無料ブラウザMMORPGエデンシェイド アドベンチャーノートpart14 デュエル(対人戦闘)

ぼんごれ

このシリーズは、ぼんごれが無料ブラウザMMORPGエデンシェイドで歩んできた道のりや
出来事を思い出しながら、これからプレイする人の参考の為の記事です。
ま、その時はこんなことがあったんだよと、こういうプレイもできるよと、
プレイ日記とは違ったセナルスを旅した記憶を書き記すシリーズです。

複数存在したカテゴリを一本化して、記事に今までなかった順番リンクを付け、
記事を整理しました。そのせいで書き方や色々おかしい点がありますが、
修正してあるので、順番に見て頂けるとぼんごれの過去の道のりが解ります。
samu_road

セナルスの地図
eden_search_map

アドベンチャーノートpart1へ ←前回part13へ


久々にプレイ以外のエデンの記事でも書こう。
今回は町での対人戦、デュエルのことを書こう。

デュエルcentral_squareとは

デュエルってのは仕掛ける方がデュエルコインを1枚ログアウト中の相手に差出し、
その代りに戦いの相手になってもらうこと。これがデュエルなんだ。
4つの町のどこでもデュエルは可能。
手っ取り早く経験値が稼げるので、スキルポイントを稼ぎたい人やコインを消費したい時、
またはレベルを上げてとにかく強くなりたい人は、冒険よりデュエルがおすすめ。

デュエルの勝敗

勝敗の区別は与えたダメージ量で決まる。
相手よりも多くダメージを与えれば勝ち、少なければ負けとなる。
引き分けもあり。
負けたとしてもレベル差が多いほど経験値が多く手に入る。
逆に勝っても相手が弱ければ入る経験値は少なくなる。

デュエルの特徴

町での戦闘の為、オーブを使った魔法の効果は半減する。
仕掛ける方はデュエルコインが1枚減り、仕掛けられる方が1枚増える。
4つの町のどこでもデュエルが可能だが、町ごとにも特徴がある。
 最初の町セトラは新人さんが多く、入る経験値は少な目。
 砂漠の町デゼルは人が少ない為、メリットが少ない。
 鍛冶の町ムタンは中級者が多く、そこそこの強さ、そこそこの経験値が手に入る。
 温泉の町ノルツこそがデュエルの本場。上級者が多く、経験値が多く入る。
自分の強さや能力に適した街でデュエルを申し込もう。

デュエルコインについて

デュエルコインの所持は10枚まで。それ以上はギルドに二束三文で売られる。
その為、オーバーする前に使い切ったほうが得策。
コインの入手方法は以下の通り。
 雑貨店でコインを購入する(値段はレベルに比例する。高レベルなほど高額)。
 ログアウト時にデュエルを受けてコインを受け取る。
 宝箱から入手する。
デュエルコインの所持上限上昇スキルって無くなった?<<確認済み>>
追記:
(このスキルはデゼルのギルドにありました。20SPでデュエルコイン上限+1!)

注意点

仕掛ける側のマナーとして、無駄に強力なオーブは使用しないほうが良い。
無言でもOKですが、気絶させたり相手の装備を壊したときは感謝の言葉を残した方が良いでしょう。
(コピペのありがとうだけでも構わないと思います)
デュエルを受けたくない場合は、宿屋でのログアウト時にデュエルのチェックを外しておく。
デュエルを受けて気絶してしまうと経験値が入らない。その為、特殊付きの盾やリヴァイブの護符、
グレートヒールなどを装備してからログアウトすること。
コインが格安な低レベル時に特に取りやすいタイトルがある。
それは『デュエルリーダー』と『パワーデュエラー』の2つ。(たぶん。アンダードッグもかな?)
そのため、高レベルになってしまうとコインが高額になる為にタイトルが取りにくくなってしまう。
すべてのタイトルを一通り狙うなら、新人の時こそデュエルしまくることが近道です。

裏ワザ?

ガンガンレベルを上げたい時の裏ワザとして、冒険者の多いセトラでログアウト。
そしてノルツでデュエルすると、コインが速く貯まり、ノルツで経験値がウハウハw。
またはノルツでログアウト、ノルツでデュエルするのも良いかも。


こんな感じでしょうか。
デュエルは各町の中央広場で、ダメや体力・気力がある程度残ってる時に可能です。
デュエル条件に満たないほど疲れてる場合は、そもそもボタンが表示されません。
その時は回復して再開しましょう。
楽しいデュエルライフ、エデンライフを。

お疲れ様でした。→次回へ続く・・・
関連記事
Posted byぼんごれ
無料ゲームMMORPGエデンシェイド冒険の書

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply