今後のゲームは(デフォルメの中に)逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。

ぼんごれ

samu_zatudan

日本人は大昔からデフォルメが得意で、何でも省略して小さく可愛くするのが
日本の特徴だよね。何であってもさ。
しかし、ゲームの世界ではそれじゃ生き残れなくなってきてるって話。

洋ゲーのThe Last Of Us(ザ・ラストオブアス、ラスアス)や
The Long Dark(ザ・ロングダーク)とかの洋ゲーは、
(特にラストオブアスは)映画並み、じゃなくて映画以上のハイクオリティで
リアルなな映像、音声、効果、見せ方がされてるんだよね。
ロングダークはラスアスほどリアルじゃないけど、絵本のようなファンタジックだけど
リアルなサバイバル性があるゲームなんだ。

結論から言うと、和ゲーのデフォルメの中にリアルさを表現するべきだと思うんだ。
プレイ時とムービー時のグラフィックに変わりがまったくなくなってきてるなら、
予算とか大人の都合でデフォルメの中に逃げちゃダメだと思うんだよね。
デフォルメされたシンプルさの中だけでは、もう生き残れないと思う。

人物が動いた時に必ずできる、形が変わる服のしわや、光の当たる方向や角度によって
生き物のように変化を見せる影、家具の細かい作り、床や壁、天井、服の汚れ、
それに臨機応変に機転をきかせて、手当たり次第に何でも利用して、
目の前の壁を突破できる仕組み、複数の進行ルートなど、
サバイバル系のゲーム以外でもどのジャンルでも、こういった良いところは
和ゲーにどんどん取り入れるべきだと思うな。

こうすることによって何かさ、ゲームに操作されてる感が薄れて、
ゲームにグイグイ引き込まれるはずなんだ。
プレイなんてしてないよ。ただ動画を見てるだけ。
それでも見応えは半端ないんだよね。見終わった後は一本の映画を見終わった感じがする。
満足感があるんだ。良い動画と出会えたなーって。で、また見たくなる。

じゃ、どうしたら和ゲーでも同じような感情が沸き起こるのか。本題だ。

その為にはラスアスの動画を見てほしい。こちら。
THE LAST OF US プレイ動画Part1

主人公のジョエルは最初は若いけど、次第に老けてくる。
その老けた顔の表情やヒゲ、しわ、服の汚れ、血痕、しぐさ、佇まいまでもが、
おっさんなのにすごくリアルでかっこいいんだ。

だからといって同じゲームを作れと言ってるんじゃない。

和ゲーのデフォルメされたキャラを生かしたまま、ラスアスのようなリアルさを
魔改造しながら日本風に取り入れればいいって話。
そしたら何か新しくてまったく見たこともないような凄いゲームが出来そうな気がするんだ。
うまく言えないけど、いつまでもシリーズ物を作ってたり、似通ったゲームを作り続けてても、
ラスアスみたいな凄い個性をいくらでも放つ洋ゲーには太刀打ちできないばかりか、
ひょっとすると飲み込まれんじゃねーかって思うんだよね。

金の掛け方云々の話じゃなくて、負債的なミスを恐れて焼き増しゲーに逃げていては、
野心的で革新的な魅力のあるゲームは今後出てくんの?
チャレンジする気が有るのか無いかの話なんだ。

シリーズ物は俺も好きだけど、その土台に胡坐をかいたままじゃだめでしょ。
前作までの遺産を食いつぶしたって、次につながる面白いゲームを作ればいい。
そういう危機感が感じられないんだよねー。
ゲーム制作会社の人ってゲームが好きなのかなー。
ゲームとか楽しいことしたことないエリートがゲーム作っても、それってどうなのよw。

畑を作って、家畜を飼育して、作物ごとに適した土の成分を調整するリサイクル農業ゲーム。
水槽の中の熱帯魚や水草を飼って、アクアリウムの美的センスでポイント獲得するゲーム。
見習い大工の腕を磨きながら一流の棟梁を目指す大工ゲーム。
森の妖精になって森林破壊する人間から森を守るゲーム。
人工物を錆びさせて更地にする整地ゲーム。
ゴミやホコリになって掃除機から逃げるサバイバルゲーム。

あ!あれは俺も考えてた!最近は暑いからさ、水鉄砲を武器にして
相手チームと陣取り合戦するスプラトゥーンみたいなゲームは考えてた。

それに、暑いから、天気の暑さと戦いながら気持ちの熱さとも戦うクールなゲームw。

ま、ちょっと考えただけでも色々あるね。
要はアイデア次第ってところかw。

ではこのへんで。お疲れ様でした。また見てね。
関連記事
Posted byぼんごれ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply