盆栽のゲームを閃いた。これって斬新かも!ミニゲーム 盆栽メーカー! 

ぼんごれ

盆栽みたいな数年、数十年、下手したら数百年はかかるであろう盆栽を、
年月を圧縮して、枝振りや幹の太さ、葉の茂り方まで気が済むまでいじられる。
で、立派に育て上げた盆栽を売ったり、売らなきゃ家宝にしたり、単純に鑑賞する。
そんな普通とはちょっと変わったミニゲームはどうだろう。

おじさんからおじいちゃん向けかな。
今は田舎暮らしじゃなきゃ庭が狭いし、盆栽を始めたくても置く場所が無い。
管理が難しい(面倒臭いw)。高価な盆栽を買ってきてもダメにしてしまう。
旅行もできない。他人に管理を頼むことも嫌い。始めたくても始められない理由がある。
そんな隠れ盆栽マニア向けにこういう面白いゲームはいいんじゃないかなー。

スマホのアプリとかで既にありそうだけど、心行くまで盆栽をいじるゲーム。
日に当てる時間や水やりの時間を季節ごとに設定して、やっぱりガイドも必要だな。
盆栽の木の種類ごとに育て方とかは違うだろうから、管理で面倒臭いことは、
一度設定しておけば自動でやってくれる。

で、盆栽いじりの何が楽しいってと、針金まいて枝振りの調整とか、葉っぱのカット、
植え替え、コケの世話とかじゃないかなー。
盆栽の管理が面倒臭くなければ、若い人だってプレイしてくれるかも。
何が嫌だってさ、水やりとか日に当てる場所移動とか面倒臭いんだよね、盆栽管理って。
その面倒臭いのをゲームで自動にさせれば、盆栽いじりが好きなだけやれる。

ゲームモードは3つ。
1つは【鑑賞】モード。
何年でも何百年でも好きなだけ盆栽をいじれて、時間をいくらでも操れるモード。
面倒な水やりや日当たりの設定をしたら、【鑑賞】モードで盆栽の手入れを
心行くまでやりながら、最高の盆栽を作る。季節の変化もあり。
その他、盆栽の価値を高めるのもいいと思う。評価額1位を目指す。
最高の盆栽を自分の手で作り出す。そんなモードです。

2つ目は【盆栽日記】モード。選んだ盆栽の苗を立派に育てあげるモード。
時間の操作は無しです。リアルな時間の流れで苗を育てます。
季節の変化もあり。

3つ目は【悪魔の木】モード。魔界の木の苗を盆栽に仕上げるモード。
魔界の木は普通の木とは色々違う。
クセの強い魔界の木の苗の成長記録を取りながら、ミニチュア化して盆栽にできるか。
一番ハードだけど、一番おもしろいモード。

上からイージー、ノーマル、ハードの順です。
Don't starve(ドントスターブ)のように、成長日数によって主人公がアンロックされるのは
おもしろいね。最初の主人公はおじいちゃん。次は誰なのか。おもしろいかも!

こんな感じかな。またアイデアがひらめいたらまた書こう。
今回はパッ!とひらめいただけなので、こんな感じです。お疲れ様でしたー。
関連記事
Posted byぼんごれ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply