地形を知るとゲームが一段とおもしろくなる!エデンとマイクラとブラタモリの地形の話

ぼんごれ

なーんにも書けない日はエデンのことでも書こう。なんも書けんぞw。どうする#
書けないんじゃない、書く内容がまとまらないだけなんだ。書きたいことはいろいろある。
でも、それが記事として一つにならない。だから結局書けないってことなんだ。難しい。

エデンで虹の大地でレイドした時(だっけ)、虹の大地の先端から見た景色は、
一面の毒沼が広がってるって話を他の冒険者さんとしたことがあるんだ。

eden_nijinodaiti_kesiki

赤丸が虹の台地。そこの突端に立って下を眺めると、毒の沼地が広がっているはずなんだ。
その毒はどこから流れてくるのかって話になって、毒沼でも毒が発生してると思うんだけど、
それよりももっと半端ない量の毒がどっかから毒沼に流れ込んでるはずだと。

腐敗の森も毒化するし、煙れる森も毒になる。じゃ毒の出所はってなった時に、
月影の古城から流れてくるはずだ。毒の発生原因は古城に違いない!
って結論になったんだ。

そういう地形的なおもしろさって良いよね。どのエリアも平面じゃない。
虹の台地は高台になってて、水晶湖から湖岸の森、虹の台地にかけて
上り勾配が続いてるはず。緩やかな坂だったり、つづら折りの山道になってるはず。
虹の台地の頂上から南米大陸のギアナ高地にある、エンジェフォールみたいな
大きな滝が絶えず流れてて、流れ落ちる滝の水蒸気のせいで、常に虹がかかっている。
だから虹の台地って呼ばれてるはずだ。

マップでは平面だけど、妄想だけでそこまでの地形が思い浮かぶんだ。
そういう地形的な関連性だとか、イメージ、妄想、地形を考えるおもしろさとかってのは、
NHKでやってたブラタモリにちょっと似てる気がしておもしろい。

ただブラブラ散歩する番組よか何倍もおもしろい。地形ファンというか、地形オタみたいな、
マインクラフトでもおもしろい地形って、見るとおもしろいよね。
「ここ絶対に悟空とベジータが戦った場所だろ!」とか、「このくりぬかれた巨大な穴は、
かめはめ波を撃った後だろ!」とかね、風車の人のトンネルの薀蓄とか、
あえて地形を真っ平らに整地する整地神ことボンさんとか、いろんな人の動画を見るけど、
やっぱりあの人の動画は今見てもおもしろい。

それはマイクラ実況史上伝説となっている、○どんさんの動画。
マインクラフトの生放送や実況プレイがまだ誰もやっていない状況で、
誰もマインクラフトってゲームがどういうゲームか知らないんだ。俺は知らなかった。
そこに前川ピュタは誕生したんだよね。

地形的なおもしろさと、生放送の最中に荒らしが入って偶然できた言葉なんだ。

事の経緯は知ってる人も多いと思うけど、実況主の○どんさんがマイクラをプレイ中、
現実的には絶対にあり得ない、非現実的でどこか美しく、かっこいい地形を偶然に発見。
重力を無視したラピュタ的な景色や地形に驚き、ありえない雰囲気を味わってる最中、
『前川氏的にクリスマスはキリスト教的なイベントだから仏教的人種はスルー的な?みたいな?』
というコメントを誰かが連投。コメントを三崎読子という音声ソフトに読ませていて、
この荒らしコメントを何度も三崎読子が読み上げる。何度も何度も。
それに気づいた○どんさんが荒らし行為に気づき、その後にリスナーが名づけた。

『命名、前川ピュタ』。

マイクラ(Minecraft)の話じゃなくて地形の話なんだけど、マイクラみたいな超自然的な地形と、
ブラタモリの地味だけど、路地の奥深さや地形のわずかな違いと、その歴史や人とのつながり。
全く違う2つの地形的な話だし、ジャンルも違うけど、そういう地形のおもしろさって意味では、
派手か地味かって違いだけで、基本的な地形のおもしろさでは同じなんだと思う。

マイクラにはマイクラの地形のおもしろさがあり、
ブラタモリにはブラタモリの地形のおもしろさがある。

まだぼんやりしててイメージが掴めてないけど、和風箱庭RPGのシリーズに地形のおもしろさを
なんとか再現したいな。

移動しながら狩猟や戦闘ができるんだから、足元の地形は重要だよ。
歩きやすい地形、ガスが噴出してダメージをくらう地形、鬱蒼と樹木が茂ってて薄暗い地形、
大きな岩がゴロゴロした歩きにくい地形、色んな地形があると思うんだ。

そういう地形の違いのおもしろさって、あまりゲームやRPGに再現されてない気がする。
モンハン4の遺跡平原とかの小さな段々は良いと思う。そういうのもいいんだけど、
一番最初に書いたエデンの虹の台地から眺めた景色や地形の話。こういう立体的な地形も
おもしろいはずなんだ。

「あそこから見た景色と、ここから見た景色が全然違う!」とか、そういう驚きが大事だと思う。
地形の変化による驚き、地形が組み合わさった構造的な驚き、そういうのはいいなー。
それだけでプレイが楽しくなると思うんだ。そんなゲームを書きたい。難しいけどねw。

お疲れ様でした!
関連記事
Posted byぼんごれ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply