忍者クエストのフラグ発生を考えた!忍者になるのは簡単、ごろつきになればいい!3/5

ぼんごれ

前回:忍者クエストのフラグ発生を考えた!忍者になるのは簡単、ごろつきになればいい!2/5
最初に戻る:忍者クエストのフラグ発生を考えた!忍者になるのは簡単、ごろつきになればいい!1/5

格下ごろつき忍者集団からプロの忍者集団の下忍になるんか!?おもしれー#!!
そうか!町にアマチュア忍者(ごろつき)募集の貼り紙が貼ってある。依頼主はそこの城主。
それか一番偉い人。汚い仕事を受けてくれる忍者は人材不足だから、正規の張り紙が
当たり前のように貼ってある。
酒場とかでマスターに話しかければ、忍者クエストのフラグは発生する!
これだ#!!これだよ。これでいい!

しかも基本的には南部氏と津軽氏の2手に勢力が分かれている。でも、南部氏側の中では
同族争いが絶えない。でも解りやすくするには、南部VS津軽の図式が良いんだよね。
バトルボーンが、グレイメーンか、どちらかを選べ!と同じ。南部か津軽か、どちらかを選ぶ。
南部氏の同族争いも入れるか、入れないか。入れないなら完全に南部VS津軽。
入れるなら同族争い中の南部VS謀反を起こした津軽になる。後者は複雑になるね。
南部の誰の忍者になるかが重要になるかな。

ちょっと一服して考えた。忍者ってスパイでしょ。スパイには二重スパイってあるじゃん。
二重スパイのクエストって面白そうじゃん。それと、なんだっけ?忘れたw。何だっけ。
思い出した!大浦(津軽)為信が謀反を起こすんだけど、謀反を起こす前なのか、
謀反を起こしてる最中なのか、完全に津軽氏を名乗っていて、地位を確立した後なのか、
大浦(津軽)為信さんの状況で色々変わってくると思うんだ。

面白くなるのは、謀反を起こしてる最中だと思うな。うん。戦乱の世だからね。
前のパートの、『元亀2年(1571年)5月、大浦為信さんは居城の堀越城から2~3キロ
離れている、同族の南部家の石川高信さんの居城である石川城を突如攻略。
負けた石川さんは自害。この時大浦為信22歳。』
この事件のすぐ後だね。周辺のごろつきを集めているときに、主人公が現れる。
一方の南部さんは同族争い中で、しかも大浦(津軽)為信さんも相手しなきゃならない。

そうか!色んな町に行けば必ずごろつき募集があって、南部氏だろうが津軽氏だろうが、
誰の忍者になるかは自由。それくらい忍者になるのは簡単なんだ。なぜならごろつきだから。
正規の忍者じゃないから、忍者になるというよりごろつきになるってこと。つづく・・・

次回:忍者クエストのフラグ発生を考えた!忍者になるのは簡単、ごろつきになればいい!4/5
関連記事
Posted byぼんごれ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply