スリングショットと丈夫な袋と小石と砂。これが子どもの武器だ。和風RPG

ぼんごれ

和服のインベントリと武器使用スキル 剣術からの枝分かれと攻撃方法の続き。

和風RPGのアイデアで、仮に主人公が子どもだったらどうなるか。
ちょっとゲーム的にありえないけど、考えてみたい。

そもそも『強い人』ってのは、相手との距離をどんどん近づけていける人だと思う。
「前へ、前へ」って距離を縮めていける人は、戦闘に慣れた人。
それには本格的な剣術や体術を体に覚えさせて、相手の攻撃をかわせる人。

だけど、6~7歳くらいの子供は大人のまねができない。力や瞬発力が低いし、
重い武器が持てない。判断力もまだ弱い。

主人公の子供時代の武器は何が良いのか。その武器を考えた。

俺は石や砂を投げて敵をかく乱して、その隙に逃げる。これしかないと思う。
つまり遠距離攻撃だ。その為には丈夫な袋がメイン武器になるんじゃない?
戦闘用の頑丈な袋。

その袋に拾った石とか砂を入れて、根付けで腰の帯にくくりつける。携帯のストラップ。
根付けを集めてコレクションするサブクエストは是非やりたい。
戦闘用の袋の他に、ヨモギとかの薬草や食べられる草とかを入れる袋がある。

俺も子供の頃は、なぜだか知らないが小石や貝殻を集めてた。それと同じ。
ただ、ゲームの場合は投擲用の丸い石や水切り用の平たい石、どんぐり、
矢の先端や槍の先端につける、尖った石などを旅しながら集めていく。

そして木の棒とあわせて槍を作る。子供用の槍。
実は槍の前にスリングショットを初めての武器にしたい。
それにはゴムが必要だ。そのゴムは、実はペリーが日本に持ち込んだらしい。
でも、このゲームの時代では、まだゴムは無い。

それで、あるクエストを完了すると、少しだけ分けてもらえる。
そのクエストの依頼主はやっぱり外国人。
で、クエストでもらい集めたゴムと、丈夫な布とY字の木の棒を組み合わせて、
初めての武器、スリングショットを作る。

こっから積極的にけものを狩ったりできるようになる。
やっぱり最初は遠距離から始めるのが良いと思う。

何でこんなこと考えたかった言うと、ドラクエ5で主人公はおやじと一緒に旅してた。
主人公は成長するんだ。あれは凄く良いと思ったんだ。まねしたい。
それには子供でも十分使える武器が必要だ。じゃ、どんな武器が良いんだ。

それで、非力な子供でも使える武器として、スリングショットが良いと思ったんだ。
でもそれだけじゃ大人に勝つのは難しい。ならば隙をついて逃げるのが良いと思うんだ。
子供だから一度捕まったら最後、逃げ出すのは難しい。

だから丈夫な袋と石ころ、目つぶしの砂が必要なんだ。

それと、実際の狩猟って獲物のフンとか足跡を見つけてから尾行が始まるんだ。
俺さ、『○○が現れた!』てのが不思議でさ、本気で獲物の息の根を止めたいなら、
後をつけて夜寝た時に一気に始末すると思うんだ。

寝た時じゃなくてもスキを作った時や武器を手放した時。うん。
攻撃するってことは攻撃されるかもしれない。無暗に手を出せば手傷を負ったり、
致命傷を負うことだってあるはず。

だから自分が命を落とすことも当然ありうるから、とりあえず尾行して、
相手が無防備になった瞬間を襲うと思うんだ。
そんな手に汗握る戦闘、狩猟、してみたいわ!ww

別にRPGじゃなくてもいい。獲物は猪とか熊とか、そういうのでいい。
純粋な狩りってしてみたいなー。現実じゃできないからさー。
狩猟ゲームってさ、もっと不親切くらいが良いと思うなー。俺の個人的な感想だけどさw
だって、親切過ぎると頭使わねーじゃん?体使わねーならせめて頭使おうぜ。死にながらさw

山にはトゲがある木や漆の木とかでダメくらうでしょ。かぶれたりさ。
そういうのを覚えて回避したり、毒草とか毒蛇もいるから解毒の知識も、つーか薬学だな。
そういう知識も必要だよね。そいういうのも楽しいサブイベントにしたい。

根付けをGETするごとにステが上がるとか。いいかもwww
鬼なら腕力、狐なら妖力、達磨なら精神力、鉋なら技術力とかさ。面白そうじゃねーか!これ。
もっと沢山あるだろ。なきゃ作っちゃえwこのシステム、使えんじゃねーwww

これはいいアイデアかもよ。我ながらよく考えたシステムだわwww
罠の作り方とか。罠だって色々あると思うんだ。獲物の大きさによって小型、中型、大型用ってさ。
木とか竹のしなりを利用した罠とかね。そういうゲームってあんのかなー。あったらやってみたい。

妄想したいことが山のようになって、今日はまとまらんぞw

やっぱ武器は改造していきたい。うん。改造に必要な素材を集める。
スリングショットはそのままだと弾道がブレて、命中精度が上がらないから、
腕に固定できるように改造する。

その為の素材を手に入れる旅に出たり、狩猟したりとかする。
スリングショットの弾の石もねー、色んな石があると思うんだ。花崗岩とかね。なんとか岩とかw
その岩の種類でダメージが変わったり、後は形。水切りできるような薄い石は多段ヒットしたり。
なんだよ!スリングショットおもしれーじゃん!

村のクエスト達成状況でゲームオーバー画面に変化が出る。義賊スキルと加入クエストに続く

お疲れ様でした。
クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)
貴志 祐介

角川書店(角川グループパブリッシング) 1999-04-09
売り上げランキング : 13802

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

天使の囀り (角川ホラー文庫)天使の囀り (角川ホラー文庫)
貴志 祐介 酒井 和男

角川書店(角川グループパブリッシング) 2000-12-08
売り上げランキング : 3402

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

クリムゾンの迷宮は今でも持ってます。天使の囀り(さえずり)も読破して今でも持ってます。
この2冊は面白い!他に黒い家と青の炎も買って読みました。
でも俺はクリムゾンが一番いいな。ゲーム好きには良いですよ。

この本で貴志祐介って人を知り、俺的にドツボにはまったので他の作品が読みたくなって
天使の囀りを知りました。『修道士カドフェル』を読んだ後、
電車で読める本を探してた時に買いました。今はホラー小説は見たくもないですw。

冴えない中年の主人公が目を覚ますと、周りは見たことも無い真っ赤な土地だった。
なぜ自分はこの場所に。記憶を辿るのだが、よく思い出せない。他に人はいないのか。
脱出する方法、生きる方法を探さなくては。

フラリと立ち上がり、よろよろと歩き出す。ふと岩陰の向こうに何かが見え、
近づいていく。人影のようだ。人間だ!自分一人じゃなかった。

幾つか話をして思ったんだが、彼女はどこかおかしい。目の焦点が合ってない気がする。
そんなことより今はどうやって生き残るか、帰る方法を考えよう。二人は移動を開始する。

ずーっと遠くに何かある。大きな動物か。黒い塊は人間だった。それも七人もいた。
よかったのだが、ここから死のゼロサムゲームが始まる!

もっと書きたいけどやめとこうw人間がどうやったら食屍鬼グールになっていくのか。
その様子や、グールを倒す方法。

罠を使うんだけど、その罠の作り方や種類。
そして自分達の後を追いかけてくるグールとの心理戦。

まだ距離はあると思い込んで安心していた時の、実は数百メートルしか離れてないと
解った時の恐怖。そんで最初に見つけた彼女の謎。V字谷。サバイバル。
忘れていた記憶とかね。色んな伏線があるんだ。
難しいことは解らないけど、描写力が凄いからすぐにイメージできるんだ。

超お勧めの一冊です!面白いですよ!
関連記事
Posted byぼんごれ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply