斬新なRPG 地図作りを全体地図からエリア地図に路線変更!舞台は青森に決定!

ぼんごれ

斬新なRPGのマップを考えてたんだけど、どうもこの方法じゃダメな気がしてきた。
全体マップから各部を考えるよりも、小さなマップをいくつも考えて、最後に全部つなげて
大きなマップにしていくほうが、クエストやストーリーを考える上で都合がいいんだと思った。
斬新なRPG イメージを形に!山の絵を描いてみた。こりゃだめだww』で、道をつなげて
マップを考えるアイデアを考えたんだけど、道じゃなくてエリアで考えた方がいいんじゃないかな。

集落や洞窟とかの場所を決めて、そこから道をつなげる方法。小さなマップの組み合わせで
大きな地図を作る。全体地図が先行すると、エリア一帯の細かいディティールが解らないまま
になりやすいんじゃないかな。先にディティールを決めて、エリアを決めて、最後に道をつなげる。
そのほうがアイデアが出やすいんじゃないかな。そんな気がしてきました。
どこにどんな村があって、どんな人がいて、何をしてるかってのが決めやすいんだ。
メイン・サブ問わず、クエストを考えやすいと思う。俺が考えやすい。ならその方が良い罠ー。

で、今どんなマップを描いたかというと、全然ダメダメだけど貼っとくかw。
気持ち悪いかも!サムネで貼るか。
zansin_rpg_map

太い茶色が大きな山の稜線で、細い茶色も稜線。水色が川や湖。
途中まで描いて、これじゃダメだと気付きました。それで今回の記事に繋がってます。
この方法だと細かいディティールがまったくわからないんだよね。大雑把なんだ。これじゃダメ。
もっとエリアを絞って、細かいエリアをつなげていった方が良いんだと気付いたんだ。
町だったら町の図面を描かないとダメなんだ。じゃないと、いつまで経っても現実化できない。
現実化できなきゃ記事にする意味が無いでしょ。そう思うんだ。リアルな図面を描かなきゃ。
時にはCADだって使いますよ!ペイントで良い部分と、CADじゃなきゃ説得力が出ない部分がある。
それを両方使い分けて地図を作っていこう!俺は3次元CADは使えないけどねw。

で、舞台となる場所は東北。青森あたり。八甲田山があって奥入瀬渓谷があって、
美しくて面白い地形が沢山ある。この記事にも書いた通り、色んな民族がいてもおかしくない場所。
この記事とは『斬新なRPG 日本が舞台のRPGを記事にする上で、絶対に避けて通れないことがある
紅葉があって雪も降る。そういう色んな材料って必要だし、もっと調べないといけないな。

最初から東北の案はあったんだ。他にもあれ!これ書いたっけ?瀬戸内海の香川・岡山あたりと、
和歌山、静岡あたりの案はあったんだ。でも地形の面白さや自然の厳しさ、民族とかを
考えてたら、北東北の青森あたりが面白いんじゃないかなーって気がしてきたんだ。

どうやって地図を描き進めて行ったらいいか難しいけど、まとめるまで時間がかかり過ぎるから
画像を小出しにして、そこにディティールを書き込んでいこうと思うよ。
1日2記事投稿を出来るだけ可能にする為には、小出しになるのはしょうがないね。
俺もそのほうがやりやすいしさ。そういう線で進めていこうと思います。
2000字も書けなくなると思う。しょうがないねw。その時はその時w。とにかく書き進めて行こう。
描いていけば何かが見えてくるかもしれないしね。そう思います。

それじゃこの辺にしとこうか。お疲れ様でしたー。
ガンパレード・オーケストラ白の章 青森ペンギン伝説 (通常版)
ガンパレード・オーケストラ白の章 青森ペンギン伝説 (通常版)
青森繋がり。うーん、俺には無理。当然未プレイ。中一そこそこの子供が
戦争に出ることのおかしさと、シリアスなはずの戦争と青森ペンギン伝説ってのが
どう考えてもしっくりこない。納得できない。ゲームタイトルと、タイトルからイメージできる
ゲームの内容が、全くと言っていいほど合致しない。珍しいゲームだなw。これよりもこっちの
高機動幻想ガンパレード・マーチ
高機動幻想ガンパレード・マーチ
のほうが評価が高いね。未プレイだけど。
何でもできるってのが高機動幻想ガンパレード・マーチの良い所らしい。
なんでも「宣伝費ゼロで10万本を売ったゲーム」とか、「口コミだけで20万本売り上げたゲーム」
とか言われてる良いゲームらしい。クセが強いからプレイヤーを選ぶゲームだけど、
物凄いほどの斬新さがあるゲームだな。プレイ動画見たけど、なかなか面白そう。斬新だぜ!
関連記事
Posted byぼんごれ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply