面白そうな刑事ドラマ考えた。北関東広域警ら隊生活安全課。通称、訛り課!

ぼんごれ

北関東広域警ら隊生活安全課(テキトー)
プロット

・北関東(群馬・栃木・茨城)、この3県の安全を見守り、地域に溶け込み、犯罪を防止する、
若者2名の警察官(刑事?)に焦点を当てた物語。
・この3県は首都圏からの距離、良い感じの都会性と良い感じの田舎性の両立、
東には太平洋、西には大きな山脈がある地形の良さがある。
・大きな観光地や工場がそれぞれあり、外国人との接点も多い。問題もそれなりに抱えている。
・主人公2人がまだ若く、色々な失敗や様々な経験を経て成長するのが楽しめるドラマ。

こんな感じかな。3県も手広くやればネタ切れにはならんだろうw。うん。
なんかさ、京都ばっかしじゃん、最近のドラマってさw。それがムカついたww。
北関東だからこそ面白い刑事ドラマが作れんじゃねーの!?うん。
つかさ、京都つったって修学旅行以来だぜw。そんなに興味ねーわw。
ああいう文化は良いけどさ、日常とはかけ離れてるじゃん。
そういうのはたまーに見るから面白いのであって、
また見たくなるドラマでは俺の中ではないんだよね。

このドラマは何度でも見たくなる超地域密着型のドラマなんだ。
ヤンキーもいるし、おかしなのもいる。
イメージとしては木更津キャッツアイや水曜どうでしょうのコミカルさをベースにして、
阿部寛主演のトリックの、あの田舎が醸し出す奇妙さ加減と、
同じく阿部寛主演の新参者の地域に密着した刑事ドラマにしたい。

それにね、このドラマでやりたいこともあるんだ。ドラマの売りでもあるんだけど、
徹底的に訛りを充満させたいw。だから字幕も付く。
その字幕も若干訛ってるw。だから演者はもっと訛ってる。んだけど、
津軽弁ほど外国語には聞こえない。程よくきつめに訛ってる。だから字幕が要る。
日本語をしゃべっているのに字幕が付く面白さと、字幕でさえ訛ってるカオスっぷり。
それがどのドラマでもない、オリジナルの面白さになるんじゃねーかなーとw。

俺自身、昔は訛りが恥ずかしかったから、意識して普通の言葉でしゃべってた。
でも今はそういう訛りが地域の特性を如実に表すし、面白いし、観光資源にもなるだろうし、
北関東という都会と田舎の両面がある土地だからこそいいんじゃないかなーってね。
思うんですよ。

神奈川さんや千葉さん、埼玉さんには遠く及ばないし、東京さんには何をしても無意味。
勝とうなんて思うことがおこがましいw。
でも、北関東には北関東なりの良い部分があるんです。その一つが訛りなんです。

海あり山あり世界遺産あり。そこで起きる様々な出来事を若手刑事二人が体当たりでぶつかる。
低予算?おもしろそうじゃんw。勇者ヨシヒコだっておもしろかったしw。
相棒とかさ、ブランドや予算で勝負できないなら知恵や面白さで勝負できそうだし。
そういう今までにない、ちょっと変わったドラマなら俺も見てみたい。
天邪鬼な俺が見てみたいってことは、大多数の人も見たいって思うはずなんだ。
北関東住まいならなおさらね。

2時間ドラマのお決まりの崖や吊り橋なんかじゃなく、ドラマ一本丸々動画じゃなくたっていい。
聞き込みはスライドショーだって構わない。つか、お決まりの場面はスライドでいいw。
日本で低予算でドラマ作ろうと思ったら、それくらい普通にやらないと収まらないだろうしさ。
しかも刑事物だし。街中とか観光地で撮影するなら、肖像権の問題は演者以外は
ピントをずらしゃ良いだろうし。個人を特定できなきゃOKでしょ。たぶんw。
そういうアイデアは不可欠だよね。

最近は田舎であっても、つかさ、田舎だからこそ起きる凶悪事件てあるでしょ。
「誰でもよかった」とか「コロコロしたかった」とかさ、
ここでは言えないようなことが田舎で実際に起きてる。怖いよね。やばいよ、ホント。
そういう事件は起こるべくして起こってる。絶対に理由がある。
そういう事件にならない事件の芽を摘み取るためには、地域に住む人や家族構成、
趣味、仕事、家庭環境とか、一歩突っ込んだ情報を警察が把握してないと、
また同様の事件が起きるわけだ。
この辺は地域密着型の新参者を見てて良いと思った部分なんだよね。

で、新参者じゃない人間、生まれも育ちも北関東人間が捜査にあたる。
てことは、主人公2人と近い間柄の人が被害者になったり、加害者にもなる。
つまり、人間の欲深さやどろどろした感情、殺意とか、加害者への感情と罪への意識と、
大事な人や家族を失った悲しみや永遠に癒えない気持ち、行き場のない、やりきれない気持ち、
加害者に対する復讐心。
また、事件によって親しい人が被害者と加害者に分かれてしまった主人公2人のつらさや感情。
被害者の加害者への気持ち、加害者の罪と罰。それを主人公2人も同じく味わうことになる。

上手く言えないけど、辛い気持ち、やりきれない気持ちを味わわなければならないのは、
2人とも警察官だから。
警察官じゃなければ辛い、悲しい出来事で終わってた。でもそうじゃない。
身近な人が事件に巻き込まれて、つらく悲しい思いを何度も何度もグッとこらえるのは、
2人が警察官だから。
身近な人が辛い目に合わないように。悲しい思いをしなくなるように、
犯罪の芽を摘み取る仕事に就いた。それが警察官だったんだ。
その最適な部署が、北関東広域警ら隊生活安全課(仮)なんです。



まあ、俺が見たいと思うドラマが無いから、こんなドラマなら見てみたいって発想が、
このドラマの出発点なので、目いっぱいアイデアをひねって、ドラマが放送されたら
噂の観光地になって、人が押し寄せて地域ウハウハw。
どこも財政に余裕があるどころか借金があるし、そんな町おこしにつながればいいなー。
なんてなw

お疲れ様でした。
関連記事
Posted byぼんごれ

Comments 2

There are no comments yet.
玉の緒  
No title

きゃ~!!! ぼんごれさん!!

お久しぶりでーす。

しかも、今回はドラマのアイデアですか。
いいですね~。
面白そう。
私も地方なんで、自分たちの土地に対する愛着とか方言の面白さとかよくわかります。
都会に対するちょっとした屈折とか、都会から来た人が示す無意識の蔑みとかね。

地方色豊かな推理モノといえば、昔なら横溝正史の金田一耕助ですかね。
横溝さんは岡山出身だったかで、岡山が舞台の話がいくつかありました。

ところで、こういった推理&アクション物に必要なのがトリックとか話を面白くするための伏線の貼り方とかですよね。

ぼんごれさん、そういうの出来そうですか?
私はダメみたいです。
推理ものは大好きなんですが、自分の二次創作のキャラたちを使った推理(それも捕物帳)とかアクションものとかの話を書きたいな〜と思いつつ、纏まった話が一つも思いつかなくって…。

そういうのが書けたら楽しいだろうな〜。

今回のドラマの話も続報楽しみにしてますね。

2015/04/16 (Thu) 08:25 | EDIT | REPLY |   
ぼんごれ  
ミステリーは良いですねー

玉の緒さんお久しぶりです。

今回も思いつきというか、フワッと頭に浮かんで面白そうだから記事にしました。
トリックは思いつかないけど、ミステリー小説ははまったことありますね。ホラー小説とかも。

東京から電車で1時間から2時間で北関東の田舎に行けてしまう距離と、
田舎の怖さとか、ただそこに居るだけで面白い田舎の人(笑ってこらえての第一村人的なおもしろさ)
っていると思うんです。
都会じゃ決して味わえない田舎だからこその怖くてゆる~い感じが新鮮なんじゃないかなー。

推理のネタが書けるほどじゃないですけど、気軽に見れて面白い感じになればいいかなーと。
思いつきなので今後も書けるかはわかりません。続かないと思います。

エデンはそのうちに再開したいです。やる気が出ない。ブログも。
でもエデンは消息を絶つことは無いです。それはしないと決めて始めましたから。
再開したらまたよろしくお願いします。

コメントありがとうございます!!!

2015/04/16 (Thu) 21:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply