主婦のゲーム!料理好きの主婦が手作り惣菜を売って大儲けするゲーム妄想!2/3

ぼんごれ

主婦のゲーム!料理好きの主婦が手作り惣菜を売って大儲けするゲーム妄想!2/3
前回:主婦のゲーム!料理好きの主婦が手作り惣菜を売って大儲けするゲーム妄想!1/3

ストーリーの続き
そんな主婦の恵子さんは、以前からやりたいと思っていたことがある。それは、お惣菜屋を開くこと。
自慢のお惣菜を手作りして売り、買いに来てくれるお客さんに売った売上金でお店を構えるのが夢。
ダンナの協力により、近所の道の駅でお惣菜を置かせてもらうことになった。
今は自宅の台所でお惣菜を作ってパック詰めして、近所に配って練習してる最中。
従業員は自分一人。道の駅にお惣菜を売るのを明日に控えている。ドッキドキの心境。

ここまでがゲームスタート時の状況。プレイヤーは主婦の恵子さんを操作して、仕入や下ごしらえ、
調理、パック詰め、販売、売り上げの確認、事務・雑務などの仕事をこなして、
客から欲しい惣菜の要望を聞いてレシピを改善し、主婦の口コミで客を呼び込む営業もする。
これがゲーム開始時にやること。パートを何人も雇えるようになれば、経営に専念するようになるが、
それはまだ先の話。

コメント
とにかく最初はきついゲームになるw。人に物を売ることがどんだけ難しい事か。
それと、食中毒は絶対に出せない。もし出してしまったらゲームオーバーは避けられない。
これは絶対。食べ物屋ってのは食中毒は絶対に避けねばならない運命なんだ。

それと、時間経過による食材の劣化状態を、グラフィックと文字で解りやすくする。
先入れ先出し法みたいに、先に仕入れたものから消費していくってやり方は、
食べ物業界では基本中の基本。それで、食材に表示される時間の情報をみて、
そこから逆算して消費していくやり方が良いと思う。そこは頭を使うところで面白くなるかも。

仮にニンジン、3~4本入りのパック詰めのニンジンを買ったら、全部のニンジンの劣化状態が
同じってのはおかしいと思う。うん。

仮想の購買対象は30代女性~60代主婦層。特に50代60代の主婦層にプレイしてもらいたい。
お店経営と料理作り、そして女性特有の口コミの要素がある、ライトゲーム層をターゲットにした
ゲームって面白いと思う。今までゲームをした事の無いターゲット層を開拓するには、
こういうゲームは良いアイデアだと思うよ。テンドーさんのコントローラーの話は今でも変わらずに
あの通りに考えてる。俺から見れば、ちゃんとゲームを創んないと。うん。

つまり、新しい層を開拓するには、安易にコントローラーを新しく作るんじゃなくて、
ちゃんとその層向けのゲームを作って開拓する。今までゲームを手にしなかった層に向けて、
ライトゲーマーでもコアゲーマーでも満足できる面白いゲームを作るってことは、
ゲーム業界の発展にもなると思うし、まだまだアイデアをひねれば、そういう層だって
ゲームをプレイすることが増えて、眠ってる人材つか、ゲームを買う人が増えるし、
新しいターゲット層の発掘が出来るはずだと思うよ。つづく・・・

次回:主婦のゲーム!料理好きの主婦が手作り惣菜を売って大儲けするゲーム妄想!3/3
関連記事
Posted byぼんごれ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply