スカイリムでは魂石。和風RPGでは魂粒(たまつぶ)。敵の浄化スキルのアイデア

ぼんごれ

前回、スカイリムはシャウト。和風RPGは救い歌。敵の浄化方法は歌でお経を召喚の続き。

敵の魂の浄化スキル


救い歌と梵字の関係について、ちょっと提案があります。
1、救い歌を召喚すると、地面に梵字が現れる。
  or、地面に梵字が敵の方に向かって激流となって流れる。
2、天から梵字が降ってくる。or、雷のように梵字が天から地面に向かってほとばしる。
3、耳なし芳一のように、敵の体に梵字がうじゃうじゃ現れる。

見た目のインパクトでは1の後者。
画面がうるさくないのは2。
気持ち悪いのは3。
1と3を合わせても、2と3を合わせてもいいかも。3だけだと地味かもね。

個人的には、1と3のアイデアで、敵の体の表面に梵字が埋め尽くされれば、
必要な梵字が敵に吸収されたとして、地面の梵字は消える。
梵字の川が消えて元のグラに戻る。
これが現実的かなー。2は音がうるさいしねー。

1と3のアイデアで行こう!
敵の体の大きさじゃなくって、敵の魂の大きさに必要なだけの梵字が吸収されれば、
梵字の激流は消える。で、敵の体のグラが梵字だらけになる。これでいい。でも、
きもいわ#!だが、それがいいw。
梵字の川が無くなったら、魂の浄化・昇天の準備が整った証拠。
それで敵を倒せば、魂が天に昇る。いいねーw。

それと、敵を浄化した魂は天に帰るのをやめて、魂縛に使おう!
浄化した魂をただ天に返すんじゃなくて、武器防具装飾品の付呪に再利用する。
敵の魂には大きさがある。体の大きさでもいいし、強さでもいいんだけど、
ネズミとかの小動物と巨人やマンモスとかの魂の大きさは違うと思う。

決してSKYRIMに似させるんじゃなくて、俺独自のアイデアで魂縛したい。
結果的に似たとしても、別にかまわない。俺の理屈があるから。
パクリじゃないと思うよ。別ルートで考えてるだけだと思う。

で、魂ってのは固体じゃないし、液体でも気体でもない。どれにも当てはまらない状態。
だから、手に持って付呪に使うには、固体じゃないと扱えない。
それにはケースが必要だな。魂を保存しておく専用のケース。
エデンのエダナイトみたいなもの。魂はフラフラ~っとしてるから、エダナイトみたいな
粒状の入れ物の中に封じて、その粒に大きさがいろいろある。

魂とケースは別物で、魂の大きさに合致したケースを持ってないと、魂縛できない。
持っているケースの中に、空きがあるケースじゃないと、魂を入れられない。
ケースの名前を決めないと解りずらいな。魂石じゃSKYRIMのパクリだし、
霊粒(れいりゅう)、数珠じゃ?、形はお米型がいいな。楕円形。

霊粒じゃイメージがつかみにくい。霊米、魂は梵字で既に除霊されてるから、良い魂。
霊米(れいまい)?霊米で行く?難しい。石が現実的か?でもそれじゃ。。。
カタカナ語ならソウルカプセル。カタカナは出したくねーやw。
魂粒(たましいつぶ)略してたまつぶ!これでいいや#!

スカイリムの魂石=理想的なRPGは、魂粒(たまつぶ)

これで敵とのエンカウントから交戦状況、敵の魂の浄化、魂の物質化。
やっと付呪ができる。

お疲れ様でしたー。
関連記事
Posted byぼんごれ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply