霊体化した屍鬼の話と妖怪VS霊の戦い!ヒントは動物と精霊だった!2/3

ぼんごれ

前回:霊体化した屍鬼の話と妖怪VS霊の戦い!ヒントは動物と精霊だった!1/3

妖怪って霊はどうなってんおかな。妖怪の霊は居るんかな?妖怪そのものが霊なのかな?
わからない。妖怪は生きてるんの?死んでるの?
全部らしい#!生きてるのも、死んでるのも、
中途半端なのも、実体でも霊体でもないのも、全部。ぜーんぶひっくるめて妖怪って呼ぶらしい。
何だかわからない物は全部妖怪なんだって。妖怪さん、守備範囲広すぎw。

今考えてる妖怪は、山の峠道とか見晴らしが良い場所で、夜になると唐傘小僧が出てきて、
傘の中には提灯お化けがいて、あたりを照らしてくれる。だから提灯は雨にも濡れなくていいw。
こういう妖怪が共存するタイプは普通にあってもいいと思う。動物だって共存してんだから、
妖怪だって共存してても、全然おかしくはないと思う。
それか、街燈のように道端にズラーッと並んで、街道を照らしてくれるw。これ面白そうでしょw。
でも前者のポツンと灯りがともってる感じは、そこにいるだけで良い妖怪なんだ。
その場所に何かしらの縁があって、その場所が好きなんだ。通行人からはそこを通ると、
何だか肌寒くなるし、気味が悪い場所なんだけど、そんな場所があっても良いよね。

霊と妖怪って住み分けが出来てるようで、全部まぜこぜだと思う。一緒くたになってるんじゃないかな。
例えば平原で霊が突っ立ってる。でも、妖怪もそこで生活してたりする。
妖怪は霊が倒せない。なぜなら救い歌を歌えないから。もし歌ったとしたら、
自分も浄化・昇天しかねないんだ。つまり、この世からあの世に去ることになる。そうはなりたくない。
霊も実体が無いから妖怪を倒せない。呪ったり、精神的に苦しめることくらいは出来そうだけどね。

まあ、お互いを倒してクラスチェンジとか面白そうだけどね。でも、霊が妖怪に、妖怪が霊に
自分の体を取り換えることはできない。そう簡単に自分の体を別の生き物に取り換えることは、
万物のナントカ、定理?さだめ?宿命を変えることはできないんだ。
だから救い歌は人間か、それに近い主人公しか歌えないんだ。そういう理由で霊と妖怪は
争っても意味が無いことは理解してる。喧嘩しても無駄だから。干渉するだけ無意味なんだ。
出来ることと言ったら、お互いがお互いを見てるだけ。そこにいるだけ。そんな関係。だが!?

次回:霊体化した屍鬼の話と妖怪VS霊の戦い!ヒントは動物と精霊だった!3/3
関連記事
Posted byぼんごれ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply