こんなゲームならプレイしたい!その2、声や音、環境音とゲーム。聴覚を攻めようぜ!

ぼんごれ

前回『こんなゲームならプレイしたい!その1、ゲームに関する修正点や問題点の話
に引き続き、記事が書けないので言いたいことを言ってお茶を濁そう。
どうしようもないくらいに記事が書けない。困った。まあいいや。

ゲームの雰囲気や世界観に似合わない声・声優はいらない
アニメタイプやファンタジータイプのゲームなら理解できる。それでもたまーにおかしな声を
発する人がいる。その人の声を聞くだけでゲームが台無しになる、現実に引き戻されてしまう。
その人は、ゲームの声じゃなく日常生活の声を出してる気がするから、違和感が消えない。

ゲーム用の声を作っていないというか、他の声優さんとの声のトーンが違うというか、
その声がいい方向に転がって、ゲームの味になればいいんだけど、そうはならない。
シリアスなゲームで、周りの人が声を抑えて発してるのに、その人だけ場違いな声を出す。

キャスティングの与算とかスケジュールとか色んな都合はあるけど、役に入りきれなかったり、
厨二病的な気持ちを持たない人に声を当ててほしくは無い。
その人がいるだけで、ゲームの完成度が下がると思う。それくらい声は重要だと思うんだ。
誰とは言わないけどねw。

それとはちょっと違って、元気がありすぎてうるさい声の人もいる。
特に今時の若い声優になりたての女性。声質もあると思うんだけど、アニメなら全然あり。
でもゲームになると、その声を何度も聞くことになる。何度も聞いてるうちに、
「うるさいな、コイツ」ってゲームを続ける気が起きなくなることもある。

すーっと耳に入ってくる、聞いてて気持ちいい声ってあるよね。何デシベルだか何ヘルツだか
知らないけど、そういう声の持ち主っていいなーって思う。男性女性関係なく、そういう人に
声を当ててほしい。

ゲーム音・サウンド・SEに魅力があるゲームは好き
石を掘ったり、木を切ったり、それを拾い集めるときのポコポコ音は、耳にやさしい。
マイクラ独特のポコポコ音は、それだけ聞いてても飽きないんだ。心地良いんだよね。
だから整地動画ってのが成り立つ。整地動画ってのは、ひたすら地面を掘って、
山や谷を削って真っ平らにする事が目的の動画のこと。

別に整地した後、そこに何か建設するわけじゃない。ただひたすら真っ平らにするだけ。
トラップを作ったりするけど、それは整地が終わってからの話。ひたすら整地するのが目的。
整地が楽しい。その時の整地音を聞くのも楽しい。ビフォーアフターを見るのも楽しい。
整地動画とはそういう動画なんだ。ポコポコ チャリチャリ ボーン!!

そういう音をRPGとかでも再現できたらいいね。雨音とか雪の上を歩く音、その他。
いつまでも聞いてて飽きない音って、ゲームを楽しくするでしょ。バリバリ動き回るグラや、
世界観も大事だけど、こういう飽きなさせない音ってのもゲームで大事だと思うんだ。

環境音はゲームに臨場感を出すから必要
山に行けば鳥がさえずる音や木々が風でザワザワゆれる音、海に行けば波の音や
カモメの鳴き声、海を感じる潮の音、草原に行けば風が草原をなでる音、
洞窟に行けば時々流れる空洞音。

ゲームって視覚的に情報を伝えるけど、聴覚だって負けないくらい情報を伝えるんだ。
BGMとは違う、架空の場所だけどその場にいるような錯覚、臨場感。
これをプレイヤーに伝えるには、海に行って録音しただけでは臨場感は出ない気がする。
海の音と潮を感じる音とは違うと思う。その違いが臨場感だと思うんだ。

ハッキリと何が違うとは言えないんだけど、なんか違う。録音した音じゃなくて作った音か。
音を作る。それはどんなゲームもやってると思うんだけど、グラが派手すぎて
音に興味が出ない。グラは地味でいい。それを音でカバーする。臨場感のある環境音。

いくらグラを派手にしたって、ドラゴンの息遣いとか、そこにいるから感じる場の雰囲気、
それを音で感じると主人公と同化できるんじゃないかな。そんな気がします。
環境音と声が別々なんだよね。声をハッキリ聞き取らせることは重要だけど、
だから環境音と声が一体化してないつか、環境の中でしゃべってない気が凄くする。

声だけスタジオで録音した感が、違和感がするんだ。それをなくせれば、ゲームはもっと
よくなるんじゃね。どうしたってゲームは目なんだよ。視覚から情報は入ってくる。
今までは聴覚、耳から聞こえる音って視覚のサポート的だったけど、
聴覚を攻めようぜ#!音って細かいことを伝えるのは苦手。
だけど、ゲーム全体の雰囲気や世界観を伝えるのは、音が一番いいんだ。
画面を真っ暗にして、音だけ聞かせる。それだけで今どんな場所にいるかがわかる。
視覚ほど一瞬じゃわからないし、時間がかかるけど音だけで自分と周りのことが把握できる。

あ!目が見えないクエストってどうよ。音だけで敵と戦う。真っ暗闇を探索する。
松明の火は無いです。光源を奪われた状態での探索。おもしろそう。ぼんやりとしか見えない。
敵の位置を音で察知して戦う。ぼんやりはやめて、真っ暗が良い。光源魔法もなし。
そしたら誰もが耳に意識を集中して見えない恐怖と戦うはずだ。おもしろそう!

お疲れ様でした。
関連記事
Posted byぼんごれ

Comments 2

There are no comments yet.
玉の緒  
音は重要

声は重要ですよね。
私はゲームというよりアニメで声優さんに接する機会が多いですが、実力のある人はキャラが違うとそれにあわせた声にしていて本当にすごいなぁと思います。

私個人の意見なんですけど、実際に異性はいくら顔やルックスがよくても声が良くない人は魅力的に感じません。

音というのは確かに一番ではないかもしれないけど、重要ですよね。

2014/11/09 (Sun) 18:28 | EDIT | REPLY |   
ぼんごれ  
Re: 音は重要

玉の緒さんこんばんは。

自分の声に自信があれば色々役に立つことはあると思うんですが、俺にはないですorz。
ただ、ゲームの完成度を上げるためには、音は非常に重要だと思います。
何の変哲もない山でも、それをゲームで再現するには風の音や鳥の鳴き声、
木々のゆれる音とか雨が降れば雨音など、それがあるだけで臨場感はまるで違ってきます。

音を聞いただけでどんな場所にいるのかが大体わかりますね。
それにゆっくり流れるBGMや主人公の動作音、もうそれだけで冒険してる気がしてきます。

声優さんて歳とともに声質は変わってくると思いますが、間の取り方とか声の調子、
そういうのは逆にその人の技になってきますよね。

鑑定団のナレーターの銀河万丈さんが、ガンダムのギレン役の時は別人に変わりますね。
鑑定団の明るく和やかなムードとギレンの時のキレッキレの声は別人に聞こえます。

そういう技があって実力がある方の声は凄い魅力絵お感じますね。
ギレン_演説で検索してみてくださいw。別人です!

コメントありがとうございます。

2014/11/10 (Mon) 01:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply