たない。

  • 占い師


  • 村人陣営の最重要人物です。
    その為に吊られず、食われず、生き残って、占いで人狼を見つけ出すことが任務です。

    CO(カミングアウト)のタイミングは自由。
    開幕一番COしてもよし、潜伏して機会をうかがってもよし。
    狩人がいる場合は、COすれば最優先で警護対象者になり、最低1日は生き延びる。
    (狩人は占い師を警護して狩人が喰われるから)
    狩人がいない場合にCOすると、真っ先に狼に狙われるため、人数が減るのを待ちつつ、
    黒(狼)が濃厚になった段階でCOしたほうが良い。

    しかし、狼を探れる重要な役職のため、無駄なCOや潜伏死は避けたい。
    そのため、人物の明暗をハッキリ分ける即COも問題にはならない。
    白だと断定すればグレーがさらに狭まり、より濃厚になって
    人狼サイドを追い詰めることもできる。
    一人の白を断定して食われるか、次まで潜伏するかはその場次第。

    さらに、自分COの後に対抗(嘘の占い師)がCOしてきた場合。
    占い師は自分一人しかいないから、その対抗が黒(狼か狂人)でダマしてると分かる。
    さらに対抗が白の村人に黒を出し、黒の狼に白を出されると、
    村人にはどっちが真か対抗かわからない。狩人はどっちの占い師を警護するか迷う。

    しかし、別の狼はそれを見て、自分たち狼に白を出した対抗が、狂人か狼だとわかる。
    全体チャットで狼同士、狂人が誰でどうするかの相談もできる。

    真の占い師はどうしたら良いか、良く考えて発言・行動すること。
    自分の生存が勝利条件ではない。村人陣営が勝利してこそ自分も勝利できる。

  • 霊能者


  • 霊能者は、食われた占い師の真偽を、村人に伝えるのが任務です。
    狼が二人以上の時に限り、霊能者が加わる。狼一人では霊能者の出番はない。
    霊能者が占い師と違って軽視される理由は、上のように狼が二人以上の時であることと、
    一度占い師が狼に黒を出せば、二度目は狼を吊るだけ。なのでもう必要ないから。

    つまり、占い師がCOし、吊られるか食われたとする。
    翌日霊能者はその占い師の真偽を知り、占いで黒だと断定してたら、その黒は断定。
    白でも断定できる。
    占い師を騙った偽占い師が吊られるか食われたとする。
    翌日、霊能者はその占い師が黒だと分かり、占っていた人物の判定は逆で、黒なら白、
    白なら黒と言う断定ができる。

    霊能者はさっさとCOしたほうが良い。
    潜伏してても影響力は無いし、吊られるか食われるし、食われるくらいならCOしたほうが良い。
    一番怖いのは、霊能者が乗っ取られること。
    こうなると村人陣営にとって絶望的です。真占い師がCOしないまま食われ、
    偽霊能者が村人に嘘を信じ込ませることです。そうなったら村人陣営に勝ち目はない。
    そうならないためにも、霊能者はさっさとCOしたほうが、いろんな面でメリットがあります。

  • 狩人


  • 狩人は生き残ること、真占い師などの重要なプレイヤーを守り続けることが任務です。
    なので決して吊られず、食われず、タゲにならないように、のらりくらりと身をかわし、
    時には人狼サイドのように、また時には村人サイドのように、場面に合わせて
    振る舞いを変えるのが、生き残り続けるコツです。

    ただし、振る舞いを変えるということは、狼を黒だと断定してる村人から見たら、
    あなたは狼や狂人に見えて敵になり、吊られる可能性が高くなります。
    逆に、村人臭を漂わせていても、いつかは狼に食われます。

    この通り微妙な立場なので、あらかじめ食われることを想定して、ただの村人を装いつつ、
    狩人の可能性を下げる発言をすれば、自分が倒れた後も真占い師を守ることができる。
    つまり、本当は倒れてるが、あたかも狩人が生きているように見せかけること。
    すると狼は、占い師を簡単に食うわけにはいかなくなる。
    そうすれば、占い師は生き残り続けられる訳です。これも警護の一手です。

    狩人がCOするタイミングは、序盤ではなく、投票で吊られそうになった時です。
    吊られなかったとしても、COしたあなたは真っ先に狼に食われます。
    すると、他人を守れる狩人が倒れたということは、村人にとって痛手ですが、
    偽の狩人の出現を阻止できます。

  • 共有者


  • 共有者はお互いがCOして白確(村人断定)にし、グレーを濃くして無駄占いをやめさせ、
    結果的に村人陣営が有利になるように動くことが任務です。

    全員グレーの中で、「私は共有者で、相方はAさんです」。「私も共有者で、相方はBさんです」。
    と言えば、二人は白だと断定できる。つまり、グレーが濃くなり、狼をあぶり出しやすくなる。

    さらに、自分たちの身の潔白を信じてもらえば、発言に信憑性が出ます。
    そのため、議論のまとめ役になることもあります。

    プレイヤーが大勢でない限り、共有者の対抗(嘘の共有者)が出現することはゼロです。

    共有者の一人(Aさん)だけがCOした場合はどうなるか。
    Aさんは「私は共有者で、相方のBは潜伏中です」と言っただけで、Aさんは共有者です。
    なぜなら、Aさんが人外で嘘の共有者の場合、真の共有者がCOすれば、
    Aさんの嘘がすぐにバレるからです。
    なので、人外はこういうすぐにばれる嘘はつけません。よって、Aさんは共有者です。

    これと似た状況で、共有者トラップを張れます。
    AさんだけCOし、Bさんは潜伏中の状況。
    ここで偽の共有者CがCOした場合、Bさんが即COすればCさんは黒と断定できる。
    Cさんの嘘を暴くことができます。
    ただし、Aさんは生存し続けることが条件です。でないとトラップは壊れてしまいます。
    (Aさんがいないと、Bさんを証明できなくなるからです)
    Aさんが喰われないように、狩人がいれば最優先で警護してもらいましょう。

    夜間の共有者だけの会話場所が決まってません。
    ま、共有者が必要なほど参加者が集まればの話ですが。一応ね。

人狼陣営の振る舞い

    人狼・狼


  • 通常、人狼が倒れるのは、吊られた時だけです。
    なので、昼間の議論でタゲが自分に向かないように、村人を装わなければなりません。
    自分こそ村人だ。自分以外に狼はいるんだと、自分に言い聞かせながらプレイしないと、
    何かの拍子で、真の村人に自分は黒だ、狼だと勘付かれます。

    つまり、発言や行動が村人陣営のためでなければならないんです。
    村人陣営を勝利に導かせているように、村人に見せかけなければなりません。

    狼が複数いれば、夜間に相談して村人のうち一人を必ず襲います。
    襲わない理由はありません。

    襲う順位。
    1位、真占い師。
    2位、真霊能者。
    3位、白確プレイヤー。
    4位、切れ者。
    5位、グレー。

    1位の真占い師は狩人に守られる可能性が一番高いです。要注意で慎重に行動してください。
    2位の真霊能者は占い師ほどではないが、狩人の警護対象者です。要注意。
    狩人が守ってそうなら、真占い師を襲うべきです。
    3位の白確プレイヤーを食ったとしても、これ以上グレーは濃くなりません。
    襲ったとしてもなんら影響はないので、白確も食う対象になります。
    4位の切れ者や勘の鋭い人は、狼にとって邪魔な存在になります。襲いましょう。
    5位のグレーは襲う判断が難しい時に選択すべきです。狩人らしき人を襲いましょう。

    狂人がいる場合について
    狂人は村人判定でありながら、狼陣営です。
    しかも情報を持たず、あなたのことを知りません。
    ベストな確認方法は、狂人が占い師を騙り、あなたに白を出してきた時です。
    もしくは、あなた以外の村人に黒(狼)を出した時です。
    これであなたはその占い師が狂人だと理解できます。

    その時、あなたは偽占い師(狂人)を擁護して、反論してくる真占い師にタゲを向けます。
    (真)占い師は嘘をついてる。狼のような気がする。妖しいんじゃないの~。
    と、村人の注意を真占い師に向け、村人の意識を誘導します。

    たとえ、その偽占い師(狂人)が身バレしても、
    狂人を擁護していたあなたが狼だという証拠にはならない。
    なぜなら、偽占い師(狂人)はタゲを引き付けないように、嘘も本当も言うからです。
    狂人が吊られても、あなたは白からグレーの中の一人になるだけです。

    狼が一人しかいない場合について
    この間の第二回テストプレイのように、狼1、狂人1、占い師1、村人2の合計5人の場合、
    狼はどうふるまえばいいのか。騙るか潜伏か、良く考えましょう。
    その前に、初日占いで狼が引かれないことを祈りましょう。

    狼陣営が勝つには、狂人の騙り(嘘話)が重要になります。
    あなたが騙りに出るのは、非常に危険すぎるからです。
    狂人が吊られてもいいが、あなたが吊られると終わりです。

    なので、
    1、あなたは自分が村人だと信じ込むこと。自分こそ村人だ!
    2、すると、狂人の嘘話に反論することも必要になる。狂人にタゲを移すことも必要。
    3、狂人がこの動きを理解すること。
    4、あなたは生き残るために妖しい素振りを絶対に見せないこと。
    5、あなたは決して吊られないこと。

    このためには、真占い師を早期に吊るか食わなければ生き残れません。
    そこで狂人の騙り(嘘話)とCOが重要になるんです。
    なぜなら、真占い師に対抗が現れない場合、真占い師の占いが真実になってしまい、
    白確か黒確が出てしまうからです。つまり、グレーが狭まってしまいます。

    狼の理想的な状況は、全員グレーの中で狂人を見つけ出すこと。
    最低でもみんながグレーでなくては身を隠せないんです。
    白黒を分ける占い師が本当に邪魔になる。白黒分けてもらっちゃ困るんです。
    グレーじゃないと。

    そこを引っ掻き回してくれる狂人が騙ってCOしてくれないと、確実に狼は負けます。
    真占い師に対抗して狂人が占い師を騙らないと、明暗が付き、狼は負けます。
    つまり、狼陣営の勝利の鍵は、狂人が握ってると言っても過言ではないのです。

  • 狂人


  • 狂人は村人の意識を混乱させ、人狼サイドを有利に立たせることが任務です。
    それには対抗COが不可欠です。
    何度でもいいますが、狂人は村人判定でありながら狼陣営です。
    狼陣営を勝たせることが、狂人の勝利条件なのです。これを忘れずに。

    狂人は騙る(嘘をつく)ことをしないと、ほぼ狼陣営は負けます。
    騙りを見破られた場合でも、狂人が吊られるだけで狼は生き残れます。
    騙らない狂人は村人と同じで、狼にとって邪魔な存在でしかありません。
    騙ることが勝利への近道であり、騙ってこそ役に立つ配役なのです。
    何でもいいから嘘をつく。ばれてもいい。

    いつ、どうやって騙ればいいか。
    基本的に、村人から信頼され、かつ、狼とのパイプを作りつつ狼陣営を有利に運ぶには、
    占い師を騙って、とにかく白を出し続けること。これで村人からは信頼される。
    同時に狼に白を出すと、狼はあなたが狂人だと理解し、擁護してくれます。
    黒を出すと狼が劣勢に立たされるので、誰でもいいから白を出すのが鉄則です。

    1. 真占い師や真霊能者がCOすれば、対抗してCOすべきです。

    2. 初日全員グレー状況でランダムで黒を出す。または白を出す方法。
      これは全くの当てずっぽう。
      しかし、村人の能力者に黒が当たり、または狼に白が当たれば、
      自分が吊られても道連れにできるか、または狼を助けることもできる作戦。
      狼が2名以上いる場合のみ、使える作戦です。(1名では危険すぎます)

    3. 狼が騙り(嘘)で占い師COした時、狂人は騙ってる狼(偽占い師)に白を出し、
      白っぽい村人に黒を出し、狼の孤立を全力で防ぐべきです。

    4. あなたが嘘の占い師COして、誰も対抗CO(真占い師のCO)してない場合、
      その村には真占い師は潜伏中か、既に吊られたことになります。
      しかし潜伏中の場合はさっそくCOしてくるはずです。潜伏し続ける意味は無いはずです。
      COしないのは村人を不利にするだけなので、確率が低く、普通はありえません。
      それでもCOしてこないとなると、既に吊られた可能性が非常に高くなります。
      そうなれば絶望村になり、COしている偽占い師(あなた)は狼を探して協力し、
      狼陣営をたやすく勝利に導けるはずです。


    狂人の特徴を生かした作戦
    人狼陣営が村人陣営と同数になった場合でも、ゲームが続行できる場合があります。
    狂人は狼陣営でありながら村人判定という最大の特徴を生かす作戦です。

    狼と村人が同数で、狂人のあなたがいる場合というのは、
    狼狂村や、狼狼狂村村、狼狼狼狂村村村などの場合です。
    これはあなた(狂人)が村人判定と言う所がミソ。

    狼、狂、村を例にすると、狼狂(村)村で、村人が2名いることになり、
    ゲームは続行します。
    あなたは狼サイドの狂人ですが、占いの結果判定は村人なんです。おk?

    狼と村人が同数であなた(狂人)がいる状況というのは、あなたや狼がCOしていようが、
    COしていまいが、あなたが「私は狂人です。パワープレイ(PP)しましょう」と一言いえば、
    狼はそれに乗らない手は無いんです。乗るしかないんです。
    狼があなたの言った発言を信じれば、もう勝ったも同然なんです。

    狼を信じさせることが、この作戦のミソなんです。
    そうすれば投票で2:1で必ず勝てます。狼陣営の勝利です。
    信じさせられなかった場合は、1:2で必ず負けます。

    パワープレイ(PP)というのは、狼に自分を狂人だと認識させることで、
    投票を数の力で勝ちをもたらす作戦なのです。
    あなたが真狼の場合、狂人がPPしてきたらCOして、一気に勝ちに行きましょう。

    あなたが真村人の場合、狼を吊るしか生き残る方法はないので、
    「私が狼(嘘)です。狂人さんPPしましょう」と言い、本当の狼を吊るしか勝てません。
    もちろん真狼は速攻でCOして、あなたを排除しにくるはずです。

    つまり、PP(パワープレイ)のタイミングは、村人と狼が同数で狂人がいること、
    そして、勝敗一歩手前が条件です。
    PPとは騙ることで票を操作して勝つ作戦です。


    簡単に言えば、狼、狂(村)、村で、「俺は狂人だ!」と言うだけで、
    狼の票は(自分と狂人を省いた)村人に。
    村人の票は(狼陣営がはっきりしてる)あなた。
    あなたは確実に村人に票を入れさえすれば、村人2狼1で村人が吊られ、
    必然的に狼陣営が勝てます。

    もう一度言いますが、狼陣営の勝利の鍵を握るのは、狂人であるあなたなんです。

妖狐陣営の振る舞い

    妖狐


  • 妖狐は最後までひたすら生き残ることが任務です。
    生きてさえいれば、村人と人狼の決着がついても、妖狐の勝ちとなり、
    村人と人狼は負けとなります。

    妖狐陣営でありながら村人判定です。狼に食われても倒れませんが、
    真占い師に占われると倒れます。吊られと真占い師だけが弱点です。

    まずは占われない、怪しまれない工夫が必要です。
    だんまりは厳禁で、潜伏もいずれ占われます。
    タゲが自分に向かないように、そこそこ発言して村人を装いましょう。

    次に吊られないことです。
    自分こそ村人だ!という思い込みも作戦です。

    最後に噛まれないことです。
    噛まれても倒れないのに、なぜ噛まれないことが重要なのか。
    それは、狼が噛んだのに倒れない。翌朝、死体が無い。

    これはつまり、狼にとってあなたは狩人が守る価値が無いはずなのに、倒れなかった。
    狼が喰って倒れないのは、妖狐しかいないと分かるはずです。狼にはバレます。
    しかし、「こいつ狐だ!」と狼はみんなに言えません。言ったら狼断定で吊られるからです。
    狼の後にあなたも吊られるでしょう。

    狼が複数の場合は話し合って、必ず食われます。つまりあなたは負ける。
    だから噛まれてはいけないんです。

    そもそも妖狐が入る場合は狼は二人入るはずです。
    狼が一人になるまで生き残らなければなりません。
    それに狼一人になっても、狂人という狼の協力者もいます。
    狂人も狼陣営を勝たせるために、邪魔なあなたを吊ろうとします。

    なので、噛まれても、占われても、吊られてもいけないんです。

    狼が人狼COしてあなたを狐断定する時
    狼は決死の思いでCOし、あなたを狐だと断定するときがあります。
    それは、狼も村人もどちらも、勝利条件にあなたが邪魔だからです。

    村人も狼も、両サイドがピンチの時は、あなたを吊って村人と狼のシンプルな関係に
    持ち込むはずです。あなたは勝利条件に邪魔だから。
    そこで、狼が複数いる条件の時のみ、吊られ覚悟であなたを狐断定してきます。
    あなたを吊ることは、村人にも大きなメリットがあるからです。

    なので、噛まれても、占われても、吊られてもいけない、
    シンプルながら難しい配役なのです。



まずはシンプルな配役でやってみましょう。
俺がGMだと把握しきれません。申し訳ないです。

マ ジ で 俺は素人です。記事書いててもルールが頭に入ってきません。
各陣営の微妙な勝利条件とか、複雑すぎて一つ一つやってかないと、
頭が追い付かないです。

どなたか指摘して下さると助かります。
よろしくお願いします。

ここまで見てくださり、ありがとうございます。
お疲れ様でした!! →次回人狼企画編part7へ続く・・・
関連記事
Posted byぼんごれ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply