和風冒険RPGの獣人の案決定!牙を持つ剛人タケト族とクチバシを持つ跳人ハネト族!

ぼんごれ

和風冒険RPGゲームの亜人や獣人の話。
samu_wafurpg

とある動画、にゃるがくるがを見てたり、柴犬や秋田犬の動画を見てた時に、
ピコン!と頭の中で浮かんだことがある。
犬とか猫とかを、一々分けて考えてたからダメなんだ。犬も猫も狼も狐もタヌキもみんな一緒。
で、こいつらをひっくるめた名前を、スカイリムではカジートと言っていたんだ。

カジートは基本的には猫だけど、顔の各部の調整でライオンだったりヒョウや狼、
チーターっぽい顔に幾らでもすることができる。これなんだよ。
狼人とか狐人とかの人種じゃなく、猫型犬型ひっくるめて、〇〇と言えばいいんだよ。
その〇〇の名前を決めればさ、一発で何のことかが理解できる。
その〇〇の名前はまだ考えてないけど、アルゴニアンているじゃん。スカイリムに。
カジート型以外にもう1つ、亜人獣人の種族が欲しい。

アルゴニアンはトカゲ人だけど、この獣人は和風な獣人にしたい。何が良い。
で、この猫人型ともう一つの〇〇型を決めれば、話が進みそうな気がする。

ウィキペによると、
ネコはネコ目(食肉目)ネコ亜目ネコ科ネコ属ヤマネコ種に属してる生き物。
ライオンはネコ目(食肉目)ネコ亜目ネコ科ヒョウ亜科ヒョウ属ライオン種。
ヒョウはネコ目(食肉目)ネコ科ヒョウ属ヒョウ種。
イヌはネコ目(食肉目)イヌ亜目イヌ科イヌ亜科イヌ属タイリクオオカミ種イエイヌ亜種。
オオカミはネコ目(食肉目)イヌ亜目イヌ科イヌ亜科イヌ属タイリクオオカミ種ニホンオオカミ亜種。
キツネはネコ目(食肉目)イヌ科キツネ属アカギツネ種ホンドギツネ亜種。
タヌキはネコ目(食肉目)イヌ科タヌキ属タヌキ種ホンドタヌキ種。
クマはネコ目(食肉目)クマ科クマ亜科クマ属ヒグマ種(ツキノワグマ種)。

カジートの中でも細かい種族の違い(猫型やヒョウ型、ライオン型など)は、
種族名が解れているらしい。名前の法則がある。

アルフィク・ラート(イエネコのようなカジート)
オームス・ラート(エルフに近い見た目のカジート)
キャセイ・ラート(ジャガーのような見た目のカジート)
シュセイ・ラート(エルスウェーア以外でも活動しているゲーム内で見かけるカジート)
センシュ・ラート(乗り物に使われるほどの巨大なカジート)
ダギ・ラート(魔法が得意な小さいカジート)
パーマー・ラート(虎のような見た目のカジート)
の7種類が判明している

皆大好きジェイザルゴは、シュセイ・ラート種のカジートってことか。ダギ・ラートっぽいけどなー。
なるほど。こういう風にカジートの種族は分かれてるわけだな。fmfm。

こっからは和風冒険RPGゲームの話。
日本の青森が舞台のこの話、登場させたい獣人といえば思いつくのが、
キツネ、タヌキ、オオカミ、クマ。こいつらを何つって呼ぼうか。それが問題だ。
カタカナは使いたくない。漢字とひらがなで何か、、、森と獣と人?
覆毛(ふくもう)人?差別的?w 
いにしえの昔から森に住んでいた人々。人類は平地で暮らしてた。
年月が経ったことによって、お互いが混ざって暮らすようになった。
森に暮らす民。何と呼んだらいい?

良いネーミングが思いつかない。クオタキ族w 〇〇人だよな。森の隠者。ちょっと違うか。
獣〇人。違う#。獣人の中でもコイツラだけに呼ばれる名前が必要なんだ。
獣人の範疇の中でも他の種族と分けなきゃ。ネコ目(食肉目)のコイツラだけの名前。
猫獣人(びょうじゅうじん?)違うな。

そもそも共通点はネコ目(食肉目)で、牙を持ち、毛に覆われ、一対の脚と一対の腕を持つ。
毛だろ。覆毛だ。ふくもう。覆毛人。毛に覆われた人。覆毛山人(ふくも(う)さんじん)
覆毛山人(ふくも(う)さんじん)どうだ!?
覆毛人か覆毛山人。覆毛族。ちょっとしっくりこないな。難しいぞーww。どうだいこれ。

覆毛獣人だめだ~。カタカナを開放しよう。じゃねーとわかりにくい。
もふ、、森 住 勇 人 しんじゅういさと。うむ。この線で行ってみようか。
確か、青森のねぷた祭りに跳ねる人と書いて跳人(ハネト)っているよね。祭りの踊り手。
その線で考えたほうが良い名前が浮かびそう。な気がするw。

森獣勇人しんじゅういさと。森獣剛人しんじゅうたけと。ただ単に勇人イサトや剛人タケト。
それか、牙を持つから牙人ガジン・きばんど。きばんどは無いな。
有牙剛人ユウガタケト)どう?良いんじゃない?強そうで意味も伝わるし、語呂もいい。
省略して有牙族とか、「あの人は元々ユウガの人だから・・・」とか、
「あのユウガの人って村には欠かせない人だよねー」とか。

強そうで怖そうで、おっかなそう。でもいい人。それがユウガの人。
本当の種族は有牙剛人ユウガタケト
まず、クマは力仕事向き。鍛冶屋、漁師、林業、大工とか。戦士向き。
オオカミはバランスタイプ。力仕事も細かい仕事も無難にこなす。勇者向き。
キツネは魔法使いタイプ。繊細なことが得意。細工師タイプ。魔法使い。
タヌキも魔法使いタイプ。僧侶や医者、人間と深くかかわるタイプ。僧侶向き。
こいつらはバランスが取れてるんだ。

次は、ユウガタケトの中のコイツラの呼び方。
動物のクマやキツネと混同しないように、カジートと同じような別の呼び方を考えよう。
まず、人と共同生活ができるユウガと、そうではないユウガとの区別だ。

有牙の有は、人と共に有るって意味もあるんだ。それに対して、何か。
野牙ヤガ・・あ!いいのあった!野蛮の蛮!で、蛮牙バンガ!
蛮牙剛人バンガタケト良いんじゃない?
荒っぽい感じで人を避けて暮らし、山賊になったりする。つか山賊まんまだ。
海賊もあるぞ。いいぞこれ。

剛人(タケト)族(牙を持つ獣人族)
┣有牙剛人ユウガタケト(人里に下りて人と共存し始めたタケト族)。味方。
┃┣クマ(熊・読み(ユウ))、有熊種(ユウユウシュ)戦士タイプ。
┃┣オオカミ(狼・読み(ロウ))、有狼種(ユウロウシュ)勇者タイプ。
┃┣キツネ(狐・読み(コ))、有狐種(ユウコシュ)魔法使い。
┃┗タヌキ(狸・読み(リ))、有狸種(ユウリシュ)僧侶。坊さん。
┗蛮牙剛人バンガタケト(山や野に留まった野蛮なタケト族)。山賊や海賊で敵。
 ┣クマ、蛮熊種(バンユウシュ)
 ┣オオカミ、蛮狼種(バンロウシュ)
 ┣キツネ、蛮狐種(バンコシュ)
 ┗タヌキ、蛮狸種(バンリシュ)

剛人(タケト)族(牙を持つ獣人族)以外の種族を一つ欲しい。

有嘴跳人ユウシハネト蛮嘴跳人バンシハネト
跳人(ハネト)族(嘴(くちばし・シ)を持つ獣人族)
┣有嘴跳人ユウシハネト(人里に下りて人と共存し始めたハネト族)。味方。無翼。
┃┣カラス(鴉・読み(ア))、有鴉種(ユウアシュ)賢い。神の使い→僧侶。坊さん。
┃┣フクロウ(梟・読み(キョウ))有梟種(ユウキョウシュ)盗賊・忍者タイプ。
┃┣ハヤブサ(隼・読み(ジュン))有隼種(ユウジュンシュ)力と速さの象徴。戦士か勇者。
┃┗サギ(鷺・読み(ロ))有鷺種(ユウロシュ)人を化かす。魔法使い。妖怪・青鷺火。
┗蛮嘴跳人バンシハネト(山や野に留まった野蛮なハネト族)。山賊や海賊、妖怪で敵。有翼。
 ┣カラス、蛮鴉種(バンアシュ)
 ┣フクロウ、蛮梟種(バンキョウシュ)
 ┣ハヤブサ、蛮隼種(バンジュンシュ)
 ┗サギ、蛮鷺種(バンロシュ)

紛らわしい。ダメ。カラスとフクロウは良いけど、名前がダメ。
剛人に比べて跳人は難しい。鳥の獣人のイメージが浮かばない。

俺のイメージとしては、敵の跳人は完全腕+背中に翼。味方の跳人は完全腕だけ。
鴉天狗とかは完全に前者。翼あり。でも主人公が飛べるのは駄目。敵は良い。
つか、味方(有嘴)の跳人は全員飛べない。蛮嘴跳人(敵)は全員飛べる。
じゃないと、旅する楽しみが台無しだ。歩くか馬だけ。主人公が飛べちゃだめだ。

何があって飛べなくなったのか。その理由というかきっかけが必要だな。
飛べなくなった理由だ。人と暮らすようになって、飛ぶ必要が無くなったてのが大きな理由。

でもまあ、こっちはまた後で考えよう。今は無理だ。

サギを魔法使いタイプにした理由は、サギって白鷺と黒鷺がいて、灰色のアオサギってのもいる。
白と黒と灰、ロードオブザリング。灰色のガンダルフ!後に白くなる。白いガンダルフ!
魔法使いと言えば黒い衣装。それが全部そろってる。

それと、田舎で見る光景で、道端にカエルやオタマとかが沢山散らばってることがある。
これはサギが空中で吐き出した獲物なんだ。それが人間から見ると不自然で、謎めいてて、
よくわからない。魔法みたいっちゃ魔法みたい。妖怪の妖術っぽくもある。

それに、田んぼで体を立てた姿勢でじっとしてることがある。
それが何か瞑想とか思案してたり、魔力や精神力を高めてたりしてそう。な気がするw。
それで魔法使いタイプにしました。

フクロウは動物界の物知り博士的なポジションだけど、羽音がしない、夜目が効く。
猛禽類で肉食性。これってまんま盗賊や忍者でしょ。

ハヤブサはエジプトのホルス神からもそうで、力と素早さの象徴。なので戦士か勇者タイプ。

カラスは賢くて人と一緒に生きる鳥。神聖視されたこともある。神の使い。
黒い色は喪服や聖職者っぽい。カラスの金属好きと坊主は金が好きなのが被る。

こんな感じでいいだろ。もう疲れたよ#。この記事仕上げるのに何日掛かってんだって話#!
後の問題は、イメージだ。剛人はいい。問題は跳人だよ。まったくイメージがつかめない。
良い感じで決めたは良いけど、あの硬いくちばしでどうやって会話すんだ?
手は?顔は?尾は?防具との相性は?主人公のおさがりを着させられる?

頭が痛いw。イヤ、気が重い。あ!会話はインコみたいにしゃべればいいか。
口の周りじゃなくて、のどの上あたりから声を出す。インコを参考にすればいいな。
インコの舌は人間の舌と似てて、筋肉の塊で自由に動かせる。
インコなどは肺の上に鳴管(めいかん)という音を振るわせる器官があり、お喋り好きなインコは
鳴管の周りの筋肉が発達していることと、口の中や舌を使って音を自由自在に出せるらしい。

おし。しゃべり方はこれで良しと。

兜に関して、日本の兜は大丈夫そうだ。頬当てをなくして、お面も無くせば喋ることに関して
まったく不自由しなさそう。逆に硬いくちばしが武器になる。兜はおk。
鎧を着た時の尾羽は、ジェイザルゴを良く見ると鎧の3Dモデルからはみ出てる。
自由に動いてるね。

尾羽をなくしてもいいけど、イヤ、尾羽は必要だ。ザルゴのように、鎧を着ても自由に動ける。
てことは、背中の翼も鎧に邪魔されることなく、自由に羽ばたけるってことだな。おk。
万が一、有嘴跳人に翼が生えても大丈夫。

ネーミングはまた考えます。まだ納得できてない。特に跳人の方。
もう終わり。お疲れ様でした(強引)。
関連記事
Posted byぼんごれ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply