リズム&フィッシングゲームのグロくないエサのアイデアとゲームの流れ

ぼんごれ

tresure_fish

魚釣りゲーム【モンスターアングラー】の、エサ釣りについて考えてみよう。
俺個人的にもグロテスクなエサの画像は無理なので、それに近い何かに見立てて、
それをエサにして、誰が見ても大丈夫なゲームにしたいんだ。

angler_esa1
別窓はこちら

出来る限りグロくないようにしたい。誰が見ても大丈夫な感じ。
これなら大丈夫でしょ。ネーミングは置いといて、やり方はこれであってるでしょ。

他には、カニは足を取って、カニカバン。四角いからw。針にカバンが刺さってる画ww。
バッタとか羽がある大きめの虫は、バッタに似た何か。
緑色の単三電池でバッタww。こげ茶色の単五電池でコオロギw。こういうことですよ。
現物じゃあまりにもグロすぎて見られないから、別の物に見立てて見やすくする。
グロさを感じなくすればいいんだ。それでもミミズとかの単語が出てくるだけで
俺とかは相当な嫌悪感は感じるけど、リボンだと思えばいい。

ネーミングも何かいいアイデアがあればなー。ズとミが出てくるだけで嫌。
ネーミングも気持ち悪くならないような配慮が要るね。リボンワームとか?
それと、黄金イモのイモは、真珠にしようと思った。黄金パール。
でもなんか違う。それでイモにしました。

他にもエサはかなりあるんだ。エサ釣りのエサは種類が多い。
これは追々だね。全部なんて書ききれない。見立てたり考える時間もいる。
でもまあ、考え方はこれで行けると思うんだ。キモくない方向性で行きたい。
ネーミングも工夫して、できる限り想像させない名前にしたい。

これでエサの考え方や方針はOK。
こういうのが釣り針に付いてて、水流でユラユラしてる感じ。決して動きはしない。絶対に。
あとはネーミングと種類と画像の問題だな。ま、追々やって行こう。

次は、プレイの仕方や流れを考えよう。
ゲームスタートからクエストを受けて旅立つまでは、モンスターハンターと同様。
その後のベースキャンプから獲物を釣り上げるまでの行動が、いまいち整理できてない。
念のためにゲームスタートから書いてみよう。それで問題をつぶして行こう。

    ゲームスタート
  • 村の自宅で起床。家を出ると村人に村長に合えと言われる。
  • 村長宅到着&会話
  • 主人公が付近の水域の新しい管理人だといわれる。
    誰もが安全に魚釣りが楽しめるよう、釣り場環境の掃除と保護、生物の調査などを任される。
    手付金としていくらかのお金を渡され、村を見て回り、装備を支度してこいと言われる。
  • 村散策
  • 雑貨屋、加工屋、釣り具屋を一回りして、村長に言われた通りの
    安くての万能型のロッド、リール、ルアーなど一式買う。
  • 村長宅
  • クエストを受注。フィールドに出て素材の採取をしながら地形を覚えるクエスト。
    会話と受注の後、村を離れてフィールドに行く。
  • フィールド
  • モンハン同様、探索範囲は限られてて、全体マップの一部しか行けない。
    地上でウキの実や竿を出して水中の様子を探索。
    水辺の特産品(セリかクレソンなど)などを採取していると、ゴミを発見。
    すると村長から連絡(無線かタブレット、スマホとか)が。
    「ゴミを見つけたら拾え。そしたらフィールドポイントと交換だ」とのこと。
    鉄くずなどのゴミを拾い、拠点に戻って支給品ボックスにある帰還チケットを
    納品ボックスに納めてクエスト完了。リザルト画面の後、街に戻る。
  • 村長宅へ
  • 街に帰ったら村長宅で話を聞く。
    ゴミのこと。フィールドポイント(FP)のこと。収集アイテムのことなどを一通り聞く。
    終わったら散策へ。
  • 散策と自由行動
  • お店に顔を出したり、買い物したり、自宅で寝たり(セーブ)、
    村人と会話したり、村長宅で新しいクエストを受注したりする。
  • 初仕事
  • 初めての調査クエストを村長から受注。フィールドへ。
  • フィールド
  • 調査の獲物はブラックバスやブルーギルなどの外来種。
    こいつらがどれくらいいて、繁殖しているのか。それを知るために大物を釣り上げること。
    エリアは陸上から釣れるエリア限定で、全体の半分を開放。時間は20~30分。
    調査対象の獲物は2~3匹生息。自動マーキング発動で居場所がわかる。

    全体マップを見て獲物近くまで陸上で移動。そしたら釣り針を水中にポチャン!
    ここから本格的な水中探索が始まる。
    前進・後退・左旋回・右旋回・棚上昇・棚下降のコマンドを打ちつつ探索開始。
    獲物に近付いたら挑発コマンドを打ち、獲物にアピール。
    外来種は何でも食う魚だからすぐに食らいつく。その瞬間ヒット!
    画面は魚が暴れてる水面の映像を映し、糸の巻き取りは自動。プレイヤーとの距離も表示。
    操作は獲物の行動を良く見て、暴れたら抑えろコマンドを、大人しくなったら巻け!コマンドを、
    獲物がジャンプしたらジャンプコマンドを、水中潜行したらフリー(糸出し)コマンド打つ。
    ドラグ調整とかもできたらやりたい。

    これらのコマンドを打ちながら獲物の行動を良く見て、獲物を手前に近づける。
    たも網ですくえる距離になったら釣り上げ成功!。
    魚拓を取って記録し、調査対象の獲物は自動で村長宅に送られ、研究に回される。
    リザルト画面で獲得したFPの清算や釣果を確認して、村へ帰宅。
  • 村散策
  • 村に帰って好きなことをする。
    そして村長からクエストを受注する。この繰り返し。


プレイの流れと地上探索はモンハン。水中探索と釣り方は音ゲー(パタポン)。
ゲームの流れはこんな感じですね。
あとはコマンドか。コマンドの種類とか組み合わせだね。
それと、より細かいシーンを考えて、ゲームとしての精度を上げたい。

大体の流れはこれでいいけど、もっと全体的な詰めが必要。操作方法とかも含めてさ。
ゲームアイデアの記事として、最初から最後まで完成させたい。仕上げたいね。

ここまで見ていただき、ありがとうございます。
お疲れ様でした!
関連記事
Posted byぼんごれ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply