魚釣りゲームの緊急クエスト完遂条件とタックルの交換。盗られた獲物は取り戻せ!

ぼんごれ

samu_fishing

前回『魚釣りゲームの水中プレイ画面と探索方法。装備品作成とステータスと棚のアイデア』の続き。

獲物が人間以外の何かに捕食された場合、アングラーは獲物を喰った何かを追いかけ、
探し出し、喰ったそいつを釣り上げてクエストを完遂させなければならない。
そいつの胃袋には本来の獲物がいるはず。獲物を喰った何かもろとも、
釣り上げてこそモンスターアングラーだ。
これはG級クエストや緊急クエストのような高難易度クエストで、
ある意味裏クエストのような特別な時にしか起こらないクエスト。

獲物は生きている。生きているからには弱肉強食の世界の法則に則らなければ、
本来の意味での生命の尊さ、そのリアルさを再現できないはずだ。
それが自然(ネイチャー)だから。
このゲームはこういうことが普通に起きるゲーム。だから面白い。
獲物が喰われたら、喰ったやつを探せ。
そしてそいつを釣ってクエストを完遂しろ!


ちょっと説教くさかったけど、ま、そういうことまで考えてます。
喰った何かが魚だろうが鳥だろうが、なんでも良い。
盗られた獲物は取り返す。
それはこのゲームの隠された面白さ。
このアイデアいいんじゃない?モンハンにも捕食はあるけど、
獲物が何かを喰うことはあっても、喰われることは無いんだ。でもこのゲームではある。
横取りされたらそいつを探してそいつごと釣り上げる。うん。
そいつが魚だけとは限らない。空を舞う鳥、地を這う亀、泥に潜るザリガニ。何でもアリ。

つまり、第二ラウンド開始ってこと。
探索場所は水中だけじゃなくなる。陸上、空までが探索範囲になる。
だから水中だけじゃなく地上パートも重要なんだ。
でもアングラーは釣り以外の道具は使わない。手づかみやネットは決して使わない。
最後まで釣り人の武器と防具しか使わない。
それがモンスターアングラーだから。
第2Rの獲物も釣る。地上にいようが空にいようが、何とかして釣り上げる。

その時に必要になるのが、エサやルアーの素早い変更なんだ。
今の画面のまま瞬時に変えたい。でも一つ問題がある。

それは、ルアーのタックルとエサ釣りのタックルの違いなんだ。
ルアーの場合は単純にルアーを変えれば良いだけ。だから簡単。
でも、エサ釣り用のタックルを一瞬でルアー用のタックルに変えるのはダメなんだ。
どう考えてもタックルを丸ごと変えるのは一瞬ではありえない。
逆に、ルアー用のタックルをエサ釣り用のタックルに変えることもあり得ない。
それには糸を巻き戻す=同じ画面でチェンジはできなくなるってこと。

ルアーのタックルもエサ釣りのタックルも一長一短があって、どっちがいいとは言えない。
だから自宅で慎重にタックルを選ぶんだ。
つまり、エサ釣りタックルは、エサと仕掛けの交換が一瞬。
ルアーのタックルはルアーの交換が一瞬。
(メタルギアソリッドシリーズのアイテム切り替えと同じ感じ)
違うタックルの交換は時間がかかり、画面も変わる。

 
なぜこれが大事かというと、第2Rをプレイしてれば絶対に、
「あそこに奴がいる!今すぐこの画面のまま針をチェンジしたい!」
って時がきっとあるはず。まして鳥は素早く移動できる。空も飛べる。
いますぐにアピールしないとどこに行ってしまうかわからない。
逃したらまた探索からだし、時間がかかる。タイマーも残り少ない。
その時に針を切り替えれればアピールできるし、安心してプレイを続行できるはず。

そんなシチュエーションがきっとあるはずなんだ。そう思うよ。
これ、もしかして色んな許可が必要か?鳥獣保護とか、そういう許可。
実在の鳥獣や魚類じゃマズイ?まずかったりするかも。
そんなことはゲームになったら考えればいい。

ま、なんにしろ、俺は釣りも含めた狩猟をしてみたい。映像を見たい。でも大量の血はムリ。
だからゲームでやりたい。狩人視点じゃなく、釣り人視点の狩猟をやりたい。
だからこんなゲームを作りたいし、プレイしたいんだよね。

狩人視点の狩猟はモンハンがあるからね。
血と鉄と火薬の臭いのする昔のモンハンの世界観が好きなんだけど、もう戻らないだろう。
何が原因でこうなったのかはわからない。でも、今のモンハンは別のゲームになっちまった。
生きるための狩猟ではなく、レジャーとしての狩猟というかさ、楽しみの狩猟になっちまった。

もうこうなったら作るしかない。
今のモンハンよりも楽しくて、頭もちょいと使って、よりリアルで現実的な釣りという狩猟。
だけどどこかにロマンとファンタジーがあって、探索が楽しい。そんなゲームにしたい。
それを水中でどうやったら面白いゲームにできるかってのを考えてます。

絵を描くのが難しいんだ!投稿遅れてます。すいません。

次回『魚釣りゲームの新アイデア続々!探索のおもしろさとアウトドアの楽しさをゲームで!』に続く。
お疲れ様でした。
関連記事
Posted byぼんごれ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply