無料ブラウザMMORPGエデンシェイド アドベンチャーノートpart38 タリスマン??

ぼんごれ

このシリーズは、ぼんごれが無料ブラウザMMORPGエデンシェイドで歩んできた道のりや
出来事を思い出しながら、これからプレイする人の参考の為の記事です。
ま、その時はこんなことがあったんだよと、こういうプレイもできるよと、
プレイ日記とは違ったセナルスを旅した記憶を書き記すシリーズです。

複数存在したカテゴリを一本化して、記事に今までなかった順番リンクを付け、
記事を整理しました。そのせいで書き方や色々おかしい点がありますが、
修正してあるので、順番に見て頂けるとぼんごれの過去の道のりが解ります。
samu_road

セナルスの地図
eden_search_map

アドベンチャーノートpart1へ ←前回part37へ


今までの流れは文字数制限の記事も見ながらご覧ください。
全部書いていくと長くなってくるので、今回からは文字数制限のリンクを貼ることで
代えさせて頂こうと思います。よろしくお願いいたします。
なお、思い出しながら書いてるので、間違いはあります。

既に前々世、前世の最高レベルを塗り替えていた俺は、この時点でアーさんとちゃっぴーさん
と俺の3人でチームを組む話をしていた。チームを組んだ正確な日時は覚えてないけど、
チームのお誘いのメッセージは出していたはずなんだ。
で、チーム以外のことも話したり、エリア攻略やスキル関係の話もしていたんだ。

ある時、タリスマンのスキルに関する話題が出て、鋸山を南に下った場所に『滝裏の洞窟』
というエリアがあって、そこのノームという妖精から『タリスマン??』というスキルが
入手できることをアーさんから聞いた俺は、早速準備をして探索に出かけたんだ。

滝裏の洞窟というエリアは既に発見していたんだけど、発見しただけで満足して、
それ以来探索はしていなかった。そんなに重要なエリアだと思っていなかったし、
ここを発見した時に何の取り柄もない場所だと、勝手に決めつけていたんだ。

で、例の場所に到着、探索を始めた。

ここ滝裏の洞窟に出現する敵は、どいつもウーズ系の敵ばかり。一番弱いウーズと戦いながら、
ウーズから入手できる塊や、落ちている袋を拾ったりして、岩の割れ目から時折り噴出する
すべての状態異常系のガスに、対抗薬を飲みながら探索を続行していた。

ボスのラッピングウーズに遭遇しないよう、ヒヤヒヤしながら探索したり、地形ダメや
レア敵のメタリックウーズにダメを削られながら、食糧と医薬品の続く限り、
何とか探索を続行していた。
そんな時に、アイツfairyじゃなくて良い妖精eden_friendが現れて、
ここに来る前にアーさんから魅力が必要だとの情報を聞いていた俺は、ノームから
『タリスマン??』のスキルを見事に習得することができたんだ。
もちろん、滝裏の洞窟に来る前に依頼をこなして、魅力をコソッと上げていたんだー!

このタリスマン??というスキルは、タリスマンを一式集めて街以外の探索エリアで祈祷すると、
アイテム入りの袋がもらえるんだ。その中身はピンキリで、難所で祈祷したからと言って、
良いアイテムが出ると言う訳じゃなさそう。運だね。欲しいアイテムを狙って出すことは難しそう。
でも祈祷で魔力や4属性をカンストした後は、行商から声を買うか、このタリスマン??で
声のアイテムを入手して属性値を上げるしか、今の所方法は無いらしい。
魔力と属性値のカンストまではまだ300ちょいあるけど、そのうちお世話になるだろうね。

間違えた!タリスマン??じゃなくて、タリスマン生成の記事を書くはずだったんだ!
うっわorz今気づいたわーマジで?!やっちまったなーww。あちゃー
ここまで書いといて削除するのは忍びない。うっわー。どうすっか。
なんか記憶が繋がらないと思ったらこれかよw。そりゃおかしい訳だ。
だって番茶結成の前を書こうとしてるのに、結成後の事を書いてるんだから。おかしいはずだ。
仮の参考記事として上げようか。これ削除するのはもったいない。参考記事で行こう。

それじゃ、Lv309:タリスマン??を取得 の参考記事として失敗記事として上げます。うわー。
後で書き直して、本番用の記事を上げます。だめだこりゃw。
お疲れ様でしたー。→次回へ続く・・・
タリスマン 第4版改訂版 日本語版
タリスマン 第4版改訂版 日本語版
ホビージャパンなんだ。最近は買って読んでないけど、ガンプラ作ってた頃は、
初心者でも出来る簡単仕上げ方法とかで、よく参考になりました。
モデルグラフィックスの次に良い模型本だと思います。だから良く知ってる本ですよ。
ただこれ、ぼっちでも遊べるんか?ぼっちでサイコロ振ってるのを想像すると、痛いよw。
痛い人に思われちゃうよ。ガンプラとゲームブックは経験あるけど、こういうボードゲームは
友達とプレイするのが楽しいんだろうね。おさーんには無理。こっぱずかしいよ。
このタリスマンは、究極の宝物『伝説の支配の王冠』を巡って、プレイヤーたちが旅立つ
ファンタジーボードゲームです。プレイヤーたちはそれぞれ、戦士や司祭、魔法使いなどの
14のジョブの中から、好きなキャラクターを選んで探索へと旅立つんだ。
1983年にイギリスで発売されて、今でも熱狂的なファンに愛されているボードゲーム。
プラスチック製のフィギュア付きの最新バージョンの日本語版です。
日本語訳されたといっても、元が海外製ってことはルールが難解で、そのルールを
読み込むことがゲームを面白くする近道だね。プレイヤー全員がさ。ちょっとハードル高そう。
でもそこさえ超えてしまえば、ルールを追加したり、やり込みの幅がグンと広がるね。
難しいつったってウルティマやウィザードリィだって元は海外製だし、
一般的に人気が無くたって、一部のコアなユーザーが口コミで広げていったでしょ。
海外製ってのはそういう部分があって面白いんだよな。決して敷居は低くないけど、
仲間内でめちゃめちゃ楽しめる。仲間内で楽しめるってのは良いと思うよ。うん。
ぼっちじゃできない事だし、楽しい時間が過ごせるしね。友達作るのに良いと思う。
ま、それが出来なかったからエデンでチームを作ったりw。それも理由の一つなんだ。
仲間で楽しめるってのは、学生時代にやっとくことの一つだと思うよ。うん。
俺こういうの結構好きだな。楽しいと思うよ。難しいルールも誰かが理解して教えてくれるし。
そういうのも良いと思う。仲間とワイワイしながらゲームするの大好き!。そう思うよ。
関連記事
Posted byぼんごれ
無料ゲームMMORPGエデンシェイド冒険の書

Comments 2

There are no comments yet.
HUNT  
リンゴもしゃもしゃ

今日はリンゴが豊作でしたねー。
お蔭でブランデーケーキが300個になりそうですw

タリスマン??は使っていて楽しいですね、袋を開くまでとてもドキドキします。
ユニコーンさんが一番安定する気がしますね、中身が山葡萄詰め合わせなので、外れてもそこそこ美味しいです。
ちなみに、妖精の森でタリスマン??を使用すると、普段遭遇する青い子とは違う、緑色の子が出てきます。(おそらく、妖精の森探索でホーリーくれる子はこっち

2014/08/24 (Sun) 01:34 | EDIT | REPLY |   
ぼんごれ  
Re: リンゴもしゃもしゃ

HUNTさんコメントありがとうございます。
色々ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。
これからもよろしくお願いします。
ぼんごれ

2014/09/02 (Tue) 22:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply