お惣菜のメニュー、食材仕入れ、仕込み、保存、調理、商品完成まで一通り決めた!2/6

ぼんごれ


前回:お惣菜のメニュー、食材仕入れ、仕込み、保存、調理、商品完成まで一通り決めた!1/6

お惣菜メニューの仕込み


メニューが決まったから、仕込みをしよう。
仕込みは【作業タブ】で【仕込み】を選んで、【食材一覧】から【ひじき】を選び、
処理の方法を決める。ここもガイドしようか。ガイド範囲。その食材から想定される、
仕込みの作業をピンクでガイドさせる。これならわかりやすいと思う。

今あるのは安い乾燥ひじきだから、【水で戻す】を選んで、調理器具の【大ザル】を選ぶ。
調理器具には限りがあるから、使用中の器具がわかるように目印を付ける。
『現在大ざるを使用中!』て感じで。ま、タグでも何でもいい。
で、【時間の設定】は、何分・何時間置いておくのか。それを設定したら、決定ボタン押下。
それで、ひじきの水戻し開始のサインが出て、設定時間までのカウントダウンが始まる。

次はニンジンの仕込み。【作業タブ】から【仕込み】を選択して、【ニンジン】を選択。
この作業タブは記憶させよう。一々選んでいくのは面倒だわ。記憶させる。
ゲームつけたらコンティニューじゃなくて、毎回スタートに選択されてるんが嫌なんだ。
あれと同じ。記憶させよう。

するとああああ!!どうすっかーー!
やっぱり切り方を設定するのかー#!!
ガイドがあるじゃん#!!ガイド使おう!
ニンジンを選んだら、ガイドに従って【短冊切り】を選ぶ。

ガイドってのは、ここを書く前に火力の調整をどうしようかつって考えてた時に、
なんとかかんとか出たアイデアなんだ。
ガイドってこれ。

火力
|    = = = =
|   = ・ ・ ・ ・ =
|  = ・ = = = = ・ =
| = ・ =       = ・ = =
|= ・ =          =  ・ ・ = = =
|・=               = = ・ ・ ・
-=------------------------=-=-=------------
時間

イコール『=』が自動で表示される火力範囲のガイドライン。
点『 ・ 』がプレイヤーが微調整できる火力のグラフ。

わかりにくいから絵も描いた。
osouzai_fire_time_graph
画像が見れない方はこちら。
火力と時間の説明画像

簡単に言えば、レンジのコース設定みたいなさ、調理開始から終了までを、
火力の温度のガイド範囲があって、その範囲内でいくらでも設定できる。
美味しく作れる範囲を示すガイドなんだ。

そのガイドを、調理作業全部に組み込む。レシピごとや食材のカット、加熱とか全部。

いちょう切りでもなんでもいいんだけど、やっぱり料理に合った切り方ってあるからさ、
そこをピンクのガイドでそれとなく教えてあげる!うん!実際の料理にも役立つ#!!
そういうのはいいね。全部ガイドしようか。ガイドのオン・オフの切り替え機能もつけよう。
作業ごとにね。細かくオンオフを切り替えられたらいいと思う。煮物だけ切るとかさ。
自分のゲームでの実力が上がれば、ガイドを切っていく。そういうプレイスタイルも良いかもね。

こんな感じ。いちょう切りにガイドがあっても良い。でも、ニンジンを小口切りにすることは
あまりないから、ガイドは付かない。ああ、でもグラが面倒化。orz やっぱガイドは1つ。
[ いちょう切り ]
[ 短冊切り ]
[ 半月切り ]
[ 小口切り ]

で、次は豆の水煮の処理。これも食材→豆の水煮→水洗い→中ざる→開始、の順で選んで
決定する。短時間で完了する仕込の場合は、時間設定は要らないね。
で、終わったらサインが出て保存する。

鶏肉やちくわも同様の手順で刻んで、バットに入れて冷蔵庫で保存。
さやいんげんは最後に使うから、水洗いとすじ取りだけやって冷蔵保存。
と思ったんだけど、仕込みは全部一度に終わらせたいから、水洗いとすじ取りしたら、
かための下茹で(ガイド通り)したら水を切って保存させとこう。イイネ!OK!

以下はあとがきみたいなもの。

切り方を全部設定するか、自動にするか。これをだいぶ長い時間考えた。
料理ゲームじゃないから、調理モードは火加減と味加減くらいの調整で
いいんじゃないかなーって思うんだ。後でガイドと言うアイデアが閃いたんだけどさ。
調理にこだわりたいという人もいると思うけど、切り方を変えたら、その後のグラフィックを
全部変えなきゃいけないんだ。

乱切りやぶつ切り、小口切り、いちょう切りとかさ、ひじきの煮物の画像を何種類も
用意しなきゃいけなくなる。これはちょっと現実的じゃないと思うんだよな。

料理の腕はプレイヤーじゃなくて、恵子さんに持たせたい。恵子さんの作るお惣菜が
食べたくなるようにしたいんだ。それには、プレイヤーの料理の腕はどうでもいい。

恵子さんが作るお惣菜は、お金になるかゴミになるかの二択。中間は無い。
ガイド通りに作れば、ひとまず完成品にはなるんだ。その先はプレイヤーの微調整。
で、微調整できる作業が火加減と味加減。これで客の反応が変わってくるんだ。
テキスト変更だけでグラフィックを変える必要が無いから、これは良いアイデアだと思う。

この微調整でイケメン好みの味を作れたり、客の要望に応えたりできる。
そこが恵子さんの味になっていくと思うんだよなー。大事な所だよ
で、客の反応もレシピも何でも全部ノートにセーブする。データにする。

恵子さんは最初、自宅でお惣菜を作っているから、大鍋で一度に量を確保できて、
試行錯誤しやすく、やりやすい煮物から始めることにしたんだ。

最初は家庭の夕飯のおかずとあまり変わらないお惣菜。調理場所が狭いし、
調理器具も家庭用、コンロの火力も家庭用、それに置き場も少ない。
だから、最初のお惣菜は煮物が一番いいと思うんだ。

で、乾物は長期保存が出来るし、かなり扱いやすい食材なんだ。
お惣菜で乾物と言えば、これしかないでしょう!定番中の定番!ひじきの煮物。
これを作ろう。

煮物の基本だし、調理作業の行程を覚える(仕事を覚える)のに割と大変だし、
恵子さんが一番初めに作るお惣菜として、これしかないと思うんだよな。

次回:お惣菜のメニュー、食材仕入れ、仕込み、保存、調理、商品完成まで一通り決めた!3/6

keiko's_cooking_note
画像が見れない方はこちら。
調理作業の工程表のアイデア
関連記事
Posted byぼんごれ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply