日本中の神の使い(20神使)の状態と石像、戦闘中、変身した姿の違い

ぼんごれ

前回:『戦乱の原因は人に見放された神の使い。暗黒面に堕ちてボス敵になる

20神使と4つの状態


魔神使になりそうな神使(神の使い)を書きだそう。

鼠(ねずみ)、牛、蜂(はち)、兎(うさぎ)、亀(かめ)、蟹(かに)、鰻(うなぎ)、
蛇(へび)、海蛇(うみへび)、白蛇(はくじゃ)、狐(きつね)、鹿(しか)、
猿(さる)、鳥(とり)、鶴(つる)、鳩(はと)、鷺(さぎ)、鶏(とり)、狼(おおかみ)、
鯉(こい)の計20神使。

これが日本全国に散らばっている神使なんだ。
神様は神社のご本尊つか、建物の中に隠れてて見えない。
神使は狛犬(こまいぬ)のように台の上の石像で、住民や神様を守ってる。
境内にある土台の上にくつろいだ像になってるんだ。誰も見たことあるはず。

日本全国の神使像(神社)を青森県全域に集める。
で、この神使一覧の中から魔神使(魔の神の使い)になりそうなひねくれ者はいるのか。
根に持つタイプの神使はいるのか。不謹慎な話だけど、ゲームだからしょうがない。

神使の状態は4種類あると思う。
1、先祖代々正真正銘の神使。
2、地元民の管理不行き届きで神使を恨むようになった魔神使。(元神使)
3、地元民の信仰心で神使に戻しつつある魔神使。
4、魔神使だとわかりつつも地元民が信仰し続ける魔神使。

根っからの悪役は最初からいないんだ。どいつも最初は良いやつだった。
ただ、人の増減で集める信仰心が神様によってまちまちになり、
信仰されなくなった神を見た神使は、人気者の神を恨み始める。嫉妬だ。

直接の原因を作ったのは人間だから、人間にも刃を向けるようになる。
そうすると次第に悪に染まっていく。
善良な神の使いが悪魔のささやきに、どんどん心惹かれるようになる。

元々悪霊を払いのけてたはずだから、力も魔法も半端なく強い。
主人公はそいつらと戦いながら歌で魂を浄化して、昇天させる。それか魂粒に込める。
そうやって暗黒面に堕ちた神使は倒されていく。いいね。

神使と魔神使の姿


神使の姿はどんな感じなのか。やっぱり人間に近い人型だろうね。
境内に鎮座するのは動物の姿だけど、普段は人型がいい。

で、戦闘が始まって、手下のザコ敵が倒されると本当の姿を表す。
それはウサギの神使だったらモンハンのウルクススみたいなデカい兎に変身する。
余裕がなくなると、人型から変身する。

そもそも神様のパシリだから、そんなに強くは無いと思う。

そもそもこの話は、モンスターを戦争に引っ張り出す良いアイデアはないか、
ってことから始まってるんだ。
で、魔の神の使いは強さによって、ザコボスから中ボスまで幅広い。

それ以上の高位のボスが欲しいから、中ボス以上ラスボス未満の魔の神もほしい。
魔神なら魔物を生み出しそうだし、素質は十分にある。魔物の親玉だからね。

南部軍VS津軽軍。それを援護するように、魔神と魔神の使い、神と神の使いの両陣営が
人間に混ざって戦乱になる。
これだ。人間同士の戦争に、神の軍と魔の軍が入り乱れて戦乱に参戦する。

南部に神の軍と魔の軍が、津軽にも神の軍と魔の軍が、それぞれ人を援護する。
なぜなら、南部も津軽も、お互いの領土の中に神を祀る神社、魔神を祀る神社がある。

元は魔神も神だった。だから神だろうと魔神だろうと、神社周辺の人は信仰していた。
たまたま信仰心が薄れて、天邪鬼な神使が魔神の使いになってしまっただけ。
だから全部神使なんだ。善と悪の神と神使同士の戦い。

そう考えれば、善悪間の争いがメインで、武将同士の合戦が代理戦争になるのか。
人の信仰心を奪う競争になる=相手陣営の信仰心を奪えばいい
=信仰する人間を滅ぼせばいい=相手の信仰心が薄くなって、自分が優位に立てる。
てことか。

この「信仰する人間を滅ぼせばいい」ってとこが重要。
神の軍と魔の軍の争いと、人間同士の戦争を、どうやって結びつけるかだな。これだ!
これさえ考えれば、全部が丸く収まるぞ!考えよう。

基本は土地なんだ。武将は相手の領土が欲しい。神使は相手の神使を信仰してる、
人間と神社がある土地を丸々奪いたい。これだ。

だけど、神の使いともあろう神使が、自ら戦争を仕掛けることはできない。
で、人間界を見てみれば、ちょうど合戦が起きそうな危うい状況。
ここで遊び好きの神使の一人がこんなことを言った。

俺たち暇だから、お前らも一緒に、
この合戦に参戦してみないか!?遊びでww


ひーww。こんなのでいいのかwつづく。

次回:『ラスボス予定の津軽の武将、津軽為信は宗教狂いで降格
おたのしみに。
関連記事
Posted byぼんごれ

Comments 2

There are no comments yet.
玉の緒  
祟られると怖そうなの

>>魔神になりそうなひねくれ者はいるかい?

やっぱり蛇系とか狐とかですかね?

いかにも祟られそう。

あと神使といえば漫画(アニメ)の「ぎんぎつね」ですが、あれにもちょっとひねくれた狼の神使がでてきた。

それと猿はひねくれると怖そうだし、鶏も頭が固くて一筋縄ではいかなくなりそう。

2014/10/19 (Sun) 09:53 | EDIT | REPLY |   
ぼんごれ  
Re: 祟られると怖そうなの

玉の緒さんこんばんは。


> やっぱり蛇系とか狐とかですかね?
そうですね。狐や弱くて邪魔者扱いされてる鹿とか、神使にしては存在感の薄い魚ですかね。
もうすぐドラゴン誕生の話も投稿されますけど、こういう弱そうで存在感の薄い神使から・・・w。
この話は記事をお楽しみにw。

納得できる形でドラゴン(竜)を出現させることはできました。屍鬼との絡みもOKです。
なかなか面白くできましたよ。理屈もちゃんとしてるし、話の筋も通ってる。
竜になった経緯もしっかり書けました。楽しみにしててください。

あとは鬼をどうするかです。まだ何も書けてませんが、人っぽくするのか、オークっぽくするのか、
亜人として主人公にできるのかそうでないのか。竜の話よりも難しくなりそうw。
ま、じっくり考えます!

コメントありがとうございます。

10月23日投稿予定:『ドラゴン(竜)出現の話1/3』
http://bongore0066.blog.fc2.com/blog-entry-262.html

2014/10/20 (Mon) 23:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply