忍者予備軍の任務は単独潜入!攻城も防城も主人公の実力次第!1/4

ぼんごれ

前のパートで忍者になる切っ掛けはごろつきからってことになったんだけど、主人公が城下の
婦女子を襲うのは無いな。残虐すぎるから画的にありえない。
あるとしたら徹底的に表現する。こういう血みどろ系って中途半端だとだめなんだ。
再現するなら徹底的に再現する。イエスかノーかのどっちかだよ。今は置いといて。

まず、ごろつき忍者として、どの町を拠点にするかが重要。それと仕える領主も重要。
これがごろつき忍者として最重要ポイント。でも、どこの町どの領主でもいいわけじゃない。
地方の寂しい町を拠点にはしたくない。ある程度の人口がいる都市を拠点にしたい。

しかも、戦力と戦力がぶつかり合うような、勢力のぶつかり合うエッジにある街を拠点にしたい。
それ以外の町では、ごろつき忍者の募集はしていない。ごろつき忍者になりたくば、
力と力がぶつかり合うようなエッジの大きな町に行くんだ。

そして、領主もちゃんと主人公の話を聞いてくれるような人が良い。取るに足らない
身分の低い人でも、ちゃんと耳を傾けてくれる領主が良い。雑に扱わないで、
主人公がやったことに対して、きちんと感謝を示してくれる領主が良い。
その領主の為なら、その漢の為なら自分の命なんていくらでも差し出すぜ!
何でも言うこと聞くぜ!そう思わせる男気溢れる懐の深い領主に仕えたい。

つまり、偉大なる首長 バルグルーフの治めるホワイトランのような街が良い!
あんな街の忍者になりたい。あんな領主に俺は仕えたい。
首長の言うことならなんでも言うこと聞くぜ!何でも!仰せのままに!御意!
そんな忍者になりたい。まだごろつき忍者だけどw。

で、ホワイトランみたいな都市が各地にあって、旅をしながら気に入った街、
気に入った領主のごろつき忍者になる。どの街のごろつき忍者になるかは自由。
ただし、ある程度大きな都市じゃないと募集はない。
これで主人公のごろつき忍者として、居場所・拠点が決まる。

問題は城攻め・防城の戦だな。いくさ。これをごろつき忍者としてどう戦うかが問題だ。
つづく・・・

次回:忍者予備軍の任務は単独潜入!攻城も防城も主人公の実力次第!2/4
関連記事
Posted byぼんごれ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply