忍者予備軍の任務は単独潜入!攻城も防城も主人公の実力次第!4/4

ぼんごれ

前回:忍者予備軍の任務は単独潜入!攻城も防城も主人公の実力次第!3/4
最初に戻る:忍者予備軍の任務は単独潜入!攻城も防城も主人公の実力次第!1/4

ただ、自軍に忍者がいるということは、相手の軍にも忍者がいるということ。
こっちが敵軍に潜入するのと同じに、敵軍の忍者が自軍に潜入してくることも当然ある。
てことは、ごろつき忍者の主人公の任務に、敵の忍者を倒すことも含まれるんだ。
これは面白いと思うよ!忍者同士の戦い。主人公は優秀だけど、ごろつき忍者。
でも相手の忍者は正規の忍者。この戦いはまた後でw。

大砲はどうしようか。やっぱり大砲を使った城攻めは迫力があるし、派手で面白そう。
これも歴史的にはもっと後(ペリー来航以後)だけど、それは火縄銃だよね。
日本には昔から花火があるから、火薬はこの時代もあるはず。その火薬を使って、
両陣営が戦で大型の大砲を使った遠距離攻撃を仕掛ける。地面が凸凹になるけどね。

手持ちの小型の大砲を武器にしたガチムチ系のお兄さんなら楽に扱えると思うから、
そういう主人公もいると、旅や戦が面白くなると思う。
主人公の武器は刀と太刀や槍だけじゃない。体格が良ければ大砲も使いたい。

まとめると、城を攻める側も守る側も、ごろつき忍者の主人公は、正規の忍者を
目指すために単独で潜入して任務をこなす。
その任務は敵陣に火をつける、罠を破壊する、偽の情報を流す、敵兵の配置を覚える、
敵首脳の会話を盗み聞きする、敵の忍者を倒す、大乱闘に参戦して敵大将を追い詰める。

ごろつき忍者ならではの任務を攻城側、防城側でもこなす。正確には忍者予備軍だね。
これくらいしないと、正規の忍者にはなれない。ヘッドハンティングしたいくらい実力がないとね。
甲賀の忍者にはなれないんだーッ!

これでこのパートは終わりです。お疲れ様でした。
関連記事
Posted byぼんごれ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply