イース I & II Chronicles(PSP)はゲームの時代を変えた革命的なアクションロールプレイングゲーム。名作は時が経っても尚、輝き続ける

ぼんごれ

イース2(Ys II)は主人公の剣士アドルを操作して、剣と魔法で廃坑やダンジョン、
塔などに出現する様々な敵と戦いながら、世界に平和を取り戻す、見下ろし型の
懐かしい感じのする、体当たりアクションロールプレイングゲームです。

個人的に色んな思いが詰まったゲームなんですね。一言では語りつくせない。
思い出せば後から後から初めてプレイした当時の感情が溢れ出てくる。名作です。

前回メタルギアソリッド2 サンズ・オブ・リバティのおすすめへ

soft_samu_ys_1&2c

MSX2とFM音源と初めてのイース2


プレイしたのは遥か記憶の彼方。遠い昔のこと。
3駅先の駅ビルの電気屋まで行ってMSXの新型、MSX2を買い、
大事に抱えて持ち帰ったことは今でも覚えてる。

使える色数が増えたことも凄かったけど、スロット1にFM音源カートリッジ、
スロット2にゲームソフトを刺す1ゲーム2本刺しでプレイするゲームの音が凄かった。

それまでのMSXのゲーム音といえば、ピコピコ音に近い音だったけど、
FM音源で和音が使えるようになって、ピアノやバイオリン、オーボエ、フルートのような
音を使って、BASICの打ち込みで音楽が楽しめるようになった。

そんな時にこのイース2が出た。まずはオープニングムービーをご覧ください。



誇張抜きで俺は鳥肌が立ったことは今でも忘れない。まじで感動した。
新しい時代が来たと思った。ゲームの時代が変わったと感じた。

そして0.43のタイトル画面の背景の金色のレリーフ画。
どこか不思議な国だったり神話の壁画を思わせる凹凸の絵。
それと異国を感じさせるリズミカルな音楽。忘れられない音楽なんだ。

もうたまらないんですよ!たまらない。この世界観が大好き!

風の谷のナウシカや天空の城ラピュタに似て、もうドキドキワクワクが止まらない。
この不思議な世界を冒険したくなる!
プレイヤーの誰もがアドル・クリスティンになりきれる。

俺にとっては一言では言い表せない、そういう優れたゲームなんです。

イース2のプレイ方法


イース2は、アクションロールプレイングゲーム(ARPG)です。
トップビューの見下ろしスタイルで、主人公アドルを操作して体当たりで敵を倒す。

移動は前後左右の四方向。アイテムと魔法が使える。
だが、戦闘の基本は武器を装備しての体当たり。剣を振ったりはしません。
敵に体当たりするだけ。なんだけど、侮っちゃいけません。

普通に正面から戦っちゃダメなんですよ。
ダメージをくらってしまいます。じゃあどうするか。

半キャラずらし

字の通り、敵にキャラを半分だけずらして体当たりするんです。
これはイース経験者なら誰でも知ってる、当たり前の戦法なんです。
縦でも横でも、敵と戦闘するときは半分だけキャラをずらしてアタック。
これがイース1、2ならではの戦い方です。

今行けるエリアでレベルアップしつつ、これさえしっかりできてれば、
戦闘で苦労することは少ないはずです。
それでもダメな場合は、そのエリアはまだ早いということですね。
階段を一つ戻ってレベル上げしましょう。

無茶なプレイをせず、必要なものは買って、取る物は取り、普通に進めれば
難しくは無いゲームです。
剣でダメを与えられないなら魔法を使い、サクサク倒していきましょう。
こまめにセーブすることも忘れずに。

イース2のロマン成分


別にこれと言うのは無いんですが、イース2全体がロマンの塊のようなものです。
そら思い出補正ありまくりですよ。
でも、イース2はイース1の続編で、ストーリー的に密接に繋がってます。

主人公が赤毛の剣士で冒険家、アドル・クリスティンはそのままで、
1の最後で飛ばされた場所が天空に浮かぶ大地、イースなんだ。
この辺はOPでも描かれてた。

高い塔の最上階から光が溢れだして空へ飛ばされる。
それが物凄いスピードで平地を移動して、天空のイースに落ちる。
目が覚めると、そこには謎の少女が。
話を聞くと、胸騒ぎがして近くの村からここへ来た様子。
そしたら白い光が空から降ってきて、気づいたらあなたが倒れてたと。
ここは魔物がいるから、村へ帰ろう。

あのOPはこういう内容だったんです。

それとクレリアの伝説ですね。
これ以上はストーリーに関わるから書けないし、ほとんど忘れてるw。
そうだ!物語の終盤、天空から落ちていくイースのサルモンの神殿から見える、
雲海が見事だった。これははっきり覚えてるぜ。

MSX2の性能でも雲海ができるんだと感動しました。
普通のスクロールは、板っぱちに絵を描いた書き割りを動かすだけの
一重スクロールなんだけど、あの雲海は2重3重の雲を動かす、
多重スクロールなんだ。

手前の書き割りを速く、奥の書き割りを遅く動かす。
すると雲の海、雲海がゆっくり流れている光景にそっくりなんだ。
遠近感が出てリアルだったね。だから俺は感動したんだ。
今となっちゃありふれてて、どうってことない性能だけど、当時の衝撃は凄かった。

俺の頭の中では見事な雲海が広がってたぜ。
すげー#!つって、しばらく見とれてたんだ。冗談抜きでさ。
それくらいMSX2は画期的なマシンで、イース2は生涯忘れられないゲームなんだ。

イース I & II Chronicles


MSX2のイース2はどこにもないので、今風にアレンジされた
PSPの情報を紹介します。

PSP版 イース I & II Chronicles
チクショー!音楽聞いただけで泣けてくるじゃねーか!
良い意味で卑怯だぞ!昔から音は抜群に良いんだ。

今作はPC版のオリジナルを再現しつつ、
最新のグラフィックとサウンドの両方を楽しめる作品です。
4つの難易度とボス戦のみのタイムアタックモードがあり、
アクションが苦手な女性でも十分に楽しめます。

初見だろうがプレイ済みだろうが、そんなものは関係ない。
俺は思い出を上書きしたくないから買わないだけ。でもやってみたい。
その気持ちには嘘は無い。けど、がっかりするのが怖いんだ。

でも俺みたいな人は少数派のはず。
日本ファルコムの伝説のゲームでARPGの原点、イース I & II Chronicles(PSP)は、
どんな方でも満足できる最高のゲームです。傑作だぜ!音もいいんだ。


ゲームソフトのご注文はこちらからarrow_greenイース I & II Chronicles
モバイルからのゲームソフトのご注文はこちらからarrow_greenイース I & II Chronicles モバイル専用リンク
ゲーム楽曲CDのご注文はこちらからarrow_greenYs I&II Chronicles サウンドトラック
モバイルからのゲーム楽曲CDのご注文はこちらからarrow_greenYs I&II Chronicles サウンドトラック(モバイル) 


ここまで見てくださり、ありがとうございます。
お疲れ様でした。

 

次回のオススメへ・・・
RPG・アドベンチャーおすすめ一覧へ・・・
関連記事
Posted byぼんごれ
RPG・アドベンチャーイース

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply