時間は誰にでも等しく流れる。ポーズ中や装備替え中でも時間は流れる。ナイスアイデア

ぼんごれ

どんなゲームもインベントリ(手荷物)を開いて装備を変えたり、アイテムを使ったり、
そういう時って必ず時間が止まってるよね。ディオのザ・ワールドみたいにさ。
でも少しずつ時間が流れてたらどうなるんだ、って話。

そもそも戦場でバトルの真っ最中に装備を変えるってことは、そこで別の防具をインベントリ
から出して、よっこらせ!つって脱いだり着たりしてるわけだ。ゲームの定番中の定番。
誰も考えたことなさそうだけど、実際に戦場でそんなことできるわけない。

街中や家の中ならわかる。でも既にエンカウントしててバトルしてる状況で、ワールドの中の
自分だけが思い通りに時を止められる。これって主人公特権みたいで、俺は嫌だ。
ワールドに生息するすべての生き物と同じように、自分にも同じ時間が流れて欲しい。

ゲームに緊張感や緊迫感を出すためには、ポーズの設定ができればいいんだよね。
時間が止まるポーズと時間が流れるポーズの二択があればいい。
これこそリアルアクティブタイムバトルだと思う。防具の着替え中に敵に襲われたら
着替え終わってない部位の防具は裸になる。おもしろそうでしょ。

だから、町からフィールドに出るときに、防具を吟味することが重要になるんだ。
近くに敵の気配がなければ、フィールドでの着替えもOKだけど、町とフィールドとの違い
みたいな、安全か安全でないかの違いを実感したい。ただ寝に帰るところではないはず。

夜になれば町の外門は固く閉じられるし、安全をキープしなければならない。
夜間の人の出入りは小さな扉だけ。それくらい夜は危険なんだ。だから町が安全になる。
普通に考えれば町の宿で翌日の旅支度をして、足りないものは翌日店が開いてから
買いに行く。リアルでもコンビニがない時代はこんな感じで暮らしていた。
(だからお醤油をご近所に借りるという生活があったんだけどね)

それと同じことをゲームでもできないか、って話なんだ。
今よりリアルで緊迫感や緊張感を感じる、リアルな時間の流れを感じるRPG。
時を自由に止められないRPG。
主人公補正とか、主人公特権とかが一切ないゲーム。モブのような主人公ゲーム。
というより、登場人物全員が主人公のようなゲーム。その中の一人を操作できる感じ。
それいいね!
登場人物全員が主人公のようなゲーム。その中の一人を操作できる感じ。
これだ!俺のイメージに近い!そこに時間は等しく、誰にでも流れる。
だから町が安全が大事なんだ。

いいね。登場人物全員がそれぞれの生活をしている。畑仕事とか鍛冶とか、猟師とか、
その中の一人をキャラメイクはするんだけど、キャラメイクした主人公でさえワールドで
生活してるようなイメージ。生活感ていうんじゃなく、実体感つか、ゲームの中での現実感。
そこに時間の流れは誰にでも等しく流れる。主人公だけザ・ワールドできるから、
なんか入り込めない。感情移入できない。操ってる感が物凄い。同化できてないんだよね。
主人公とプレイヤーに距離がある。

だからそれをザ・ワールドなしで、完全な一時停止、ポーズを無くしてみれば、
主人公の行動=プレイヤーの行動にぴったり同化できるんじゃねーかなーって話なんだ。
RPGのお約束を破ろう。どんどん破って行こう。それで新しいお約束を作ればいい。

どうにもさ、RPGで戦闘や探索してるときは主人公になりきってるんだけど、
装備を考えたり一時停止のポーズしてる時って、俺になっちゃうんだよね。
主人公の○○じゃなくて、現実の俺になるんだ。確かにプレイしてるのは俺だけど、
ゲーム中では俺じゃない、○○なんだ。

だから〇〇と俺との距離を出来るだけ縮める。それには時間が完全に止まる
一時停止や装備替えの時も、時間を流す。誰にも等しく時間を流す。
それが主人公特権をなくせるし、俺と主人公との距離を縮めてくれるんだと思う。

ポーズ中、時間が流れる速度が常に同じならハードモード。ゆっくりならイージー。
で、完全停止もできる。いいじゃん!良いアイデアじゃん!おもしろいよ。
このアイデアを夕べ寝ながら考えましたw。

お疲れ様です!
関連記事
Posted byぼんごれ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply