和風冒険RPGゲームの体力・スタミナ・魔力の回復方法。何を食べれば何が回復するんだ!?

ぼんごれ

和風冒険ロールプレイングゲームの料理レシピを必死こいて調べて書いてみたんだけど、
どうにも書ききれない。青森の郷土料理をメインに考えてるけど、値段や魔力を回復する
食べ物(つまり甘いもの、甘味)とか、飲み物とかね。
samu_wafurpg

これを書く前に、何をもって回復するのか。その条件とかを決めないと、進まない気がする。
今回はそれを整理してまとめようと思う。

TESV:スカイリムを参考にしてるけど、この和風冒険RPG物語は日本の青森県。
考え方を参考にできるけど、同じものじゃいけないはず。そこをアレンジして
和風の食材や素材を使って、調理や錬金などをなんとか決めていきたい。

まず、体力、スタミナ、魔力をどうやって回復するか。やっぱり伝統的な方法で考えよう。
世界観にマッチしないような現代的な食材や素材は、できるだけ使いたくない。
でも、面白いようなものなら少しくらいは取り入れたい。

体力とスタミナの違い


ゲーム的に、体力は披ダメを回復する薬草や薬品。傷を回復する。
スタミナはおにぎりなどを食べることで持久力を回復する。
基本的に、薬品で体力は回復しても、スタミナは回復できないはず。
お腹がチャポンチャポンになる。やっぱりスタミナ回復と言えば、食べること。

ドイツの医師ベルツの実験の話。
ベルツは人力車の車夫の無尽蔵とも思える強大なスタミナに目をつけ、ある実験をした。
東京から日光までの140kmを、人力車と馬を使って、到着までにかかる時間を測った。
馬は途中で6回乗り換えを行い、車夫は交代なしのたった一人。
結果は馬に30分遅れただけで、車夫は一人で見事に走りきった。当然80kgの重りをつけて。

ベルツは車夫に、何を食べたらそんなにスタミナが維持できるのか、と聞いた。
車夫はこう言った。玄米のおにぎりと梅干、味噌づけの千切り大根とたくあん。
それと時々米、麦、粟やジャガイモを食べる。と。

それを聞いたベルツは、次の実験を行う。
車夫に前回と同じものを食べさせ、別の車夫には肉を食べさせる、という実験。重り付き。
結果は、肉を食べた車夫は3日で根を上げ、同じものを食べた車夫は3週間走り続けた。
根を上げた車夫にも同じ飯を食べさせると、元気にまた走り続けたそうな。

スタミナ回復と言えば当時も今も、肉と誰もが答えるはず。しかし、肉を消化するのには
体への負担が大きく、それを消化する為にスタミナを浪費してしまうからだ。

コメは腹持ちが良い。これなんだよ。だから車夫もコメを喰ってたんだ。

つまり、スタミナ=腹持ち。そして消化が楽。水みたいな薬品をいくら飲んだって、
スタミナは回復しないはず。やっぱメシ食わなきゃ力は出ないよね。これなんだよ。

結論、スタミナ回復は飯を食え体力回復は薬で治る

魔力の回復


魔力の回復。つまり精神的にリラックスして、幸せな気持ちになる食べ物と言えば、甘いもの。
これに尽きると思う。ただね、日本の伝統食で甘いものと言えば、あんころもちとか、大福、
白玉団子、おしることなど。餅から抜け出せないんだ。もっと贅沢な食材を使って、
魔力が回復しそうな甘い食べ物が思いつかない。

青森の郷土料理も調べた。やっぱ餅系や団子系なんだ。エルスウェーアフォンデュに匹敵する、
魔力の回復にブーストがかかる最高の食べ物が浮かばない。

貧しい暮らしの中で、貴重な砂糖を使い、腹も満たす食べ物となれば、餅や団子になるのは
誰でもわかる。でもさ、そこはゲームだから特別な食べ物にしたいじゃん。食べたい。
で、俺は青森の特産品を考えた。青森と言えば・・・ハイ正解!リンゴだ。

青森リンゴは時代的には明治時代。室町時代にはないんだ。でもあったと仮定しよう。
りんごと砂糖で作る食べ物と言えば・・・ハイ正解!リンゴ飴だよね。縁日のリンゴ飴。
こっからが大問題。あの赤い色素は、実は・・・言えない。それを別の物に置き換えた。
アカネという染料で赤く着色したとする。

リンゴ飴のレシピはこれだ。リンゴ(1)、砂糖(1)、アカネ(1)。
でもさ、これじゃちょっとエルスウェーアフォンデュに後れを取ってしまう。
もっと!もっと良いネーミングでもっと良い食べ物はないか。昨日はここで躓いてしまった。

リンゴ飴でもなく、餅でも団子でもなく、時代的に合ってて、甘くておいしい高級な食べ物。
そんなのは無いんだよ。そんなものは無い!俺が調べたんだから、無い。(あったら教えて)

柿はどうだ?柿を使った伝統的なデザートは?
牛乳は日本でも弥生時代からある。砂糖、牛乳、玉子と言えば・・・ハイ正解!アイスか?
氷はあるぞ!青森だしな。氷はある。柿アイス、行けるか?どうだこれ。
日本初のアイスクリームは、1860年。300年くらい後か。可能だとしたらモナカアイスだな。

どうだこれ!?かなり無理があるな。

これはどうだ?干し柿の粋甘粛(すいかんしゅく)。
青森の和菓子で、1個560円!高級な和菓子。
作り方は、干柿の種を取り、中にお餅と粒あんを入れて、羊かんを柿全体にかけ、
さらに上南粉(もち米を粉末状にしたもの)をまぶした、素材の甘さを引き出したお菓子。

他にも沢山あるんだけど、パッと見で高級そうで手が込んでて美味しそうな和菓子が無い。。
魅惑の和菓子というか、見ただけで魅力的だと感じる和菓子が無い。
今の所、粋甘粛がベスト。アマゾンにないから画像が貼れない。

干し柿は民家の軒に干してあるのを盗る。もちは民家の土間の炊事場にあるのを盗る。
小豆は納屋に干してあるのを盗る。砂糖は貴重品だから特別。
砂糖キビ自体が青森じゃ寒くて育たない。砂糖問屋が薩摩藩や高松藩、徳島藩などから
仕入れて、倉に保管してある。それを侵入して盗むか、店から買うか、クエストを完遂するか。
こういう方法でしか入手できない。

粋甘粛(すいかんしゅく)のレシピは干し柿(1)、もち(1)、小豆(1)、砂糖(1)。
効果は魔力回復速度一定時間上昇、魔力ポイント一定時間上昇。魔力にブーストがかかる。
重量は0.1kg。値段は500(円)
名前は柿の粋甘粛だけど、別につけたい。干柿大福とか。すいかしゅーくとかw。

他に青森の伝統的で高級な和菓子限定で、良いのがあればいいんだけど、難しいな。
高級さと手間暇かかった感じで、青森限定で時代的にも合致した和菓子がある?
エルスウェーアフォンデュと同レベルの和菓子。難しいんだ。頭が痛い。

お酒も身分が楽になるから魔力も回復しそう。その代りにスタミナは減る。走れなくなる。
梅酒などの果実酒ならどこでも作ってそうだし、日本酒、どぶろく、焼酎とかもありそう。
これはまた別で記事にしよう。

今日はここまで。見ていただいてありがとうございます。
お疲れ様でした。
関連記事
Posted byぼんごれ

Comments 4

There are no comments yet.
玉の緒  
No title

寒い地方の砂糖と言えば、てんさいはどうなんでしょ?北海道が産地だけど、昔は日本に入ってなかったのかな?
それと干し柿の甘さは砂糖が必要ないほどで、平安時代は干し柿にふいた白い粉を削って甘味料に使ってたとか。

2015/06/17 (Wed) 08:08 | EDIT | REPLY |   
ぼんごれ  
良いこと教えてもらいました!

玉の緒さんこんばんは。

甜菜これですね。なるほど。甜菜から作った駄菓子とかありそうです。
これなら良いお菓子がありそう!ありがとうございます。

干し柿とか干し芋美味しいですよね。あの粉を甘味料として使ってたんですか。
貴重なアドバイスありがとうございます。参考にさせていただきますね。

コメントありがとうございます!

2015/06/17 (Wed) 22:00 | EDIT | REPLY |   
玉の緒  
No title

いえいえ、いろんな本での知識の切れっ端とかくらいしかないので…。
参考にしてもらえるならありがたいです。^^;

2015/06/18 (Thu) 08:25 | EDIT | REPLY |   
ぼんごれ  
Re: No title

玉の緒さんこんばんは。
返信が遅れてすいませんです。

とんでもないです。ありがたいですよ。

返信が遅れた理由はそのうちにわかりますww。
楽しみにしててください。

コメントありがとうございます。

2015/06/20 (Sat) 19:20 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply