面白いゲームはアイデア+ルール+ツールが鍵!ゲームはプレイしてこそ良さがわかる!

ぼんごれ


面白いゲームのポイント


面白いゲーム。ゲームってのは楽しい時間を過ごすためのツールだと思う。道具。
だから、テレビゲームでも非電源ゲームでも構わない。野球やサッカーの試合(ゲーム)
を見て、面白いと感じればテレビがツールになるし、トランプや麻雀が面白いと感じれば、
カードや麻雀牌がツールになるんだ。

面白いツールで遊ぶことによって、人は楽しい時間が過ごせるってことだと思う。
でも世の中には面白いツールってたくさんある。それに面白さは時代によっても変わる。

昔は缶けりしたり、かくれんぼやどろケイしたり、凧揚げやこま回し、ベーゴマ、めんこ、
ちょっと前だとミニ四駆とかも面白かった。友達で集まってガンプラ作ったりもした。

ガンプラはそれだけで面白いし、遊ぶこともできる。ミニ四駆もレースは面白いし白熱する。
けど、この缶けりの缶やかくれんぼの塀や壁、どろケイの柱は、それ自体は面白くない。
ただの金物と構造物。だから、面白いゲームに使うけど、面白いツールではないんだ。

物理的な面白さの理論


じゃ、何が決め手で面白くない物が面白いツールになるのか。
それは、遊ぶ人のアイデアだと思う。子供のアイデア。何をしたら面白くなるか。
それを考えて、たどり着いた面白いツールの答えが空き缶であり塀や壁、柱なんだ。

でも、ただ子供らの前に空き缶と構造物を置いただけでは何もおきない。
なぜならルールを知らないから。遊び方を知らないと、何をしたらいいのか分からない。
そのルールを教えるのが大人であり、子供の中の年長者の役割なんだ。

つまり、非電源ゲームの面白さの答えは、アイデア+ルール+ツール だと思う。

こま回しやメンコ、ベーゴマとかも含めて、非電源ゲームは全部、
アイデア+ルール+ツールで楽しい時間が過ごせると思う。説明が付くと思う。

じゃ、テレビゲームの場合はどう?。ファミコンから始まる据え置き型のゲームも、
PSPみたいな携帯型のゲームも、パソコンゲームも、この理論、
面白いゲーム=アイデア+ルール+ツール で説明が出来るのか。

電源ゲームと非電源ゲームの大きな違い


その前に電源ゲームと非電源ゲームを同じに考えちゃいけないと思う。

理由1、時代が大きく違う。理由2、汗をかかない。理由3、非電源ゲームが出来る場所が無い。
これくらいかな。大きく分けるとこれくらい。あ!もう一つあった、理由4、子供が少ない。
頭を使うのは、正直な話、非電源ゲームのほうだよ。
電源ゲームも非電源ゲームも、一人遊びも友達遊びも両方できる。これは変わらない。

理由1~4のすべてにおいて言えるのは、誰もが時の流れには逆らえないってこと。
生きてりゃ年を取るし、好みも変わる。汗をかくのも運動するのも嫌になる。
子供を育てるより自分のことが一番てご時世。そりゃ出生率は低下するわ。
生きるのに楽な時代じゃないからね、それは仕方ないよ。世知辛い世の中だぜ!

話を戻すと、面白いゲーム=アイデア+ルール+ツールの理論は電源ゲームでも
通用するかって話。
結論から言うと、イコールでも違うともいえないと思う。非電源ゲームほど単純じゃない。

論理的な面白さの理論


電源ゲームはハードウェア(ハード)とソフトウェア(ソフト)の2つがツールで、
アイデアもルールもソフトの中に入ってる。
プレイヤーが面白いと感じるか、つまらんと感じるかは、そのソフトの出来次第なんだ。
プレイヤーが面白いと感じれば、独自のルール(縛り)を作って楽しむ。やり込める。
やり込めるゲームってのは、面白いソフトであり、面白いハードだと言えるんだ。

だから、プレイヤーが電源ゲームを楽しめるのは、やり込めるソフトとやりこめる
ハードがあって、やり込めるソフトの中身のゲームアイデアと基本的なルールが揃って、
初めて面白いと感じると思う。自分で縛りを作ってやり込むゲームって面白いってことでしょ。

面白いと思えないゲームをやり込もうとは思わないからね。これで合ってると思うよ。
やり込めないゲームだって何週もプレイすれば、それはやり込んでいるってことなんだ。
この場合は面白いゲーム=アイデア+ルール+ツールの理論で合ってるはず。

けど、この理論の何かが欠けてたり、何かが足を引っ張っちゃうと面白いと感じなくなるんだ。
電源ゲームは、非電源ゲームと違って仕組みが複雑。プログラムにバグがあったり、
ユーザビリティ(操作性)が悪かったりする。

でもこれは非電源ゲームにはなかったことなんだ。電源ゲームならではのデメリット
つまり、遊び自体が時代とともにハード主体からソフト主体に移り替わったってことだと思う。

昔はめんこでも凧揚げでも、ハードだけで遊んでた。それが今では、ハードだけじゃ
満足できない。ハードウェアよりもソフトウェアを楽しむようになった。
ソフトウェアに面白さを感じるってこと。面白さの基準が変わったってことかな。うん。

だから、この場合は面白いゲーム=アイデア+ルール+ツールだとちょっと違うと思うんだ。
電源ゲームの場合はアイデアだけでも形にしないと面白さが伝わらない。
ルールだけでもハードとソフトが無いと楽しめない。
ハードが良くてもソフトがダメなら、やっぱり面白くはない。(逆も同じ)

面白いゲーム=アイデア+ルール+ツールの理論は電源ゲームの場合、
正解でもあり不正解でもある。それだけ遊ぶことが複雑になったんだ。

ゲームと面白さの関係


現代っ子が今更メンコや凧揚げに興味を持つとは考えられないし、
逆に昔の子が現代のゲームを面白いと思う、、、かな~w。
俺はやっぱり慣れ親しんだ昔の遊びに戻ると思う。
それだけゲーム・遊びって時代に左右されやすいんだと思う。

時代に左右されやすいってことは、飽きられやすい。
じゃ、逆に、時代に左右されにくいゲームが面白いかと言うと、そうでもない。
テトリスみたいなゲームが一番息が長いゲームなのかもしれない。正解かも。

俺だってブロック崩しやるよりモンハンプレイしたいよ。たまにはペンゴとかさ、
昔の薄暗いゲーセンにあったようなレトロゲーをプレイしたくなるけど、毎日は無理。
(夢の中でゲーセン行ったこともあるw)

でもテトリスが面白いゲームの正解だとしても、すべてのゲームがテトリスだったら
俺は耐えられない。もっと他のゲームもしたくなるし、テトリスだらけじゃ絶対飽きる。
色んなゲームがしたくなる。

面白さの基準の変化


つまり、プレイヤーが面白いと思うゲームでも、時代が変われば面白さの基準は変わる。
てことは、今プレイヤーが出来ることは、色んなゲームを知ること。プレイすることだと思う。
嫌いなゲーム・苦手なゲームでも、ちょっと時間が経てば面白いと思うかもしれない。
俺も無双系とか歴史系が嫌いだけど、そのうち面白いと感じるようになるかもしれない。

モンハン面白いけど、無印に比べてゾクゾクする雰囲気・世界観が薄れて行ってる気がする。
ハードの性能が上昇してソフトが面白くなっているのに、アイデアが盛り込まれているのに、
ルールが単純なのに、俺が、プレイヤーがそう感じるのはなぜか。

慣れと時間経過で斬新ではなくなっていってるから。

コンセプトの慣れ、操作の慣れ、シリーズ化の慣れ。人は慣れることに逆らえない。
モンハン無印のシステムが荒削りで、置かれた状況が乱暴で、弱肉強食で生きることに
必死だったあの頃、滅茶苦茶面白かった!斬新だった!ハマった!やり込んだ!
手汗かいた。言い表せないくらい、すべての要素が集まる面白いゲームだった。
それで今、モンハンやってない。プレイしてないんだ。
ハードウェアのDSが嫌いで持ってない。操作に慣れて新鮮味が無い。
時間が経った(年を取った)。記事を書いてる関係で、歴史ゲームをプレイしたい。

面白さを追求するには


てことは、面白さ、面白いと感じるゲームの基準がいつしか変わったんだ。
面白いゲームってのは一言では言い表せないけど、突き詰めれば食わず嫌いをなくすこと
なんじゃないかな。

時間を遡ることも未来に行くこともできないから、プレイヤーが出来ることと言えば、
なんでもやってみる。どんなジャンルのゲームでもやってみる。プレイする。
それで面白くないなら時間が経った頃にまたやってみる。
そしたら面白さの基準が変ってるかもしれないでしょ。面白いと感じるかもしれない。

プレイもしないでゲームを判断するのは、ゲームの面白さの基準を自分から狭めてるようなもの。
第一、その人がつまらないと思っても、俺は面白いと感じるかもしれないでしょ。
人間てそんなに簡単じゃないよ。

記事のまとめ:プレイヤーができること


なんでもやってみる#!探す!プレイしてみる!それでだめなら時間を置く。
人の意見を参考にすることはあっても、それを鵜呑みにするのは愚の骨頂。
だってゲームはプレイしてこそ良さが解るものでしょ。
人の意見よりも、まずはプレイしてどう感じたかが重要なんだ。
じゃなきゃ、面白いゲームなんて解らないよ。そう思う。

長いことお疲れ様でした。ここまで読んで頂いてありがとうございます。
あなたは辛抱強い人です!ww。また来てね。お疲れ様でした!
関連記事
Posted byぼんごれ

Comments 5

There are no comments yet.
HUNT  
MHに関して

思う所があったのですが、モンスターハンターは、確かに世界観が薄れて行っている気がします。

初代MHは、色々と詰め込みたくても詰め込めなかった要素がある作品に思えました。

初期設定では、魔法を使った狩りが出来るファンタジー色の強いゲームだったのですが、あえて魔法的な要素を排除して、剣と火薬と土臭い独特の世界観を作り上げる事に成功していました。

MH2(dos)に入り、古龍と言う存在が出現し、今まで大切にしていた魔法的要素を撤廃した世界観にひびが入るものの、多少言い訳臭いながらも、体のこういう構造が、こういう現象を引き起こしていると言うのに落ち着きました。

しかし、現在は謎パワーによってファンタジーの高威力魔法と同じような現象が発生しているので、殆ど「鉄臭くて土臭い世界観」は、消え去っていると思いますね。

MH3になって、モンスター同士の捕食行動と言う新要素に期待が膨らんだものの、やっている事はいつものMHでした。(積極的に草食モンスターを捕食してはいるものの、湖で水を飲んだり、特定の場所で特殊な行動をしたりとかは、あんまり行いませんね。

個人的には、せっかく罠や罠肉などの待ち伏せ要素があるのだから、罠にかかった時のダメージや状態異常をモンスターにとって致命的なものにするべきだと思いますね。
ハンターなのに、獲物の目の前から突っ込んで、強引に己の力でなぎ倒す様は、モンスターハンターと言うよりも、モンスタースレイヤーです。

初代MHに感じた自然の美しさはどこに消えたのやら、密林の視界が狭いが故の緊張感や、奥地に進んだところに大瀑布が広がっている開放感などが、消えている気がします。

初代に感じた箱庭の筈なのに箱庭に感じない奥行き感、そして現在のMHの箱庭の中で狭く動き続ける箱庭感・・・・グラフィックは向上しているのに、どこにこの差が出たのでしょうかね・・・。

2014/09/18 (Thu) 22:38 | EDIT | REPLY |   
ぼんごれ  
Re: MHに関して

HUNTさん こんばんは。

>>剣と火薬と土臭い独特の世界観
これです。余計なものを全部取り払ったいさぎよさ、そして原始的な世界観、
シンプルな武器、シンプルな竜討伐、そして美しくも弱肉強食の厳しい世界。
都会人が一人、ポツンとサバンナに置いてかれた生命の危機感。
むかーしテレビでやってた動物番組を思い出させる世界が、モンハン無印にはありました。

>>ファンタジーの高威力魔法と同じような現象
売れる商品がシリーズ化されるのは当然のなりゆきですが、それにしてもゲームごとの
時間の速度が速すぎます。
文明の速度が早すぎます。もっとサバンナポツン状態を楽しみたかった。
その状態でどこまで生きられるか試したかった。
絶海の孤島に置いてかれても生き抜いてやるぜ!っていうライトなサバイバルを
楽しみたかったです。
俺はエフェクトなんて要らない派です。武器も色々使いたいとは思いますけど、
結局は無印のシンプルで無骨な、血と火薬のニオイがする世界観が好きです。

思ったんですけど、モンハンてFFのように映画路線じゃなくて、アフリカ路線
で良いと思うんです。生きるか死ぬかの2択プラス、サポートの猫と村だけの単純な世界。
文明が未発達で原始的な世界。地球全部がフィールドになるくらい。

単純さの中に複雑さを求めるならわかります。ガンランスのクイックリロードとか。
でも、今のモンハンは複雑さの中に単純さを入れてる感じがするんですよね。
人気が出てしまったばかりに、単純さの中から複雑さが溢れ出てしまったというか、
単純さが片隅に追いやられてしまったというか。難しいですね。

>>待ち伏せ要素 >>捕食行動
人間ばかりが複雑になって、一番大事な飛竜やモンスターの行動が単純になるのは、
俺は嫌いです。
別に新しいことをしろってわけじゃなく、動物なら動物らしい行動、
飛竜なら飛竜らしい行動があると思います。HUNTさんの言われる特殊な行動です。
サバンナポツン理論でいえば、プレイヤーの数が4人てのは多すぎると思います。
せめて2人。(どうせ俺はぼっちですけどw)
人数が多くなると、一方的じゃないですか。攻撃し放題。
そうなると罠よりも攻撃した方が早くなるし、何の恐れも感じないで終わる。
これって面白さをわざわざ捨てている感じがしますね。

>>密林 >>大瀑布
無印からすっ飛ばしてP2Gをプレイした俺は、映像に慣れていたのか感動は
まったくなかったですね。既に冒険じゃなかった。竜殺しでした。
P2Gの最初だけです。最初だけは「おおー!」って思いました。
でもその次には単なる竜殺しの連続でした。
ハードの違いとかカプコン側の思惑とか、色々あると思いますけど、
慣れってゲームをつまらなくしますね。

ただ、今でも森丘1の川の対岸に渡ってみたいですw。
飛竜しか行けない所とか、行ってみたいですね。

コメントありがとうございます。

2014/09/19 (Fri) 23:44 | EDIT | REPLY |   
名無し  
No title

ほんと価値観ってかわりますよね~
自分も今はモンハンやってませんw
てかDSがいやw生理的にw

最近面白いゲームってなんだろう・・って考えたとき戦略性のある、相手との読み合いが発生するゲームは面白いと感じます。。
ただ決められたとうりにボタン連打するだけはつまらんw
エデンは別ですがw

2014/10/04 (Sat) 04:27 | EDIT | REPLY |   
ぼんごれ  
Re: No title

こんばんは。

価値観ていつのタイミングで変わるんでしょうね。
それまで普通に楽しくプレイできてたのに、気づいたらいつの間にかプレイしなくなる。
楽しく感じなくなる。

モンハンをプレイしているときは、お守り採掘の作業ゲーでもやや面倒ではあるものの、
神おまが出ると採掘が楽しくなる。でまたひたすら採掘が続けられる。
それがいつの間にか楽しく感じなくなり、作業感だけが表面化して、ゲームをやめてしまう。
理由は歳を取ったせいなのか、飽きたからか、よくわかりません。

DSもWiiも個人的に(任天堂製品に言えることですが)おもちゃっぽ過ぎるのが嫌いです。
こちらの記事にも書きましたが、ゲーム好きを満足させようとしてはいないように思えます。
http://bongore0066.blog.fc2.com/blog-entry-61.html

戦略性のあるゲーム、大好きですよ!ガチのシミュレーションゲーは苦手ですけど、
ジオニックフロントやGジェネとかは俺も好きです。
相手の行動を予測したり、その為には今自分がやるべきことは何かを考える。
こういう戦略はおもしろいですね。戦場の絆ポータブルとかもプレイしてました。
ガンダムバトルオペレーションなんかもおもしろそうです。

そうですね。音ゲー以外のジャンルで、決まった通りのボタン連打ゲームはつまらないですね。
駆け引きがあり、戦略性があって、達成感のあるゲームがおもしろいと感じるように思います。

エデンはクリックゲーですが、戦略も駆け引きも達成感も全部味わえるゲームだと思います。
グラフィックは簡素ですが、奥が深くてめちゃくちゃおもしろいゲームだと思いますよ。

コメントありがとうございます。
ぜひまた遊びに来てください。

2014/10/04 (Sat) 20:17 | EDIT | REPLY |   
ぼんごれ  
Re: Re: MHに関して

モンスターハンターの世界観を生かした、飛竜や他の生物の生態記録ゲームのアイデアを書きました。

http://bongore0066.blog.fc2.com/blog-entry-266.html
こんなゲームをプレイしたい!モンスターハンターとAFRIKA(アフリカ)が融合したゲーム!

もう飛竜討伐じゃなくて飛竜撮影はどうかとw。モンハンの生き物の保護を目的に、
生き物の姿を記録して、写真や映像を売る。そのお金で生き物を保護する、っていうアイデアです。
詳しくはURLからどうぞ。

AFRIKAのイメージで被写体と世界観がモンハンというおもしろい組み合わせ。
次世代のモンハンつか、新しいモンハン。そういうのを書きました。
どうぞご覧になってみてください。

2014/10/21 (Tue) 16:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply