有益な情報は、果たして本当に有益なのか? ブログのアクセスアップの近道とは

ぼんごれ

ブログなりツイッターなり、ネットで何らかの情報を発信して、
かつ、アクセスが欲しいと考える人の、何をしたらアクセスが増えますか?
という問いに対して、多くの人がこう答えるはず。

有益な情報を提供しているかどうか。

このたった一つの答えが正解と言われてるけど、
俺は答えの玄関でしかないと思う。
最終目的地の「人間」にまでたどり着けてない。

samu_pc

確かに有益な情報を書き続けることは、とても大切で重要なこと。
でもそんな重要なことは既に誰かがやってるんですよ。
別に自分が書く必要はない。

すでに始めてる人の方が断然内容が濃いし、知識も豊富。
とてもじゃないが、これから始めようって人は追い付けない。
じゃ、どうしたら良いんでしょうか。これからブログを始める意味があるんでしょうか。

ブログやっててアクセスに悩んでいる人だったら、誰でも知りたいことです。
俺だって知りたいです。俺だって相当悩んでますよ。
でも、ただ一つ言えることは、

続けること。

不特定多数の人に向けて言いたいこと、伝えたいことを書き続ける。
何が有益かなんて、そんなもの一つなわけないじゃないですか。
例え一つしかない答えだとしても、誰もが満足する答えなんて、俺は逆に嫌いです。

これをやればいいぜ。この方法がベストだぜ。つっても、
読み手が同意できない答えなら、それはベストじゃないんですよ。

今のブログのトレンドは、ワードプレスで独自ドメインが良いんだぜ、つっても、
俺は嫌です。この何の飾りっ気もないFC2ブログのテンプレートが気に入ってるから、
好きだから引っ越さないんです。それに有料サーバーで独自ドメインてことは、
お金がかかるじゃないですか。面倒くさくないですか?

だって料金を払わなければ、それまで書いたことは無駄になっちゃうんですよ。
そうまでして書きたいことってありますか?その記事にそれだけの価値はありますか?

文才があって、筋道立てた記事が書けて、解りやすい文章に仕上げる。
そんな人少数派ですよ。それに、そういう人が書いた記事って、つまらないんです。
また見たいと思わないんですよ。

逆にへたっぴだけど、一生懸命書いてるブログ。気持ちが伝わるブログ。
多少ふざけてはいても、書き手の人の良さが伝わるブログは大好きです。

優れた記事でも無味無臭の何の味気が無いブログより、多少劣ってはいても、
人間味がある書き手のブログの方が、俺はまた見たいと思います。
コメントしたくなるんです。そうは思いませんか?

つまり無益は論外だけど、有益だけでも俺みたいなひねくれ者がいると、
有益じゃなくなるんですよ。優れた記事でも無益ってことです。

ノウハウだけを集めた「です・ます調」の記事は、いくら読んでても味がしない。
書き手のことなんてどうでもいいようなブログなんですよ。
俺はそんな記事にコメントなんぞしません。また見たいとも思いません。

それに、使える記事と、行きたくなる記事は別ですね。
ノウハウ系のブログはとても参考になる、使える記事です。
でも、俺が目指してる記事は、また行きたくなる記事です。
使える記事にコメントしたいとは思いません。
また行きたくなる記事には何度もコメントしたくなります。
そう思いませんか?

仮に、後者のブログがどこかに引っ越した場合、俺は引っ越し先もブックマークします。
引っ越し先がどこなんて関係ない。書き手がどこで書くかが重要なんだな。
そういうブログって、俺はファンになってるってことですよね。書き手のファン。

俺はスマホ持ってないし、拡散することは無いけど、自分のブログにファンが付けば、
時間の問題でいつかは拡散されると思います。それは今か3年後か5年後の問題。
その時までブログを続けてれば、アクセスは爆発しますよね。
人が人を呼び、記事を書き続ける限りアクセスは増えていく。

記事の内容が大衆向けかニッチかにもよるけど、
書き続ける限りファンは増え続けていくはず。
こういう俺もこのブログまでファンはいなかったけどね。皆無でしたよ。
コメントは当然ゼロ。あっても5以内。

人と同じことしてても、自分が同じことできてるって思ってました。
俺は超絶的に要領が悪いんですよ。その俺が人と同じことできるなんて、
どう考えても不可能なんですよ。それに気づいたことですね。調べるようになりました。
だって、自分で考えることしてませんでしたから。バカだったんでしょうね。

その俺がアクセスアップに悩む人に伝えたいこと。たった一つです。

書き続けろ。

他人やトレンドどうこうじゃない。自分の書きたいことを書きたいように書き続けろ。
俺だっていまだに悩んでますよ。おまけにニッチ向けだしw。
こういうね、誰が得するかわからないブログだってあるんですよ。
ゲームのアイデアをひたすら記事にする。ゲームはならないんですよ。
製品にはならないんです。

それでもコメントしてくれる方はいます。本当にね、ありがたいんですよ。
嬉しいんです。今まで無かったことですから。感謝です。
それに1日のUUも向上してきたし、でもこれは続けてきたから良くなったんです。
やめてたらゼロですよ。

とにかく書き続けろ。続けるからわかることがある。振り返ることもできる。
データを取ることもできる。改善することもできる。

全部続けなきゃできないことなんですよ。だから続けろ。

以上です。
お疲れ様でしたー。
関連記事
Posted byぼんごれ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply