経営とお惣菜調理は一心同体。旨い惣菜を作って売って利益を出す。それが経営!

ぼんごれ

調理作業モード全般が形になったから、次は経営書いてみっか。
経営つったって俺の乏しい経営シミュレーションゲームの知識と経験じゃな。
まいいや、書いてればいいアイデアが思いつくだろ。

経営つったって、その、戦略的な経営とお惣菜店の経営ってあるよな。
戦略的な経営ってのは企業買収とか用地買収とか、ちょっと前にはやったM&Aとかかな。
敵対的買収と友好的買収。旧ライブドアがフジテレビに対して仕掛けたのが、
敵対的買収だと思う。

でもま、これはお惣菜店の経営や売り上げが軌道に乗って、しばらくしてからの話。
まずは、お惣菜店の経営的基盤を固めることが先決だな。
お惣菜店の企業的体力を上げること。つまり、利益をしっかりコンスタントに出すこと。
利益が出ないなら、何が原因で上手くいってないのか、それを確かめることが
お惣菜店の経営的基盤を固めることにつながる。

それには、良い味と良い値段のお惣菜を作って売りまくること。
いつもの安くておいしいお惣菜とは別に、高級志向のお惣菜を作る。
ほら、マックとか、UNIQLOとか、実際の企業が安い品物のほかに、高級志向の
高品質の素材を使って、一般の商品とは別路線で作った高額商品があるじゃん。
ああいうことも取り入れていきたいんだ。ゲームだけど、やってることは世間で起きてることを
なるべくリアルに取り入れたい。そのほうが絶対おもしろくなるはずだ!

ゲーム中の経営ってのは、大きく分けて、お金の流れと人の流れと物の流れ。この3つ。
お金の流れは毎日の売上金と、食材の仕入で出ていく費用と、従業員の給料の3つ。
人の流れは従業員のシフト管理かな。
物の流れは仕入れる食材と商品のお惣菜の販売の管理だね。

つまり、金、人、物の3つが経営に関係してくる要素なんだ。
この辺は割と現実的でリアルな、実際の販売店でもやってるようなことを再現したいんだ。
経営ってそんなに単純じゃないし難しいけど、ゲームでならおもしろく再現できそう。
そういう経営のおもしろさも込みでシリーズを考えて行こう。

ま、どんな経営ゲームも最初は元手になる資本金がある程度あるはずなんだ。
シムシティやA列車で行こうとか、他にも色々あるけど、どの経営シミュレーションゲームも
元手になる資本金をある程度持ったままゲームがスタートする。

でも、このお惣菜店経営ゲームには、資本金らしい資本金が無い、または非常に少ない。
無いというか、道の駅で自分のお惣菜が置けること。これに資本金を使ったようなもの。
ゲームをプレイするにあたって、最低限必要なものは売り場の確保。これ。

売り場の確保にほとんどの資本金をつぎ込んでしまったわけなんだ。そうするしかなかった。
恵子さんのなけなしの資本金を既に使った代りに、道の駅に売り場がある状態から始まる。
まずは経営のことは置いといて、おいしいお惣菜を作って、人気になること。
お惣菜目当てに道のお気にお客さんが訪れるようになること。これが最初の課題。

その為にはガイド通りに作ってたんでは、お客の要望をかなえられない。
火力や冷蔵・保存時間、調理のタイミングを微妙に変更して、スロットに記憶させつつ、
恵子さんではなくお客がおいしいと言えるお惣菜を作って売らなきゃならないんだ。

とにかく最初は経営のことは置いといて、頭から忘れて、おいしいお惣菜を作って売ること。
その為には商品に目立つPOPも必要だし口コミも必要、試食用も要るだろうし、
お客の感想から味を微調整することも必要になってくる。

それくらい味を決めるってことは重要なんだ。
それがやがて売上金として帰ってくる。手間をかければかけた分だけお金として戻ってくる。
そういうゲームにしたい。記事を書きたい。
こういう方向性で経営モードは書いていきます。

お疲れ様でした。
関連記事
Posted byぼんごれ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply