経過報告 お惣菜調理と作業分担がこれで完了!お惣菜が作れるようになった!

ぼんごれ

前回の『従業員への作業指示を考えた!エクセル使ってたら凄いアイデアひらめいた!
で、従業員が増えても作業の指示の方法を、エクセル使って考えることができた。
同じような作業をグループ化でまとめて作業できるようになった。
グループ化は恵子さんを含めた従業員全員を、プレイヤーが成長させることで、
グループ化の範囲を拡大できて、プレイヤーのゲームの効率化ができるようになった。
ゆくゆくは調理作業全体をグループ化して、恵子さんは経営に専念できるとこまで考えた。

ここまでが前回で書いたところ。結構な時間をかけて頑張って記事にしました。
このシリーズで大事な部分を記事にできたんだ。

お惣菜調理に関してはこれで行けるんじゃないかな。行けるはず。
ガイド通りに食材の仕込みをして、火力設定と味設定の微妙な違いを商品用や試作用、
イケメン用、その他のレシピデータスロット(R.D.スロット)に何か所もセーブできて、
しかも移動やコピーができる仕様になってる。
で、調理は音ゲーのようなタイミング取りと長押し、単発押しの区別がある。

ここまでできたら、すでに鍋にはお惣菜ができているんだ。煮物だけどさ。
煮物以外の焼き物、蒸し物、炒め物とかさ、加熱料理は全部行けると思うんだ。
お惣菜で生ものってあまり見ないけど、漬物でもガイドと音ゲーのタイミングと、
味設定とスロットへのセーブができれば、できるっしょ。お惣菜調理全部これでいけるでしょ。

俺なりに考え抜いて前回の記事を書いたからさ、調理に必要なゲーム要素は、
全部できるはずなんだ。ガイドの通りに操作してれば、一通りの料理はできるようになった。
それに、プレイヤー独自の判断で、火力や味の調整とセーブもできる。レシピ変更ができる。
客の反応はどうなるかわからないけどね。それは今後の話。

調理モードは書けるだけ書いたから、この辺で一区切りつけたいんだよね。
そろそろ他のことも書きたい。

シリーズ初完結に向けて、記事を書いていきたい。中途半端には終わらせたくないから、
全部納得できたうえで完結させたいんだ。その為には調理モードをここで区切ろう。

調理と関連した客の反応とか、レパートリー増加の方法、レシピの紙片探索とかさ、
マップとか、まだ話を煮詰めなきゃいけないことはいっぱいある。
あとから良いアイデアが浮かべば、追加で記事にしますよ。うん。
どんどん良いアイデアを考えて、最高のゲームシリーズにしたいんだ。妄想だけどw。

ま、今回はこのシリーズの状況説明で終わりかな。
これで調理モード全般と、従業員への作業の振り分けが終わりました。
このシリーズの一番大事な部分、お惣菜調理と作業分担が完了だ!
次回からは別の話を記事にします。

お疲れ様でしたー。
関連記事
Posted byぼんごれ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply